GMSFeatureLayer クラス リファレンス

GMSFeatureLayer クラス リファレンス

概要

同じ GMSFeatureType のすべての対象物のコレクションを表すクラスで、そのスタイルはクライアントでオーバーライドできます。

GMSFeatureType に対応する GMSFeatureLayer が 1 つあります。

<GMSFeature> を継承します。

パブリック メンバー関数

(instancetype)- initWithFeatureType:
 テスト用の対象物レイヤ インスタンスを作成します。
(GMSFeatureType)- featureType
 この対象物のタイプ。

保護された属性

 __pad0__: NSObject@property(non を高める
readonly GMSFeatureTypefeatureType

プロパティ

GMSFeatureTypefeatureType
 このレイヤに関連付けられている対象物タイプ。
BOOL 利用可能
 データドリブン GMSFeatureLayer を使用できるかどうかを判断します。
GMSFeatureStyle *_Nullable(^ style )(T)
 このレイヤ内のすべての対象物に適用するスタイル ブロック。

メンバー関数のドキュメント

-(インスタンス タイプ)initWithFeatureType: GMSFeatureType featureType

テスト用の対象物レイヤ インスタンスを作成します。

このメソッドは単体テストでのみ使用してください。本番環境では、GMSFeatureLayer インスタンスは SDK のみで作成する必要があります。

-(GMSFeatureType)featureType

この対象物のタイプ。


メンバーデータに関するドキュメント

- (GMSFeatureTypefeatureType [read, assign]
- (読み取り専用の GMSFeatureType)featureTypefeatureType

プロパティのドキュメント

- (BOOL)利用可能 [read, assign]

データドリブン GMSFeatureLayer を使用できるかどうかを判断します。

データドリブン スタイル設定には、Metal Framework、有効なマップ ID、対象物タイプが適用されていることが必要です。NO の場合、GMSFeatureLayer のスタイルはデフォルトに戻り、イベントはトリガーされません。

- (GMSFeatureStyle* _Nullable(^ style)(T)) [read, write, assign]

このレイヤ内のすべての対象物に適用するスタイル ブロック。

スタイル ブロックは、セッターが呼び出されるとビューポートに表示されるすべての対象物に適用され、それ以降の対象物がビューポートに入るときにも複数回実行されます。

この関数は決定論的であり、地図タイルに適用したときに一貫した結果を返す必要があります。対象物のスタイル設定が変更される場合は、style を再度設定する必要があります。style セッターを呼び出さずにスタイル ブロックの動作を変更すると、地図の古いレンダリングや破損など、未定義の動作が発生します。下記の例をご覧ください。

 {.swift}
 var selectedPlaceIDs = Set<String>()
 var style = FeatureStyle(fill: .red, stroke: .clear, strokeWidth: 0)
 layer.style = { feature in
   selectedPlaceIDs.contains(feature.placeID) ? style : nil
 }


 selectedPlaceIDs.insert("foo")

 style = FeatureStyle(fill: .clear, stroke: .blue, strokeWidth: 1.5)


 layer.style = { feature in
   selectedPlaceIDs.contains(feature.placeID) ? style : nil
 }