タグ マネージャー + Firebase: スタートガイド

概要

デベロッパーは、Google タグ マネージャー管理画面を使用すると、アプリのバイナリを再ビルドしてアプリ マーケットプレイスに再送信しなくても、モバイルアプリに測定タグとピクセルを実装して管理することができます。Firebase Analytics を使用しているデベロッパーは、Google タグ マネージャーを簡単に追加でき、アプリの公開後も、実装の管理や変更に役立てることができます。

デベロッパーは重要なイベントをログに記録し、どのトラッキング タグやピクセルを配信するかを後で決定できます。タグ マネージャーでは現在、次のサービスのタグがサポートされています。

  • Firebase Analytics
  • Google アナリティクス
  • Floodlight
  • Google 広告
  • adjust
  • AppsFlyer
  • Apsalar
  • Kochava
  • Tune
  • カスタム関数呼び出し(他のサービス用)

事前の準備

まず、以下の準備を行います。

次のセクションでは、iOS アプリで Google タグ マネージャーを設定および使用する手順について説明します。

スタートガイド

  1. Google タグ マネージャーをプロジェクトに追加します
  2. イベントと変数をログに記録します
  3. タグを配信します
  4. コンテナをプレビュー、デバッグし、公開します

1. Google タグ マネージャーをプロジェクトに追加する

  1. 次のように Google タグ マネージャーの CocoaPod をプロジェクトに追加します。
    1. 端末で、次のコマンドを実行して CocoaPods をインストールします。
      $ sudo gem install cocoapods
      
    2. プロジェクトのディレクトリに移動します。
    3. 次のコマンドを実行して、Podfile という名前のファイルを作成します。
      $ pod init
      
    4. Podfile に以下を追加します。
      pod 'GoogleTagManager', '~> 6.0'
      
    5. 次のコマンドを実行して、Google タグ マネージャーの依存関係をダウンロードし、プロジェクトにインストールします。
      $ pod install
      
  2. Google タグ マネージャー アカウントに iOS コンテナがない場合は、次の手順で作成します。
    1. Google タグ マネージャー アカウントにログインします。
    2. 上部のナビゲーション バーにある [管理] をクリックします。
    3. [コンテナ] 列で、プルダウン メニューをクリックし、[コンテナを作成] を選択します。
    4. コンテナ名を入力します。
    5. [iOS] コンテナを選択します。
    6. [Firebase(iOS 版)] SDK を選択します。
    7. [作成] をクリックします。
  3. コンテナをダウンロードします。
    1. Google タグ マネージャー アカウントにログインします。
    2. iOS コンテナを選択します。
    3. 上部のナビゲーション バーにある [バージョン] をクリックします。
    4. 選択したコンテナ バージョンで [アクション] > [ダウンロード] をクリックします。
      ダウンロードしたファイルの名前はコンテナ ID で、拡張子は .json です。
  4. ダウンロードしたコンテナをプロジェクトに追加します。
    1. ダウンロードしたファイルを Xcode プロジェクトのルートにある container という名前のフォルダにコピーします(通常、PROJECT_ROOT/container/GTM-XXXXXX.json となります)。
    2. Xcode を開きます。
    3. [File] メニューから [Add files to] を選択します。
    4. container フォルダを選択します。
    5. [Options] をクリックし、[Create folder references] がオンになっていることを確認します。
    6. [Finish] をクリックします。

2. イベントと変数をログに記録する

Google タグ マネージャーでは、Firebase Analytics のイベント、パラメータ、ユーザー プロパティを使用して、Google タグ マネージャーの管理画面で設定したタグのトリガーやビルドを行います。この意味で、Firebase Analytics の実装はデータレイヤーとして機能します。

イベントのログ記録ユーザー プロパティの設定の手順については、Firebase Analytics のデベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

タグ マネージャーで変数を設定する

Google タグ マネージャーで使用する Firebase イベント パラメータとユーザー プロパティの値を取得するには、タグ マネージャーの管理画面で変数を設定します。

たとえば、アプリで次のカスタム イベントをログに記録しているとします。

Analytics.logEvent("share_image", parameters: [
    "image_name": name,
    "full_text": text
  ])

