スタートガイド

API を呼び出すには、まず Google Play Console で直接 Google Play Developer API を設定、管理します。API を管理できるのは、Google Play デベロッパー アカウントの所有者に限られます。下記の手順では、次のことを行う方法について説明しています。

  • 新規または既存の API プロジェクトを設定する
  • OAuth クライアントを管理する
  • サービス アカウントを使用して API にアクセスする
  • アプリの分析専用の API にアクセスする

API プロジェクトをリンクする

API にアクセスするには、Google Play Console を API プロジェクトにリンクする必要があります。現在の API ユーザーが既存の API プロジェクトにリンクすることもできますが、通常は、新しい API プロジェクトを作成することをおすすめします。なお、各 API プロジェクトは 1 つの Google Play Console にしかリンクできないことにご注意ください。

新しい API プロジェクトを作成する

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. 利用規約に同意します。
  3. [新しいプロジェクトを作成] をクリックします。

API プロジェクトが自動的に生成され、Google Play Console にリンクされます。

既存の API プロジェクトを使用する

Google Play Developer API をすでに利用している場合は、次の手順を行うことによって既存の API プロジェクトにリンクできます。リンクしたい API プロジェクトが表示されない場合は、Google Play Console アカウントが所有者として指定されており、Google Play Developer API が有効になっていることをご確認ください。

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. API 利用規約に同意します。
  3. リンクするプロジェクトを選択します。
  4. [リンク] をクリックします。

これで、Google Play Console が API プロジェクトにリンクされます。v1 Google Play Developer API のユーザーは、次の v1 リソース名が v3 への更新で変更されていることにご注意ください。

API アクセス クライアントを設定する

API を使用するには、次のいずれかの認証方法を設定する必要があります。

人間ではないロボットの代理でサーバー アプリケーション(継続的インテグレーション システムなど)を実行する場合は、サービス アカウントを使用することをおすすめします。人間のユーザーの代理でクライアント アプリケーション(IDE プラグインなど)を直接実行する場合は、OAuth クライアントを使用できます。

サービス アカウントを使用する

サービス アカウントを作成すると、個人のユーザー認証情報を提供せずに、ビルドサーバーから API にアクセスすることもできます。

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. [サービス アカウント] で [サービス アカウントを作成] をクリックします。
  3. ページの指示に従って、サービス アカウントを作成します。
  4. Google Developers Console でサービス アカウントを作成したら、[完了] をクリックします。[API アクセス] ページが自動的に更新され、サービス アカウントがリスト表示されます。
  5. [アクセスを許可] をクリックすると、操作を実行するのに必要な権限がサービス アカウントに付与されます。

この時点で、サービス アカウントを使用して API にアクセスできるようになります。詳しくは、サーバー間アプリケーションでの OAuth 2.0 の使用についての記事をご覧ください。

OAuth クライアントを使用する

ユーザーが OAuth クライアントを使用して、API を通じて自分の資格情報で操作を実行できるようにします。ユーザーが実行できる操作は、Google Play Console の [ユーザー アカウントと権限] ページで許可されているものに限られます。

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. [OAuth クライアント] で [OAuth クライアントを作成] をクリックします。
  3. サービスの情報を設定して [続行] をクリックします。
  4. [クライアント ID を作成] をクリックします。

新しい OAuth クライアントの詳細がページ上にリスト表示されます。

専用 API

Google Play Developer API には、アプリの特殊な分析を行うための専用 API が含まれています。

Reply to Reviews API
アプリに関するユーザーからのフィードバックを表示し、そのフィードバックに返信することができます。
Voided Purchases API
ユーザーが取り消した購入に関連付けられているアプリ内アイテムへのアクセスを取り消すことができます。

クライアント ライブラリ

Google では、プログラムによる REST API へのアクセスに使用できるクライアント ライブラリを提供しています。詳しくは、クライアント ライブラリとサンプルコードをご覧ください。