Discover とウェブサイト

Discover には、ウェブとアプリのアクティビティに基づいて、ユーザーの興味や関心に関連するコンテンツが表示されます。

Discover

検索の場合、ユーザーが検索キーワードを入力して検索キーワードに関連する有用な情報を検索しますが、Discover の手法は異なります。Discover では、検索キーワードに応じて検索結果を表示するのではなく、主に Google の自動システムがユーザーの興味や関心によく合っていると判断する内容に基づいて、コンテンツが表示されます。

高度にパーソナライズされたフィードである Discover では、ユーザーの興味や関心に合わせて絶えず調整が行われ、その結果を反映したコンテンツが表示されます。Discover のコンテンツは、新しいコンテンツが公開されると自動的に更新されますが、新たに公開されたコンテンツだけでなく、あらゆる種類の役に立つコンテンツがウェブ全体から収集されて表示されます。

Google では、パーソナライズされた役に立つコンテンツをユーザーに提供できるよう、常に Discover を改善しています。このような Discover の偶発的な要素を考慮すると、Discover からのトラフィックは検索と比べて予測可能性や信頼性が低く、検索トラフィックの補完的なものと考える必要があります。Discover のユーザー エクスペリエンスを改善するための Google の取り組みによって、コンテンツの品質や公開頻度と関係のない変化がサイトのトラフィックで見られる可能性があります。

Discover にコンテンツが表示される仕組み

コンテンツが Google にインデックス登録されており、Discover のコンテンツ ポリシーを満たしていれば、そのコンテンツは自動的に Discover の表示対象になります。特別なタグや構造化データは必要ありません。なお、Discover の表示対象になっていても、必ず表示されるとは限りませんのでご注意ください。

Google の自動システムは、専門性が高く(Expertise)、権威があり(Authoritativeness)、信頼できる(Trustworthiness)(E-A-T)ページが多くあるサイトのコンテンツを Discover に表示します。この E-A-T の改善をお考えの場合は、Google 検索のアップデートに関してサイト所有者が知っておくべきことに記載されている質問に対して自己評価をされることをおすすめします。検索と Discover は異なるサービスですが、それらのコンテンツに適用される E-A-T に関する原則はほぼ同じです。

コンテンツが Discover に表示される可能性を高めるには、次の方法をおすすめします。

  • コンテンツの本質を捉えたページタイトルを、クリックベイト以外の方法で作成する。
  • 魅力的な高画質の画像、特に Discover からのアクセスが発生する可能性の高いサイズの大きい画像をコンテンツに含める。サイズの大きい画像は、幅を 1,200 ピクセル以上とし、max-image-preview:large の設定または AMP を使用して有効にする必要があります。サイトのロゴを画像として使用しないでください。
  • プレビュー コンテンツ(タイトル、スニペット、画像)に誤解を招くような内容や誇張した内容を入れて注目を集めたり、コンテンツの内容を理解するうえで必要な重要情報を伏せたりして、人為的にエンゲージメントを高める手法は避ける。
  • 病的な好奇心を掻き立てたり、刺激的な内容や怒りをあおる内容で注目を集めるような手法は避ける。
  • 興味や関心をふまえたタイムリーなコンテンツ、ストーリーをうまく伝えるコンテンツ、独自の情報や考察を提供するコンテンツを作成する。

優れたユーザー エクスペリエンスを実現するため、Discover では、記事や動画などのインタレスト ベースのフィードに適したコンテンツを表示し、望ましくないコンテンツ、あるいは読者を混乱させる可能性のあるコンテンツを除外するように努めております。たとえば、背景情報のない求人応募、請願書、フォーム、コード リポジトリ、風刺的なコンテンツを Discover がおすすめすることはまずありません。

フォロー機能とウェブサイト(ベータ版)

フォロー機能を使うと、ユーザーは Chrome で Discover からアクセスできる [フォロー中] タブで、ウェブサイトをフォローして、ウェブサイトの最新情報を確認できます。現在、フォローボタンは試験運用版の機能として Android の Chrome ベータ版に組み込まれており、米国で英語を使用している一部のユーザーが利用できます。

