Places SDK for Android のバージョン

プラットフォームを選択: Android iOS JavaScript

Google Maps Platform チームは定期的に SDK を更新し、新機能の追加、バグの修正、パフォーマンスの改善を行っています。このページでは、モバイル SDK への依存関係を管理する方法について説明します。

  • ミッション クリティカルなアプリの場合、使用しているメジャー バージョンの最新のドットリリース(X.*)にリンクし、1 年ごとに新しいメジャー バージョンにアップグレードします。

    年間を通じてアプリケーションの新しいバージョンをリリースするにあたり、Places SDK for Android の新しいドット バージョンを使用することができます。新しいドット バージョンには下位互換性があるため、これによってアプリケーションのアップデートが必要となることはありません。

    メリット:

    • Places SDK for Android に問題が見つかった場合、モバイル サポート ポリシーに従い、メジャー バージョンの初回リリースから 12 か月間は下位互換性のある方法で修正が提供されます。修正のメリットを得るために、incompatible互換性のない SDK バージョンへのアップグレードを急ぐ必要はありません。
    • 最新の SDK バージョンをベースにアプリを制作すれば、最新の改良点や機能の導入も容易です。
    • SDK のアップデートに合わせてアプリケーションの調整、書き換え、テスティングが必要になることがありますが、SDK の最新メジャー バージョンの年次差分アップデートに対応するだけであれば、複数のメジャー バージョン リリースで導入された下位互換性のない変更に対応するよりも軽い作業で済むことが予想されます。

  • 重要性の低いアプリの場合、任意の修正済みバージョンにリンクします。その修正済みバージョンのサポート終了の案内を受けたら、12 か月以内にアプリのコードをアップデートしてユーザーに提供開始する必要があります。

    メリット:

    • メンテナンス作業の頻度を下げられます。
    • アプリの新バージョンで、搭載 OS の古いモバイル デバイスへの対応を維持できる期間が延びます(新しい SDK バージョンにアップグレードする必要が生じるまで)。

モニタリング対象メールアドレスを持つプロジェクト オーナー様には、各プロジェクトに影響する変更を通知で事前にお知らせしています。メジャー アップデート、サービス終了、その他の変更に関する最新情報を把握する方法

インストール

アプリレベルの build.gradle ファイルでは、接頭辞の範囲(+)または latest ではなく、必ずバージョンを指定してください。そうしないと、ビルドが予測不能または繰り返し不能になる可能性があります。Places SDK for Android はセマンティック バージョニングに準拠しており、新しいメジャー バージョン リリースには互換性を破る変更が含まれている場合があります。サポートされる最小 API レベルは 21 です。

dependencies {
    // If updating kotlin-bom version number above, also edit project-level build.gradle definition of $kotlin_version variable
    implementation(platform("org.jetbrains.kotlin:kotlin-bom:$kotlin_version"))
    implementation 'com.google.android.libraries.places:places:3.3.0'
}

メンテナンスとアップグレード

Android Studio では、利用可能な新しいバージョンがあるかどうかが自動的に確認され、新しいバージョンの依存関係が利用可能になると警告が表示されます。技術的問題を最小限に抑えるために、できるだけ早く最新バージョンに更新してください。新しいメジャー バージョンに更新する場合は、下位互換性のない変更とコードの更新方法をリリースノートで確認してください。

Google Cloud プロジェクト オーナーは、新しいバージョンをポーリングするだけでなく、プロジェクトに影響するかもしれない下位互換性のない変更に関するメールも受信します。下位互換性のない変更について事前に通知を受けるには、モニタリング対象メールアドレスを使用してプロジェクトごとにオーナーの役割を割り当てます。

Places SDK for Android バージョン 3.2.0 以前からアップグレードする場合

新しい SDK に移行する必要はありません。必要な操作は、以下のことだけです。

  1. アプリで使用する API キーで Places API (new) を有効にします。既存の Places SDK for Android と Places SDK for Android(New)の両方を使用している場合は、API バージョンごとに個別の API キーを作成することをおすすめします。詳細については、API キーの使用をご覧ください。
  2. モジュール レベルの build.gradle ファイルの dependencies セクションで、places 依存関係を更新し、kotlin-bom 依存関係を追加します。

      dependencies {
          implementation(platform("org.jetbrains.kotlin:kotlin-bom:1.8.0"))
          implementation 'com.google.android.libraries.places:places:3.3.0'
      }

    kotlin-bom の依存関係の詳細については、推移的依存関係での最新の kotlin-stdlib バージョンの使用をご覧ください。

  3. 既存のアプリを更新して、新しい Places.initializeWithNewPlacesApiEnabled() メソッドを呼び出してアプリを初期化する。詳細については、Places API クライアントの初期化をご覧ください。

既存のアプリはそのまま動作し続けますが、SDK の新機能をすべて利用できるようになりました。