Google と共有するコンテンツを制限する

Google では、Google の検索結果に表示されるコンテンツをサイト所有者が制限できるさまざまな方法をサポートしています。ほとんどのサイト所有者はページがインデックスに登録されるよう注力しますが、検索結果にコンテンツが表示されないようにすることも時には重要です。いくつかの理由によって、特定のコンテンツを Google と共有しないように設定することがあります。

  • データの表示を制限するため: 自身のサイトでホストしているデータを、サイト訪問者にのみ表示したい場合があります。このようなデータが検索結果に表示されないよう、Google によるクロールをブロックできます。
    また、サイトで公開している特定のファイルのメタデータが検索結果に表示される場合もあります。 詳しくは、削除した情報が検索に表示されないようにするをご覧ください。
  • ユーザーにとって価値の低いコンテンツを非表示にするため: 検索結果に表示すべきでない低品質のコンテンツがウェブサイトに含まれる場合があります。たとえば、ウェブサイトでユーザーによるコンテンツの作成を許可している場合、そうしたコンテンツは質が低い、またはスパムである可能性があります。そのようなコンテンツのインデックス登録を許可すると、Google の検索結果におけるサイトのランキングに悪影響を及ぼします。
  • Google が重要なコンテンツに注目できるようにするため: 大規模なサイト(数十万件を超える URL)を所有し、重要度の低いコンテンツを含むページがある場合、または重複コンテンツが多数ある場合は、重要度の高いコンテンツに注目させるため、重複するページや重要度の低いページを Google がクロールしないようにできます。

コンテンツをブロックする方法

コンテンツが Google に表示されないようにブロックする主な方法は次のとおりです。

メソッド

サイトからコンテンツを削除する

対象: すべてのコンテンツ タイプ

サイトからコンテンツを削除すると、Google 検索を含め、インターネット上のあらゆる場所にコンテンツが表示されないようにできます。

ファイルをパスワードで保護する

対象: すべてのコンテンツ タイプ

サイトに機密情報や非公開のコンテンツがある場合、それらをパスワードで保護して、承認済みユーザーのみがアクセスできるようにする必要があります。これにより、コンテンツが Google 検索に表示されることもなくなります。すでに表示されている場合は、最終的に検索結果からコンテンツが削除されます。

noindex ルール

対象: すべてのコンテンツ タイプ

noindex robots meta タグは、コンテンツのインデックス登録や Google 検索結果での表示をしないよう Google に指示するルールです。コンテンツは引き続き他のウェブページからアクセスやリンクが可能で、ユーザーがリンクを使って直接アクセスすることもできますが、Google 検索結果には表示されません。

robots.txt でクロールを禁止する

対象: 画像と動画

Google は、Googlebot がクロールすることを許可されている画像と動画のみをインデックスに登録します。Googlebot がメディア ファイルにアクセスしないようにするには、robots.txt ルールを使用してファイルをブロックします。

特定の Google サービスをオプトアウトする

対象: ウェブページ

特定の Google サービス(Google ショッピングGoogle ホテル、民泊など)にサイトのコンテンツを含めないよう Google に指示できます。

既存のコンテンツを Google から削除する

サイトでホストしているコンテンツがすでに Google に表示されている場合、それらの検索結果の削除をリクエストできます。自身のサイトでホストしているページを Google から削除する方法をご確認ください。