Chrome のフォローボタン Chrome の Discover 内の [フォロー中] タブ

デフォルトでは、フォロー機能はウェブサイトの RSS フィードまたは Atom フィードを使用します。サイトに RSS フィードまたは Atom フィードがない場合、Google はサイトのビューに基づいて、ドメイン全体のフィードを自動的に生成します。ウェブサイトに 1 つ以上のフィードがある場合、ユーザーにフォローしてもらいたいサイト上の特定のページのフィードを明示的に Google に伝えることで、フォロー エクスペリエンスを最適化できます。

ウェブページをフォロー機能向けに最適化する

ユーザーに特定のページのどのフィードをフォローしてもらいたいかを Google が把握できるように、次の要素をハブページまたはリーフページの <head> セクションに追加し、RSS フィードまたは Atom フィードを指定します。

RSS

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="https://feeds.feedburner.com/blogspot/amDG">

Atom

<link rel="alternate" type="application/atom+xml" href="https://feeds.feedburner.com/blogspot/amDG">

たとえば、この <link> 要素は、Google 検索セントラル ブログのランディング ページ(ハブページ)、ブログ記事の各ページ(リーフページ)に追加します。

ハブページ

<html>
  <head>
    <link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="https://feeds.feedburner.com/blogspot/amDG" />
  </head>
  <body>
    <h1>Google Search Central Blog</h1>
  </body>
</html>

リーフページ

<html>
  <head>
    <link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="https://feeds.feedburner.com/blogspot/amDG" />
  </head>
  <body>
    <h1>A new way to enable video key moments in Search</h1>
  </body>
</html>

フィードに関するガイドライン

Google が RSS または Atom フィードを検出して認識できるようにするには、以下のガイドラインを遵守します。

  • robots.txt ファイルでフィードをブロックしない。
  • サイトマップ ファイルの場合と同様に、フィードが最新の状態であることを確認する。
  • フィードをドメイン以外の場所でホストできる。Google はドメイン以外の場所でホストされているフィードに対応しています。
  • フィードをリダイレクトする場合は、3xx (redirects) HTTP ステータス コードを使用して、Google がフィードをフォローできるようにします。

複数のフィードを指定する

ウェブサイト上に複数のフィードがある場合(たとえば、トップページ、ビジネス セクション、テクノロジーの各ページに RSS フィードを含むニュース ウェブサイト)は、次のいずれかを行います。

  • 各ページに最適な 1 つのフィードを <link> 要素で指定する。たとえば、テクノロジーに関する記事の場合、<link> 要素にテクノロジー フィードを指定します。
    <html>
      <head>
        <link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="https://example.com/technology/feed/" />
      </head>
      <body>
        <h1>What's next for Technology in 2022</h1>
      </body>
    </html>
  • 希望する順番で複数のフィードを追加する。たとえば、フロントページ、ビジネス セクション、テクノロジーの順でユーザーにフィードをフォローしてもらいたい場合、以下のようにします。Google はこの情報を使用して、サイト全体で複数のフィードがどのように使用されているかを把握します。
    <html>
      <head>
        <link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="https://example.com/feed/" />
        <link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="https://example.com/business/feed/" />
        <link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="https://example.com/technology/feed/" />
      </head>
      <body>
        <h1>What's next for Business and Technology in 2022</h1>
      </body>
    </html>

Discover のパフォーマンスを確認する

Discover にコンテンツがある場合は、Discover のパフォーマンス レポートを使用してパフォーマンスを確認できます。データのインプレッション数が最小しきい値に達している場合、このレポートには過去 16 か月間に Discover に表示されたコンテンツのインプレッション数、クリック数、CTR(クリック率)が表示されます。Discover のパフォーマンス レポートには、Chrome からのトラフィックが含まれています。これは、ユーザーが Discover を操作したすべてのサーフェスからサイトへの Discover トラフィックを完全に追跡したものです。これには、[フォロー中] タブのインプレッションとクリックが含まれます。