場所の写真(新規)

Place Photos(新機能)を使用すると、高品質の写真コンテンツをアプリケーションに追加できます。Place Photos では、プレイス データベースに保存されている数百万の写真を利用できます。Place Photos は、ビットマップ画像の URI を返します。ビットマップ画像の最大サイズは 4,800 x 4,800 ピクセルです。

Place Photos リクエスト

場所の画像を取得するには:

  1. fetchPlace() を使用して Place オブジェクトを取得するには、Place Details (New) を使用します。 レスポンスの Place オブジェクトに含めるフィールドのリストには、必ず Place.Field PHOTO_METADATAS フィールドを含めてください。
  2. FetchPlaceResponseOnSuccessListenerPlace.getPhotoMetadas() を呼び出して、レスポンス Place オブジェクトからタイプ PhotoMetadata の写真メタデータ オブジェクトを取得します。
  3. FetchResolvedPhotoUriRequest オブジェクトを作成してリクエストを行い、写真のメタデータ オブジェクトと、最大の高さ、最大幅、またはその両方の値を渡します。
  4. PlacesClient.fetchResolvedPhotoUri() を使用して、写真の URI をリクエストします。
  5. OnSuccessListener を追加し、FetchResolvedPhotoUriResponse オブジェクトから写真の URI を取得します。

必須パラメータ

FetchResolvedPhotoUriRequest の必須パラメータは次のとおりです。

  • 写真のメタデータ

    返される写真のメタデータ オブジェクト。

  • 最大の高さまたは最大幅

    返される画像の最大の高さと幅をピクセル単位で指定します。画像が指定された値より小さい場合は、元の画像が返されます。いずれかのサイズが大きい画像は、元のアスペクト比に合わせて拡大縮小されます。高さと最大幅のどちらのプロパティにも、1 ~ 4,800 の整数を指定できます。最大の高さ、最大幅、またはその両方を指定する必要があります。

    • 最大の高さパラメータを設定するには、FetchResolvedPhotoUriRequest オブジェクトの作成時に setMaxHeight() メソッドを呼び出します。
    • 最大幅パラメータを設定するには、FetchResolvedPhotoUriRequest オブジェクトの作成時に setMaxWidth() メソッドを呼び出します。

Place Photos の例

次の例は、場所の写真の URI を取得する方法を示しています。

// Define a Place ID.
final String placeId = "INSERT_PLACE_ID_HERE";

// Specify fields. Requests for photos must always have the PHOTO_METADATAS field.
final List<Place.Field> fields = Collections.singletonList(Place.Field.PHOTO_METADATAS);

// Get a Place object (this example uses fetchPlace(), but you can also use findCurrentPlace())
final FetchPlaceRequest placeRequest = FetchPlaceRequest.newInstance(placeId, fields);

placesClient.fetchPlace(placeRequest).addOnSuccessListener((response) -> {
    final Place place = response.getPlace();

    // Get the photo metadata.
    final List<PhotoMetadata> metadata = place.getPhotoMetadatas();
    if (metadata == null || metadata.isEmpty()) {
        Log.w(TAG, "No photo metadata.");
        return;
    }
    final PhotoMetadata photoMetadata = metadata.get(0);

    // Get the attribution text and author attributions.
    final String attributions = photoMetadata.getAttributions();
    final AuthorAttributions authorAttributions = photoMetadata.getAuthorAttributions();

    // Create a FetchResolvedPhotoUriRequest.
    final FetchResolvedPhotoUriRequest photoRequest = FetchResolvedPhotoUriRequest.builder(photoMetadata)
        .setMaxWidth(500)
        .setMaxHeight(300)
        .build();

    // Request the photo URI
    placesClient.fetchResolvedPhotoUri(photoRequest).addOnSuccessListener((fetchResolvedPhotoUriResponse) -> {
        Uri uri = fetchResolvedPhotoUriResponse.getUri();
        RequestOptions requestOptions = new RequestOptions().override(Target.SIZE_ORIGINAL);
        Glide.with(this).load(uri).apply(requestOptions).into(imageView);
    }).addOnFailureListener((exception) -> {
        if (exception instanceof ApiException) {
            final ApiException apiException = (ApiException) exception;
            Log.e(TAG, "Place not found: " + exception.getMessage());
            final int statusCode = apiException.getStatusCode();
            // TODO: Handle error with given status code.
        }
    });
});

帰属表示

ほとんどの場合、場所の写真は帰属情報なしで使用できます。または、必要な帰属情報が画像内に含まれます。ただし、PhotoMetadata タイプの写真メタデータ オブジェクトには、次の 2 種類の追加属性のいずれかを含めることができます。

返された PhotoMetadata オブジェクトにいずれかのタイプの帰属情報が含まれている場合は、画像を表示するすべての箇所に、その帰属情報を含める必要があります。詳細については、アトリビューションの表示をご覧ください。