レシピ

モバイル端末での画像検索の例とリッチリザルトの例

レシピ コンテンツを構造化データでマークアップすることで、レシピのリッチリザルトやホスト固有のリスト(レビュー投稿者による評価、調理時間や準備時間、栄養成分情報など)を表示できるようになります。構造化データをページに追加する方法に応じて、ページでさまざまな機能を利用できます。

  • 検索: レシピの構造化データを追加すると、リッチリザルトを含む検索結果におけるエンゲージメントを向上させることができます。
  • ガイダンス: Google Home やスマート ディスプレイにおいて、Google アシスタントでユーザーにレシピを案内できます。
  • カルーセル: カルーセルの構造化データを追加することで、リッチリザルトのカルーセルにレシピを表示できます。表示には、画像、ページのロゴ、その他の魅力的な検索結果機能を含めることができます。
  • AMP: AMP を使用してレシピページを作成すると、レシピを一瞬で読み込むことができます。

このガイドに沿ってコンテンツを構築することで、コンテンツにおいて以下の機能を自動的に有効化できます。

JSON-LD コードを使用してレシピを記述した場合、構造化データ テストツールでは次のように表示されます。

レシピの例

以下に、recipeガイダンスの構造化データを含むページの例を示します。このコンテンツは、Google Home やスマート ディスプレイで Google アシスタントを使用することで、検索結果およびガイダンスにおいてリッチリザルトとして表示できます。

以下に、itemList 構造化データを含むレシピの概要ページ(レシピのリストを含むページ)の例を示します。このコンテンツは、検索結果においてカルーセルで表示できます。

ガイドライン

レシピを検索結果に表示できるようにするには、構造化データに関する一般的なガイドラインに準拠する必要があります。Google Home やスマート ディスプレイで Google アシスタントを使用してレシピを案内できるようにするには、コンテンツが Actions on Google のコンテンツ制限に関するポリシーに準拠している必要があります。

レシピの構造化データには以下のガイドラインが適用されます。

  • 特定の料理の準備に関するコンテンツにはレシピの構造化データを使用します。たとえば、「スクラブ洗顔料」や「パーティのアイデア」は有効な料理名ではありません。
  • レシピをホスト固有のリストに表示できるようにするには、以下のガイドラインに準拠する必要があります。
    • ItemList 構造化データを使用して、リスト用にレシピを要約します。ItemList 構造化データは、単独で使用することも、レシピの構造化データと組み合わせて使用することもできます。
    • コレクション内のすべてのレシピを一覧表示する概要ページをサイトに含める必要があります。たとえば、ユーザーが検索結果から概要のリンクをクリックすると、検索条件に関連するレシピが一覧表示されるページに移動します。

構造化データタイプの定義

コンテンツをリッチリザルトなどの Google サービスの表示対象にするには、必須プロパティが必要です。また、推奨プロパティを使用すると、コンテンツに関する詳細情報を追加できるので、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

ItemList

ItemList の完全な定義は schema.org/ItemList で確認できます。

レシピ プロパティに加え、以下のホスト固有のリスト用のプロパティを追加します。ItemList は必須ではありませんが、レシピをホスト カルーセルで表示できるようにするには、以下のプロパティを追加する必要があります。ホスト固有のリストについて詳しくは、カルーセルをご覧ください。

必須プロパティ
itemListElement

ListItem

1 つのアイテムページの注釈。

ListItem.position

Integer

リスト内でのアイテムページの順序位置。以下に例を示します。


"itemListElement": [
  {
    "@type": "ListItem",
    "position": 1,
  }, {
    "@type": "ListItem",
    "position": 2,
  }
]
ListItem.url

URL

アイテムページの正規 URL。すべてのアイテムに固有の URL が必要です。

Recipe

Recipe の完全な定義は schema.org/Recipe で確認できます。schema.org の Recipe タイプの以下のプロパティでレシピ コンテンツをマークアップします。必須フィールドに加え、できるだけ多くの推奨フィールドをマークアップすることで、検索結果におけるエンゲージメントを向上させることができます。

Google Home やスマート ディスプレイで Google アシスタントを使用してレシピを案内できるようにするにはrecipeIngredientrecipeInstructions を追加する必要があります。これらのプロパティを指定しない場合、レシピは案内できませんが、検索結果には引き続き表示されます。

必須プロパティ
image

URL または ImageObject

完成した料理の画像。

画像に関するその他のガイドライン:

  • すべてのページに画像を少なくとも 1 つ含める必要があります(マークアップを含めるかどうかは問わない)。Google は、アスペクト比と解像度に基づいて、検索結果に表示する最適な画像を選択します。
  • 画像の URL は、クロールやインデックス登録に対応できる必要があります。
  • 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
  • .jpg、.png、.gif のいずれかの形式の画像を指定する必要があります。
  • 適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16x9、4x3、1x1 の高解像度画像(50,000 ピクセル以上の画像)を複数指定してください。

例:

"image": [
  "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
  "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
]
name

Text

料理名。

推奨プロパティ
aggregateRating

AggregateRating

アイテムに割り当てられた平均レビュースコアの注釈。レビュー スニペットのガイドラインと、必須および推奨の AggregateRating プロパティのリストに準拠します。

