動画を Google のインデックスに登録する

Google 検索は、ユーザーが動画を見つけて視聴するための入り口です。Google は動画の詳細を自動的に把握しようとしますが、VideoObject を使用して動画をマークアップすることにより、説明、サムネイル URL、アップロード日、再生時間などの情報を明確に指定できます。動画は、Google 検索結果、動画検索結果、Google 画像検索、Google Discover に表示されます。

Google 検索結果、動画タブ、Discover の動画コンテンツを示すスクリーンショット

コンテンツのマークアップ方法に基づき、動画は次の機能強化の対象となります。

動画の機能強化

LIVE バッジ: 動画を BroadcastEvent でマークすることで、動画に LIVE バッジを追加できます。LIVE バッジは、長時間ライブ配信されているすべての公開動画に適用できます。たとえば以下のようなものがあります。

  • スポーツ イベント
  • 授賞式
  • インフルエンサーの動画
  • ライブ ストリーミング ビデオゲーム

LIVE バッジのガイドラインに従い、Indexing API を使用して、Google が適切なタイミングでページをクロールできるようにしてください。

検索結果に表示された LIVE バッジを含む動画
クリップ(制限あり): 動画内の特定の時点にすばやく移動できるようにします。
  • 動画が YouTube でホストされている場合、Google 検索によって、YouTube の動画説明に基づいてクリップが自動的に有効になることがあります。YouTube のタイムスタンプを含めるおすすめの方法をご覧ください。
  • 動画がウェブページでホストされている場合Clip 構造化データVideoObject に追加すると、Google が動画の重要なポイントを理解できるようになります。
検索結果に表示されたクリップを含む動画
動画のホスト カルーセル(制限あり): ItemList 構造化データを追加することで、ユーザーが動画のギャラリー ページを探索できるようにします。

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. 必須プロパティを追加します。ページ上の構造化データを配置する場所について詳しくは、JSON-LD 構造化データ: ページでの挿入場所をご覧ください。
  2. ガイドラインを遵守します。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証します。
  4. 構造化データが含まれているページを数ページ導入し、URL 検査ツールを使用して、Google でページがどのように表示されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、またはログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示される場合は、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google への情報提供を続けるには、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

標準的な動画のリッチリザルト

標準的な動画検索結果の例

単一の VideoObject の例を示します。


<html>
  <head>
    <title>Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "VideoObject",
      "name": "Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands",
      "description": "This spring, Google is introducing the self-driving bicycle in Amsterdam, the world’s premier cycling city. The Dutch cycle more than any other nation in the world, almost 900 kilometres per year per person, amounting to over 15 billion kilometres annually. The self-driving bicycle enables safe navigation through the city for Amsterdam residents, and furthers Google’s ambition to improve urban mobility with technology. Google Netherlands takes enormous pride in the fact that a Dutch team worked on this innovation that will have great impact in their home country.",
      "thumbnailUrl": [
        "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
       ],
      "uploadDate": "2016-03-31T08:00:00+08:00",
      "duration": "PT1M54S",
      "contentUrl": "https://www.example.com/video/123/file.mp4",
      "embedUrl": "https://www.example.com/embed/123",
      "interactionStatistic": {
        "@type": "InteractionCounter",
        "interactionType": { "@type": "http://schema.org/WatchAction" },
        "userInteractionCount": 5647018
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

LIVE バッジ

検索結果に表示された LIVE バッジ付きの動画の例

JSON-LD コードでの VideoObjectBroadcastEvent の例を示します。

<html>
  <head>
    <title>Bald Eagle at the Park - Livestream</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "VideoObject",
      "contentURL": "https://example.com/bald-eagle-at-the-park.mp4",
      "description": "Bald eagle at the park livestream.",
      "duration": "PT37M14S",
      "embedUrl": "https://example.com/bald-eagle-at-the-park",
      "expires": "2018-10-30T14:37:14+00:00",
      "interactionStatistic": {
        "@type": "InteractionCounter",
        "interactionType": { "@type": "http://schema.org/WatchAction" },
        "userInteractionCount": 4756
      },
      "name": "Bald eagle nest livestream!",
      "thumbnailUrl": "https://example.com/bald-eagle-at-the-park",
      "uploadDate": "2018-10-27T14:00:00+00:00",
      "publication": [
        {
          "@type": "BroadcastEvent",
          "isLiveBroadcast": true,
          "startDate": "2018-10-27T14:00:00+00:00",
          "endDate": "2018-10-27T14:37:14+00:00"
        },
        {
          "@type": "BroadcastEvent",
          "isLiveBroadcast": true,
          "startDate": "2018-10-27T18:00:00+00:00",
          "endDate": "2018-10-27T18:37:14+00:00"
        }
      ]
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