Google タグ マネージャーで新しいイベント パラメータ変数を次のように設定して、image_namefull_text parameter の値を取得できます。

  • 変数名: Image Name
  • 変数タイプ: イベント パラメータ
  • イベント パラメータキー名: image_name

および

  • 変数名: Full Text
  • 変数タイプ: イベント パラメータ
  • イベント パラメータキー名: full_text

同様に、アプリで次のユーザー プロパティを設定しているとします。

Analytics.setUserProperty(food, forName: "favorite_food")

Google タグ マネージャーで新しい Firebase ユーザー プロパティ変数を次のように設定して、favorite_food の値を取得できます。

  • 変数名: Favorite Food
  • 変数タイプ: Firebase ユーザー プロパティ
  • イベント パラメータキー名: favorite_food

Firebase Analytics イベントを変更またはブロックする

Google タグ マネージャーを使用すると、Firebase Analytics にログが記録される前に、イベントを変更したりブロックしたりできます。イベントを変更すると、アプリを更新しなくても、イベント パラメータの値を追加、削除、変更したり、イベント名を調整したりできます。ブロックされていないイベントは、Firebase Analytics にログが記録されます。

Firebase Analytics は一部のイベントユーザー プロパティも自動的にログに記録します。こうしたログ記録を有効にするために、コードを追加する必要はありません。これらの自動的に収集されるイベントやプロパティは、Google タグ マネージャーで使用できますが、ブロックすることはできません。

3. タグを配信する

Firebase イベント名変数、Firebase イベント パラメータ変数、その他の変数が、トリガーを設定するために使用されます。 トリガー条件は、Firebase イベントをログに記録するたびに評価されます。デフォルトでは、Firebase Analytics イベントは自動的に配信されます。タグ マネージャーに Firebase Analytics タグを追加して、イベントが Firebase Analytics に送信されるのをブロックできます。

4. コンテナをプレビュー、デバッグし、公開する

あるバージョンのコンテナを公開する前に、そのコンテナをプレビューして、意図したとおりに機能することを確認する必要があります。Google タグ マネージャーを使用すると、Google タグ マネージャーの管理画面でリンクと QR コードを生成し、それらを使用してアプリを開いて、各バージョンのコンテナをプレビューできます。

コンテナをプレビューする

コンテナをプレビューするには、Google タグ マネージャーの管理画面でプレビュー URL を生成します。

  1. Google タグ マネージャー アカウントにログインします。
  2. モバイル向けのコンテナを選択します。
  3. 上部のナビゲーション バーにある [バージョン] をクリックします。
  4. プレビューするコンテナ バージョンで [アクション] > [プレビュー] をクリックします。
  5. アプリのパッケージ名を入力します。
  6. [開始プレビュー リンクを作成] をクリックします。

    プレビュー URL は、タグ マネージャー管理画面のプレビュー ウィンドウで利用できます

    図 1: タグ マネージャーの管理画面からプレビュー URL を取得する。

    後の手順で使用するために、このプレビュー URL を保存しておきます。

コンテナのプレビューを有効にするには、プロジェクトのプロパティ リストで Google タグ マネージャーのプレビュー URL スキームを定義する必要があります。アプリのプロパティ リストファイルの [URL タイプ] で、次の URL 識別子と URL スキームを登録します。

URL identifier: your.package.name
URL scheme: tagmanager.c.your.package.name
タグ マネージャーのプレビュー URL スキームをアプリのプロパティ リストファイルに登録します。
図 2: タグ マネージャーのプレビュー URL スキームをアプリのプロパティ リストファイルに追加する。

エミュレータまたは物理端末上でアプリを停止し、プレビュー URL を開いて、アプリでドラフト コンテナをプレビューします。

コンテナをデバッグする

シミュレータまたはプレビュー モードでアプリを実行すると、タグ マネージャーは自動的にログ記録を詳細モードに切り替えます。

コンテナを公開する

コンテナをプレビューし、機能していることを確認したら、コンテナを公開できます。 コンテナを公開すると、モバイルアプリ ユーザーがお客様のタグ設定を利用できるようになります。

次のステップ

高度な設定をご覧ください。