レシピの構造化データに 1 つのレビューが含まれている場合、レビュー投稿者の名前に有効な個人または組織を指定する必要があります。たとえば、「材料 50% 引き」は無効な名前です。

author

Person

レシピの作者 / 投稿者 / 講師。

cookTime

Duration

実際に調理するのにかかる時間(ISO 8601 形式)。子要素として最小値と最大値を使用すると、時間の範囲を指定できます。

必ず prepTime と組み合わせて使用します。

datePublished

Date

レシピが公開された日付(ISO 8601 形式)。

description

Text

レシピの要約文。

keywords

Text

季節(「夏」)、行事(「ハロウィーン」)、その他の説明(「時短」、「簡単」、「本格的」)などのレシピに関するその他のキーワード。

その他のガイドライン

  • 複数のキーワードを指定する場合は、カンマで区切ります。
  • recipeCategory または recipeCuisine で指定するタグは使用しないでください。

    非推奨

    "keywords": "dessert, American"

    推奨

    "keywords": "winter apple pie, nutmeg crust"
nutrition.calories

Energy

1 人前のカロリー数。

prepTime

Duration

料理の準備にかかる時間(ISO 8601 形式)。子要素として最小値と最大値を使用すると、時間の範囲を指定できます。

必ず cookTime と組み合わせて使用します。

recipeCategory

Text

レシピの食事やコースの種類。例: 「夕食」、「副菜」、「デザート」

recipeCuisine

Text

レシピに関連付けられている地域。例: 「フランス」、「地中海」、「アメリカ」

recipeIngredient

Text

レシピに必要な材料。このプロパティは、Google 検索でのレシピの表示に関しては推奨ですが、Google Home やスマート ディスプレイで Google アシスタントを使用する場合のガイダンスでは必須になっています。

例:

"recipeIngredient": [
  "1 box Pillsbury dough",
  "6 cups thinly sliced, peeled apples (6 medium)",
  "3/4 cup sugar",
  "2 tablespoons all-purpose flour",
  "3/4 teaspoon ground cinnamon",
  "1/4 teaspoon salt",
  "1/8 teaspoon ground nutmeg",
  "1 tablespoon lemon juice"
]

その他のガイドライン:

  • レシピに必要な材料のテキストのみを含めてください。
  • 不要な情報(材料の定義など)は含めないでください。
recipeInstructions

Text

料理の作り方。このプロパティは、Google 検索でのレシピの表示に関しては推奨ですが、Google Home やスマート ディスプレイで Google アシスタントを使用する場合のガイダンスでは必須になっています。

recipeInstructions の値を設定する方法は複数ありますが、HowToStep または HowToSection を使用することをおすすめします。

  • HowToStep: 各 HowToStep の値を設定することで、手順のセンテンスごとに正確なテキストを指定できます。これにより Google アシスタントにヒントが提供されますが、コンテキストに基づいてレシピの手順が別々にグループ化される場合があることに注意してください。
  • HowToSection(レシピに複数のセクションがある場合のみ): 手順を複数のセクションにグループ化するために使用します。名前フィールドでセクション名を指定し(例: 「クラストを作る」)、各 HowToStepitemListElement として指定します。各 HowToStep のテキスト フィールドを設定します。

    たとえばピザのレシピでは、クラストを作る手順のセクション、トッピングを準備する手順のセクション、混ぜ合わせて焼く手順のセクションがそれぞれあるでしょう。複数のセクションを指定しないと、Google アシスタントがセクション名を誤って別の手順として表示するかもしれません(「クラストを作る」手順の次に「小麦粉と酵母を混ぜ合わせる」手順が表示されるなど)。

  • テキストの単一のフィールドまたは繰り返しフィールド: 1 つ以上の手順を含むテキストのブロック。Google では、すべての手順が単一のセクション内にあるものとして扱います。繰り返しフィールドの値は、テキストの単一のブロックに連結されます。Google は次に、テキストの単一のブロックを個々の手順に自動的に分割しようとします。また、レシピの手順のテキストに誤って表示される可能性があるセクション名、手順番号、キーワードなどをすべて見つけて削除しようとします。最善の結果を得るために、上記のとおり、HowToStep を使用して各手順のセンテンスを明確に指定することをおすすめします。

その他のガイドライン

  • 他の場所に属しているメタデータは含めないでください。具体的には、作者を指定する場合は author フィールドを使用し、料理の種類には recipeCuisine を、カテゴリには recipeCategory を、その他のキーワードには keywords を使用します。
  • 料理の作り方に関するテキストのみを含めて、それ以外のテキスト(「指示」、「動画を見る」、「手順 1」など)は含めないでください。これらのフレーズは構造化データの外部で指定する必要があります。

    非推奨

    "recipeInstructions": [{
      "@type": "HowToStep",
      "text": "Step 1. Heat oven to 425°F."
    }]

    推奨

    "recipeInstructions": [{
      "@type": "HowToStep",
      "text": "Heat oven to 425°F."
    }]
recipeYield

Text

レシピの分量(4 人分、3 個分など)。

review

Review

レシピのレビュー。レビュー スニペットのガイドラインと、必須および推奨の一般的なレビュー プロパティのリストに準拠します。

totalTime

Duration

料理の準備と調理にかかる合計時間(ISO 8601 形式)。子要素として最小値と最大値を使用すると、時間の範囲を指定できます。

totalTime を使用するか、cookTimeprepTime を組み合わせて使用します。

video

VideoObject

ページにレシピを描画する動画プロパティの配列。必須および推奨の動画プロパティのリストに準拠します。

次の例をご覧ください。

{
  "@context": "http://schema.org/",
  "@type": "Recipe",
  "video": [
    {
      "name": "Party Coffee Cake",
      "description": "How to make Party Coffee Cake.",
      "thumbnailUrl": [
        "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
      ],
      "contentUrl": "http://www.example.com/video123.flv",
      "embedUrl": "http://www.example.com/videoplayer.swf?video=123",
      "uploadDate": "2018-02-05T08:00:00+08:00"
    }
  ]
}

フィードバックを送信...