VideoObjectItemList の構造化データの例を示します。この機能は現在、少数のプロバイダに限定されています。

JSON-LD
<html>
  <head>
    <title>Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "ItemList",
      "itemListElement": [
        {
          "@type": "VideoObject",
          "position": 1,
          "name": "Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands",
          "url": "https://www.example.com/video/self-driving-bicycle",
          "description": "This spring, Google is introducing the self-driving bicycle in Amsterdam, the world’s premier cycling city. The Dutch cycle more than any other nation in the world, almost 900 kilometres per year per person, amounting to over 15 billion kilometres annually. The self-driving bicycle enables safe navigation through the city for Amsterdam residents, and furthers Google’s ambition to improve urban mobility with technology. Google Netherlands takes enormous pride in the fact that a Dutch team worked on this innovation that will have great impact in their home country.",
          "thumbnailUrl": [
            "https://www.example.com/video/self-driving-bicycle/1x1/photo.jpg",
            "https://www.example.com/video/self-driving-bicycle/4x3/photo.jpg",
            "https://www.example.com/video/self-driving-bicycle/16x9/photo.jpg"
          ],
          "uploadDate": "2016-03-31T08:00:00+08:00",
          "duration": "PT1M54S",
          "contentUrl": "https://www.example.com/video/self-driving-bicycle/file.mp4",
          "embedUrl": "https://www.example.com/embed/self-driving-bicycle",
          "interactionStatistic": {
            "@type": "InteractionCounter",
            "interactionType": { "@type": "http://schema.org/WatchAction" },
            "userInteractionCount": 5647018
          }
        },
        {
          "@type": "VideoObject",
          "position": 2,
          "name": "How to tie a tie",
          "url": "https://www.example.com/video/how-to-tie-a-tie",
          "description": "How to tie a four-in-hand knot.",
          "thumbnailUrl": [
            "https://www.example.com/video/how-to-tie-a-tie/1x1/photo.jpg",
            "https://www.example.com/video/how-to-tie-a-tie/4x3/photo.jpg",
            "https://www.example.com/video/how-to-tie-a-tie/16x9/photo.jpg"
          ],
          "uploadDate": "2019-02-28T08:00:00+08:00",
          "duration": "PT5M01S",
          "contentUrl": "https://www.example.com/video/how-to-tie-a-tie/file.mp4",
          "embedUrl": "https://www.example.com/embed/how-to-tie-a-tie",
          "interactionStatistic": {
            "@type": "InteractionCounter",
            "interactionType": { "@type": "http://schema.org/WatchAction" },
            "userInteractionCount": 102111
          }
        }
      ]
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>
Microdata
<div>
      <div itemprop="video" itemscope itemtype="http://schema.org/VideoObject">
        <!-- Thumbnail -->
        <a href="https://example.com/videos/self-driving-bicycle"
           title="Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands">
          <img src="https://example.com/videos/self-driving-bicycle/thumbnail.jpg"
               alt="Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands"
               title="Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands"
               itemprop="thumbnailUrl">
        </a>
        <!-- URL, name, and description -->
        <h1>
          <a itemprop="contentUrl" href="https://example.com/videos/self-driving-bicycle"
             title="Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands">
            <span itemprop="name">Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands</span>
          </a>
        </h1>
        <a href="https://example.com/videos/self-driving-bicycle"
             title="Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands">
          <div itemprop="description">"This spring, Google is introducing the self-driving bicycle
            in Amsterdam, the world’s premier cycling city. The Dutch cycle more than any other
            nation in the world, almost 900 kilometres per year per person, amounting to over 15
            billion kilometres annually. The self-driving bicycle enables safe navigation through
            the city for Amsterdam residents, and furthers Google’s ambition to improve urban
            mobility with technology. Google Netherlands takes enormous pride in the fact that a
            Dutch team worked on this innovation that will have great impact in their home country.
          "</div>
        </a>
        <!-- Other metadata -->
        <meta itemprop="duration" content="PT1M54S" />
        <meta itemprop="uploadDate" content="2016-03-31T08:00:00+08:00" />
        <span itemprop="interactionStatistic" itemscope itemtype="http://schema.org/InteractionCounter">
        	<span itemprop="interactionType" itemscope itemtype="http://schema.org/WatchAction"></span>
        	<meta itemprop="userInteractionCount" content="5647018" />
        </span>
      </div>

