商品

商品情報を含むリッチリザルトと Google 画像検索の結果の画像

商品ページにマークアップを追加すると、Google 画像検索など、リッチリザルトで詳細な商品情報を表示できるようになります。ユーザーは、価格、在庫状況、レビューの評価を検索結果で直接確認できます。

マークアップを使用して検索結果に豊富な商品情報を表示すれば、Google で購入する商品を検索したり、あなたが販売している商品を含む画像を検索したりしているユーザーに、商品をアピールできます。ユーザーの関心と一致した最新の商品として見つけてもらうために、商品情報は正確かつ最新の状態に保ちましょう。

このページでは、Google でリッチリザルト(以前のリッチ スニペット)を表示できるよう商品情報をマークアップする方法について説明します。通常、このマークアップは次の 2 種類のページで使用します。

  • 単一の商品を説明する商品ページ
  • 単一の商品がリストされているショッピング アグリゲータ ページ(このページには、その商品を提供している他の販売者に関する情報も表示されます)

商品マークアップは、モバイルの画像検索結果の画像にバッジを表示します。このバッジによって、ユーザーにコンテンツをクリックしてもらう可能性を高めることができます。

単一商品ページ

JSON-LD

たとえば、JSON-LD で記述した単一商品ページは、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

RDFa

たとえば、RDFa で記述した単一商品ページは、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

microdata

たとえば、microdata で記述した単一商品ページは、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

ショッピング アグリゲータ ページ

JSON-LD

たとえば、JSON-LD で記述したショッピング アグリゲータ ページは、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

RDFa

たとえば、RDFa で記述したショッピング アグリゲータ ページは、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

microdata

たとえば、microdata で記述したショッピング アグリゲータ ページは、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

ガイドライン

商品のリッチリザルトでは、価格、在庫状況、レビューの評価など、特定の商品に関する情報がユーザーに提供されます。商品のマークアップには、次のガイドラインが適用されます。

  • 商品のカテゴリやリストではなく、特定の商品のマークアップを使用します。 たとえば、「当店の靴」は特定の商品ではありません。同じページに複数のエンティティがある場合の構造化データのガイドラインもご覧ください。
  • 成人向け商品はサポートされていません
  • クチコミ投稿者の名前には、人またはチームの有効な名前を指定する必要があります。たとえば、「鈴木一郎」、「CNET のクチコミ投稿者」は有効ですが、「ブラック フライデー 50% オフ」は無効です。

Google 画像検索に商品情報を追加するには、以下のガイドラインに沿って必要なマークアップを設定してください。

  • リッチ画像ビューアに商品情報を表示するには: nameimagepricepriceCurrency のプロパティを追加します。また、pricepriceCurrency の代わりに、4 つのプロパティを追加して price を削除することもできます。
  • 関連アイテムの機能に商品情報を表示するには: nameimagepricepriceCurrencyavailability のプロパティを追加します。

構造化データタイプの定義

コンテンツをリッチリザルトの表示対象にするには、必須プロパティが必要です。また、推奨プロパティを使用すると、コンテンツに関する詳細情報を追加できるので、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

AggregateOffer

AggregateOffer の完全な定義は schema.org/AggregateOffer でご確認いただけます。AggregateOfferOffer の一種で、その他の販売情報の集約を表します。商品内で販売情報の集約をマークアップする場合は、schema.org の AggregateOffer タイプの以下のプロパティを使用します。

必須プロパティ
lowPrice

Number

利用できるすべてのオファーの中での最低価格です。浮動小数点数で指定します。

priceCurrency

Text

商品価格の記述に使用する通貨を 3 文字の ISO 4217 形式で指定します。

推奨プロパティ
highPrice

Number

利用できるすべてのオファーの中での最高価格です。浮動小数点数で指定します。

offerCount

Number

商品のオファーの数です。

Offer

Offer の完全な定義は schema.org/Offer でご確認いただけます。商品内で販売情報をマークアップする場合は、schema.org の Offer タイプの以下のプロパティを使用します。

必須プロパティ
availability

ItemAvailability

URL リンクを使用してマークアップで指定された、制限のあるオプション リストから値が取得されます。Google では、短い名前も認識されます(たとえば、完全な URL スコープが指定されていない、InStockOutOfStock など)。Google 画像検索の関連アイテムの機能では必須プロパティです。Google 検索では推奨プロパティです。

price

Number

商品の価格です。schema.org の使用ガイドラインに沿って指定してください。

priceCurrency

Text

商品価格の記述に使用する通貨を 3 文字の ISO 4217 形式で指定します。

推奨プロパティ
itemOffered

Thing

販売するアイテムです。通常、ここに商品をネストしますが、他の商品アイテム タイプや、自由なテキストを含めることもできます。

priceValidUntil

Date

その日以降は価格が使用できなくなる日付(ISO 8601 日付形式)を指定します。priceValidUtil プロパティに過去の日付を指定すると、商品スニペットが表示されない可能性があります。

url

URL

商品のウェブページ(Offer を含む)の URL です。

Product

Product の完全な定義は schema.org/Product でご確認いただけます。コンテンツで商品情報のマークアップを設定するには、schema.org の Product タイプの以下のプロパティを使用します。

必須プロパティ
image

ImageObject または URL の繰り返しフィールド

商品の写真の URL です。商品がはっきりと示された写真(背景が白の写真など)を指定することをおすすめします。Google 画像検索では必須プロパティです。Google 検索では推奨プロパティです。

画像に関するその他のガイドライン:

  • すべてのページに画像を少なくとも 1 つ含める必要があります(マークアップを含めるかどうかは問わない)。Google は、アスペクト比と解像度に基づいて、検索結果に表示する最適な画像を選択します。
  • 画像の URL は、クロールやインデックス登録に対応できる必要があります。
  • 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
  • .jpg、.png、.gif のいずれかの形式の画像を指定する必要があります。
  • 適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16x9、4x3、1x1 の高解像度画像(50,000 ピクセル以上の画像)を複数指定してください。

例:

"image": [
  "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
]
name

Text

商品名です。

推奨プロパティ
aggregateRating

AggregateRating

商品の aggregateRating をネストします。

brand

Text

商品のブランドです。

description

Text

商品の説明です。

offers

Offer

商品の販売提供です。Offer または AggregateOffer をネストします。

review

Review

商品の Review をネストします。

sku | gtin8 | gtin13 | gtin14 | mpn

Text

各種の識別プロパティです。詳しくは、schema.org/Product をご覧ください。Google では、商品ごとにブランドと 1 つ以上の識別子を含めることをおすすめします。

フィードバックを送信...