Maps JavaScript API の使用量と請求額

Maps JavaScript API は従量課金制の料金モデルを採用しています。Maps JavaScript API のリクエストは、リクエストのタイプ(地図の読み込みまたはパノラマ)に応じて、2 種類の SKU の呼び出しを生成します。JavaScript サービスの料金は、JavaScript ネイティブ SKU とは別に設定されています。Google の総合的な利用規約に加えて、Maps JavaScript API に固有の使用量上限が存在します。Google Cloud Console に、使用料金を管理するためのツールが用意されています。

Maps JavaScript API の課金方法

Maps JavaScript API は従量課金制の料金モデルを採用しています。Google Maps Platform の API や SDK は、SKU 単位で課金されます。使用量の追跡はサービスの SKU 単位で行われますが、API や SDK にはサービスの SKU が複数含まれているものもあります。料金は次の式で計算されます。

SKU 使用量×使用 1 回あたりの料金

料金と使用量の計算ツールをご用意していますので、各 API / SDK の使用コストを見積もる際にご活用ください。条件を満たす Google Maps Platform SKU については、請求先アカウントごとに毎月 200 米ドルの Google Maps Platform クレジットをご利用いただけます。このクレジットは、条件を満たす SKU に自動的に適用1 されます。

Maps JavaScript API の料金

SKU: Dynamic Maps

Maps JavaScript API を使ってマップ ID の有無で読み込まれた地図、またはマップ ID で読み込まれた、Maps SDK for Android または Maps SDK for iOS のいずれかの地図を表示するアプリ。

月間使用量
(地図の読み込みあたりの料金)
0~100,000 100,001~500,000 500,001 以上
0.007 米ドル
(1,000 回あたり 7.00 米ドル)
0.0056 米ドル
(1,000 回あたり 5.60 米ドル)
大量使用時の料金設定については営業担当にお問い合わせください

地図のパン、ズーム、地図レイヤの切り替えなど、ユーザーが地図上で行った操作では追加の地図の読み込みは発生しません。


SKU: Dynamic Street View

ストリートビュー パノラマと地図の読み込みは個別に請求されるようになりました。動的ストリートビュー パノラマは、Maps JavaScript APIMaps SDK for Android、または Maps SDK for iOS のアプリでパノラマ オブジェクトをインスタンス化するたびに課金されます。

月間使用量
(1 パノラマあたりの価格)
0~100,000 100,001~500,000 500,001 以上
0.014 米ドル
(1,000 回あたり 14.00 米ドル)
0.0112 米ドル
(1,000 回あたり 11.20 米ドル)
大量使用時の料金設定については営業担当にお問い合わせください

パノラマ オブジェクトのインスタンス化は、次の場合に発生します。

JavaScript サービスの料金

JavaScript サービスの料金は別途請求されます。詳細については、サービスの使用量と料金のページをご覧ください。

その他の使用量上限

1 日あたりのリクエスト数に上限はありませんが、Maps JavaScript API には以下の使用量上限が適用されます。

  • 1 分あたり 30,000 回のリクエスト。
  • IP アドレスごとに 1 分あたり 300 回のリクエスト。Google Cloud Console では、この割り当ては「ユーザーごとの 1 分あたりの地図の読み込み回数」と呼ばれます。

利用規約による制限

使用条件の詳細については、Google Maps Platform 利用規約のライセンス制限に関するセクションをご覧ください。

使用料金を管理する

Google Maps Platform API の使用料金を管理するには、課金対象の API へのすべてのリクエストで 1 日あたりの割り当て上限を設定します。1 日の割り当ては、午前 0 時(太平洋標準時)にリセットされます。

Maps JavaScript API の割り当て上限を表示または変更する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console で、[Google Maps Platform の割り当て] ページを開きます。
  2. [API] プルダウンをクリックし、[Maps JavaScript API] を選択します。
  3. [リクエスト] カードまでスクロールして、割り当て上限を表示します。
    割り当て名と上限の一覧の表が表示されます。
  4. 割り当て上限を変更するには、その制限の編集アイコンをクリックします。
    表示されたダイアログの [割り当て上限] フィールドに、1 日の課金対象の割り当て上限(Google により指定されている場合、その割り当て上限以下)を入力して、[保存] を選択します。

API の使用が課金対象の割り当て上限に達した日は、その日が終わるまでアプリケーションは API にアクセスできなくなります。


  1. インドのユーザーが Google Maps Platform のクレジットを受け取るには、Google Maps Platform の請求先アカウントを作成する前に、Google Cloud Platform の請求先アカウントを作成する必要があります。