      <div itemprop="video" itemscope itemtype="http://schema.org/VideoObject">
        <!-- Thumbnail -->
        <a href="https://example.com/videos/how-to-tie-a-tie"
           title="How to tie a tie">
          <img src="https://example.com/videos/how-to-tie-a-tie/thumbnail.jpg"
               alt="How to tie a tie"
               title="How to tie a tie"
               itemprop="thumbnailUrl">
        </a>
        <!-- URL, name, and description -->
        <h1>
          <a itemprop="contentUrl" href="https://example.com/videos/how-to-tie-a-tie"
             title="Tie a Tie">
            <span itemprop="name">Tie a Tie</span>
          </a>
        </h1>
        <a href="https://example.com/videos/how-to-tie-a-tie"
             title="Tie a Tie">
          <div itemprop="description">How to tie a four-in-hand knot.</div>
        </a>
        <!-- Other metadata -->
        <meta itemprop="duration" content="PT5M01S" />
        <meta itemprop="uploadDate" content="2019-01-05T08:00:00+08:00" />
        <span itemprop="interactionStatistic" itemscope itemtype="http://schema.org/InteractionCounter">
        	<span itemprop="interactionType" itemscope itemtype="http://schema.org/WatchAction"></span>
        	<meta itemprop="userInteractionCount" content="102111" />
        </span>
      </div>
    </div>
  

クリップ(制限あり)

検索結果に表示されたクリップを含む動画の例

JSON-LD コードでの VideoObjectClip の例を示します。この機能は現在、少数のプロバイダに限定されています。この機能の使用をご希望の場合は、こちらのフォームからご登録ください。

<html>
  <head>
    <title>Cat jumps over the fence</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "http://schema.org/",
      "@type": "VideoObject",
      "name": "Cat video",
      "duration": "P10M",
      "uploadDate": "2019-07-19",
      "thumbnailUrl": "http://www.example.com/cat.jpg",
      "description": "Watch this cat jump over a fence!",
      "contentUrl": "http://www.example.com/cat_video_full.mp4",
      "hasPart": [{
        "@type": "Clip",
        "name": "Cat jumps",
        "startOffset": 30,
        "endOffset": 45,
        "url": "http://www.example.com/example?t=30"
      },
      {
        "@type": "Clip",
        "name": "Cat misses the fence",
        "startOffset": 111,
        "endOffset": 150,
        "url": "http://www.example.com/example?t=111"
      }]
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

動画付き AMP ページ

AMP ページの VideoObject の例を示します。

<html amp>
  <head>
    <title>Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "VideoObject",
      "name": "Introducing the self-driving bicycle in the Netherlands",
      "description": "This spring, Google is introducing the self-driving bicycle in Amsterdam, the world’s premier cycling city. The Dutch cycle more than any other nation in the world, almost 900 kilometres per year per person, amounting to over 15 billion kilometres annually. The self-driving bicycle enables safe navigation through the city for Amsterdam residents, and furthers Google’s ambition to improve urban mobility with technology. Google Netherlands takes enormous pride in the fact that a Dutch team worked on this innovation that will have great impact in their home country.",
      "thumbnailUrl": "https://www.example.com/thumbnail.jpg",
      "uploadDate": "2016-03-31T08:00:00+08:00",
      "duration": "PT1M54S",
      "publisher": {
        "@type": "Organization",
        "name": "Google Nederland",
        "logo": {
          "@type": "ImageObject",
          "url": "https://example.com/logo.jpg",
          "width": 600,
          "height": 60
        }
      },
      "contentUrl": "https://www.example.com/video/123/file.mp4",
      "embedUrl": "https://www.example.com/embed/123",
      "interactionStatistic": {
        "@type": "InteractionCounter",
        "interactionType": { "@type": "http://schema.org/WatchAction" },
        "userInteractionCount": 5647018
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

