Chrome リモート デバッガ

Chrome リモート デバッガを使用してキャスト アプリケーションをデバッグします。

特定の Google Cast デバイスで Chrome リモート デバッガを起動する方法は以下のとおりです。

Android TV デバイスでキャストアプリをデバッグするには、Android TV: デバッグをご覧ください。

Google Cast デバイスでウェブ レシーバ アプリをデバッグするには、次の手順を行います。

  1. Google Cast SDK Developer Console でアプリと Google Cast デバイスを登録します。

    デバッグを行うには、アプリとデバイスの両方を登録する必要があります。

  2. Sender アプリを起動して Google Cast デバイスにキャストし、デバッグする Web Receiver アプリを読み込みます。送信者とウェブレシーバー デバイスが同じネットワークに接続されていることを確認してください。

  3. デバイスに接続してリモートデバッグするには、次の 2 つの方法があります。

    1. Chrome インスペクタ

      1. Chrome ブラウザで、アドレス フィールドに次のように入力して Chrome インスペクタに移動します。

        chrome://inspect
        

        ネットワーク上のキャスト対応デバイスのリストが表示されます。

      2. Inspect リンクをクリックして、デバッグする Web Receiver アプリのデバイスを選択します。

        インスペクタ ウィンドウが開き、Web Receiver アプリをリモートでデバッグできるようになります。

      3. デバイスの 9222 ポートに直接送信

      4. Chrome ブラウザで、アドレス フィールドに次のように入力して、直接デバッグするデバイスに移動します。ネットワーク上に多数のデバイスがある場合は、Chrome インスペクタよりも高速になることがあります。

        <device IP address>:9222
        

        デバイスの IP アドレスは、Google Home アプリでデバイスを選択し、[設定] の [情報] セクションで確認できます。

      5. Remote Debugging リンクをクリックして、デバッグするセッションを選択します。

      6. Chrome リモート デバッガが入力されない場合は、アドレスバーの左側にあるアイコンを選択し、site settings を選択します。設定の下部までスクロールし、Insecure content の設定を Allow に変更します。

  4. Chrome リモート デバッガ コンソールで、次のコマンドを入力してデバッグ ロギングを有効にします。

    cast.framework.CastReceiverContext.getInstance().setLoggerLevel(cast.framework.LoggerLevel.DEBUG);

    実行中の DOM 操作と Chrome JavaScript の完全な REPL(コンソール)がサポートされるため、実行中の Web Receiver アプリを簡単に調整できます。

    Web Receiver が破棄されると(ライフサイクルが終了すると)、デバッガが非アクティブになり、上部に警告メッセージが表示されます。この時点でデバッガを操作できなくなります。デバッグを再開するには、Web Receiver アプリを再起動してインスペクタを再読み込みする必要があります。

ブレークポイント

Web Receiver コード内で debugger; を使用して、手動ブレークポイントをコードに追加できます。

ローカル キャッシュ

window.location.reload(true); を使用して強制的に再読み込みを行い、Web Receiver アプリケーションのキャッシュをフラッシュします。

セッション間でのログの保持

デバッガ内の歯車アイコンをクリックし、[ナビゲーション時にログを保持する] チェックボックスをオンにすると、セッション間でログを保持できます。