Speakable(ベータ版)

speakable schema.org プロパティを使用することで、テキスト読み上げ(TTS)を使用した音声再生に最適なセクションを記事やウェブページ内から指定できます。マークアップを追加すると、Google アシスタント対応端末で TTS を使用して読み上げるコンテンツを、検索エンジンやその他のアプリケーションが識別できるようになります。ウェブページのデータを speakable を使用して構造化することで、新しいチャネルとして Google アシスタントを活用し、より多くのユーザーにコンテンツを配信できます。

スマート スピーカー デバイスの Google アシスタントは speakable 構造化データを使用して話題のニュースに関する質問に答えます。ユーザーが特定のトピックに関するニュースについて尋ねると、Google アシスタントはウェブから最大で 3 本の記事を取得して質問に答えます。記事内の speakable で構造化されたセクションに対しては、TTS を使用した音声再生がサポートされます。Google アシスタントが speakable で構造化されたセクションを読み上げる際には、情報の提供元が示され、記事全文の URL が Google アシスタント アプリを通じてユーザーのモバイル端末に送信されます。

Google アシスタントにとって speakable 構造化データの対象となるコンテンツについて詳しくは、要件をご覧ください。

以下のコードは、JSON-LD コードと content-locator の値に xPath を使用した speakable 構造化データの例です。

要件

ニュースの検索結果で読み上げ機能の対象となるようにするには、そのサイトが有効なニュースサイトでなければなりません。パブリッシャー センターを通じて Google にニュースサイトを送信するか、Google ニュース用 Producer で有効なエディションを設定してください。

ご利用可能な国と言語

speakable プロパティは、Google Home デバイスを英語に設定している米国のユーザーと、英語でコンテンツを公開しているサイト運営者に対して有効なプロパティです。十分な数のサイト運営者が speakable を実装した時点で、他の国や他の言語でも運用を開始する予定です。

はじめに

ニュースの検索結果で読み上げ機能の対象となるようにするための手順は、以下のとおりです。

  1. パブリッシャー センターを通じて Google にニュースサイトを送信するか、Google ニュース用 Producer で有効なエディションを設定し、サイトの資格要件を満たします。
  2. ガイドラインに準拠していることを確認します。
  3. speakable 構造化データをウェブページに追加します。
  4. 構造化データのテストと検証を行います
  5. コンテンツを送信します。コンテンツを送信すると、オンボーディング プロセスが開始されます。審査には最大 5 営業日かかる場合があります。審査が完了すると、審査結果の通知が Google から届きます。

ガイドライン

ニュースの検索結果で読み上げ機能の対象となるようにするには、以下の speakable コンテンツのガイドラインを遵守している必要があります。

技術的ガイドライン

Google アシスタント用に speakable マークアップを実装する場合は、以下のガイドラインを遵守してください。

  • 日付欄、ニュースが報告された場所、写真の説明、情報の提供元などの情報を speakable で構造化しないでください。音声のみが使用される状況や音声が主に使用される状況で混乱を招く可能性があります。
  • speakable 構造化データでは、記事全体ではなく要点を強調してください。要点に集中することで、TTS による読み上げで重要な情報が省略されることがなくなり、リスナーはニュースの概要を把握できます。

コンテンツ ガイドライン

作成中のコンテンツで speakable 構造化データを使用したマークアップを予定している場合は、以下のガイドラインを遵守してください。

  • speakable 構造化データで示されるコンテンツは簡潔な見出しや要約にして、わかりやすい有用な情報をユーザーに提供するようにしてください。
  • ニュースのトップを speakable 構造化データに含める場合は、TTS がわかりやすく読み上げられるように、短い文章に分けて編集し直すことをおすすめします。
  • 読み上げのユーザー エクスペリエンスを最適化するには、speakable 構造化データの各コンテンツを約 20〜30 秒にするか、2~3 行の文章にすることをおすすめします。

構造化データタイプの定義

Speakable は、Article オブジェクトまたは Webpage オブジェクトで使用されます。speakable の詳細な定義は schema.org/speakable でご確認いただけます。この機能を使用するには、必須プロパティをコンテンツに追加する必要があります。

speakable プロパティの使用回数に制限はなく、content-locator の値には CSS セレクタと xPath の 2 種類を使用できます。次のいずれかのプロパティを使用します。

必須プロパティ
cssSelector

Text

アノテーション(クラス属性など)を含むページのコンテンツに対応します。cssSelector または xPath のどちらかのみを使用でき、両方を同時に使用することはできません。以下に例を示します。

["headline", "summary"]
xPath

Text

xPath を使用したコンテンツ(XML で表示することを想定)に対応します。cssSelector または xPath のどちらかのみを使用でき、両方を同時に使用することはできません。以下に例を示します。

/html/head/title

困ったときに

コンテンツが読み上げられない

error 問題: Google アシスタントの TTS による音声再生でコンテンツが読み上げられない。

done 問題を修正する

  1. 次の音声コマンドを試します。
    • 「$topic の最新のニュースは?」
    • 「$topic の最新情報は?」
    • 「$topic に関するニュースを再生」
  2. 問題が解決しない場合は、ランキングを決定するアルゴリズムが原因である可能性があります。Google アシスタントはさまざまなニュース メディアから最大で 3 本の記事を取得して、TTS で音声を再生します。Google による記事のランキング方法について詳しくは、検索の仕組みをご覧ください。

その他の問題

error 問題: ドキュメントに記載されていない問題が発生している。

done 問題を修正する

  1. Google ウェブマスター セントラルのヘルプ フォーラムにアクセスします。
  2. Google の担当者、または音声ニュース サポートにお問い合わせください。

その他の音声ソリューション

Google アシスタントでは、speakable 構造化データに加えて他の音声ソリューションもニュース コンテンツ向けに使用できます。たとえば、Google アシスタントをアプリケーションに統合することで、Google アシスタントと対話できる独自のカスタム アプリケーションを作成できます。詳細については、Google デベロッパー ガイドのアクションをご覧ください。

フィードバックを送信...