コードサンプルの概要

プラットフォームを選択: Android iOS JavaScript

Places SDK for iOS で提供されている SDK デモアプリでは、プレイス オートコンプリートやプレイス写真といったさまざまな機能のデモを行っています。また、このデベロッパー ガイドの各ページでもコード スニペットをご確認いただけます。

CocoaPods を使って SDK のデモを試す

Places SDK for iOS は、CocoaPods Pod として入手できます。CocoaPods は、Swift プロジェクトと Objective-C Cocoa プロジェクトのオープンソースの依存関係マネージャーです。

Places SDK for iOS には、pod try コマンドを使用してインストール、実行できる一連の SDK デモアプリが用意されています。

次の手順に沿って CocoaPods をインストールし、Places SDK for iOS を試します。

  1. CocoaPods ツールがない場合は、ターミナルから以下のコマンドを実行して、macOS 上に CocoaPods ツールをインストールします。詳しくは、CocoaPods スタートガイドをご覧ください。
    sudo gem install cocoapods
  2. 次の 2 つの方法のいずれかを使用して、サンプル ファイルを取得します。

    GitHub のファイルを使用する

    1. GitHub からコードサンプル アーカイブをダウンロードし、アーカイブを展開します。
    2. ターミナル ウィンドウを開き、サンプル ファイルを展開したディレクトリに移動し、GooglePlaces ディレクトリまでドリルダウンします。

      Swift

      cd maps-sdk-for-ios-samples-master/GooglePlaces-Swift

      Objective-C

      cd maps-sdk-for-ios-samples-master/GooglePlaces
    3. 次のコマンドを実行します。
      pod install
      open GooglePlacesDemos.xcworkspace

    CocoaPods v1.6.1 を使用する

    1. ターミナル ウィンドウを開き、バージョン 1.6.1 をインストールします。
      sudo gem install cocoapods -v1.6.1
    2. CocoaPods を使用して Google プレイスのファイルを取得します。
      pod try GooglePlaces

      CocoaPods が仕様リポジトリを更新してから、一時的な Xcode プロジェクト GooglePlacesDemos.xcworkspace で SDK のデモを開きます。

  3. Google Cloud Console プロジェクトに対して Places SDK for iOS を有効にします。
  4. API キーをまだ取得していない場合は、こちらの手順に沿って Cloud Console でプロジェクトを設定し、API キーを取得してください。Cloud Console で鍵を構成するときに、アプリのバンドル ID を指定して、その鍵だけがアプリで使用されるようにできます。SDK サンプルアプリのデフォルトのバンドル ID は com.example.GooglePlacesDemos です。
  5. SDKDemoAPIKey ファイルを編集し、API キーを適切な定数に貼り付けます。次に例を示します。

    Swift

    let placesAPIKey = "YOUR_API_KEY"

    Objective-C

    static NSString *const kAPIKey = @"YOUR_API_KEY";
  6. Xcode で SDKDemoAPIKey ファイルのロックを解除するように求められたら、[Unlock] を選択します。
  7. 存在する場合は、次の行を削除します。これは、問題の登録に使用されるためです。

    Swift

    #error(API キーに登録してここに挿入。この行を削除してください。」)

    Objective-C

    #error Register your API key and insert here, then delete this line.
  8. 再度、プロジェクトをビルドして実行します。
  9. ビルドの失敗、または初回実行時に API キーに関するエラーでアプリがクラッシュする場合は、SDKDemoAPIKey ファイルに必要なキーを指定していることを確認します。
  10. GooglePlaces のデモを実行している場合は、iOS シミュレータ ウィンドウに Places Demos のリストが表示されます。
  11. GooglePlacesDemos が位置情報にアクセスすることを許可するよう求められたら、[Allow] を選択します。
  12. これで、選択したサンプルを実行できます。

デベロッパー ガイドのコード スニペットを使用する

デベロッパー ガイドの各ページには、API の特定の機能を示すコード スニペットが含まれています。たとえば、このガイドのオートコンプリート現在地を取得する写真などのページに関するガイドをご覧ください。