ガイドライン

Google が動画についてより正確に理解できるようにするために、次のガイドラインに従ってください。

LIVE バッジのガイドライン

BroadcastEvent を追加してライブ ストリーミング動画にマークを付ける場合、次のガイドラインに準拠してください。

  • 構造化データに下品な言葉や不適切であると思われる言葉を使わないでください。
  • Google が適切なタイミングでライブ ストリーミング動画をクロールできるようするために、Indexing API を使用します。以下のイベントに対して API を呼び出します。
    • 動画が公開されたとき
    • 動画の配信が停止し、ページのマークアップが endDate を示すように更新されたとき
    • マークアップに変更が発生し、Google に通知する必要があるとき

YouTube のタイムスタンプを含めるおすすめの方法

動画が YouTube でホストされている場合、Google 検索によって、YouTube の動画説明に基づいてクリップが自動的に有効になることがあります。この場合、YouTube の説明に特定のタイムスタンプを含める必要はありません。ただし、動画内の重要なポイントを明示しておくと、その情報が優先されるようになります。次の図は、YouTube の動画説明のタイムスタンプとラベルが検索結果でどのように表示されるかを示しています。

検索結果に表示されたタイムスタンプとラベルを含む動画
1. タイムスタンプ: クリップの開始点。
2. ラベル: クリップの名前。

YouTube の説明のタイムスタンプとラベルをフォーマットするときは、次のガイドラインに注意してください。

  • タイムスタンプを [hour]:[minute]:[second] の形式でフォーマットします。「hour」がない場合、追加する必要はありません。
  • タイムスタンプと同じ行でタイムスタンプのラベルを指定します。
  • 各タイムスタンプを動画説明の新しい行に配置します。
  • タイムスタンプを動画内の指定したポイントにリンクします。
  • ラベルには少なくとも 1 つの単語が含まれている必要があります。
  • タイムスタンプを時系列順でリストします。

クリップのガイドライン(制限あり)

Clip を追加して動画セグメントにマークを付ける場合、次のガイドラインに準拠してください。

  • 動画は、登録なしで視聴できるように一般公開されている必要があります。
  • 動画には、動画 URL の開始時点以外の時点にディープリンクを設定する機能が必要です。たとえば http://www.example.com/example?t=30 は、開始後 30 秒の時点から再生されます。
  • Clip 構造化データは、動画を視聴できるページに追加する必要があります。動画を視聴できないページに誘導するのは、ユーザーの利便性を損ねます。
  • 動画の合計再生時間は 30 秒以上にしてください。
  • 同じ動画の開始時間が等しい 2 本のクリップを同一のページに設定しないでください。
  • 動画には VideoObject 構造化データが必要です。

構造化データタイプの定義

このセクションでは、Google 検索の動画機能に関連する構造化データタイプについて説明します。コンテンツが動画のリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須の VideoObject プロパティを指定する必要があります。また、推奨プロパティを使用することでコンテンツに関する詳細情報を追加でき、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。VideoObject に加え、次のデータタイプを追加して Google 検索の動画拡張を有効にできます。

  • BroadcastEvent: ライブストリーム動画をマークアップして、動画の LIVE バッジを有効にします。
  • ItemList: 動画のリストがあるページをマークアップして、動画ホスト カルーセルを有効にします。
  • Clip: 動画内の重要な部分にマークを付けて、動画内の特定の時点にすばやく移動できるようにします。

VideoObject

VideoObject の定義の全文は schema.org/VideoObject で確認できます。必須プロパティを指定しないと、Google が動画に関する情報を抽出できない場合があります。また、推奨プロパティを使用することでコンテンツに関する詳細情報を追加でき、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

必須プロパティ
description

Text

動画の説明HTML タグは無視されます。

name

Text

動画のタイトル。

thumbnailUrl

ImageObject または URL の繰り返し

動画のサムネイル画像ファイルを指す URL。

  • 画像の URL は、クロールやインデックス登録に対応できる必要があります。
  • 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
  • 画像の形式は、.jpg、.png、.gif のいずれかである必要があります。
  • 画像の大きさは、60x30 ピクセル以上である必要があります。
uploadDate

Date

動画が最初に公開された日付(ISO 8601 形式)。

推奨プロパティ
contentUrl

URL

実際の動画メディア ファイル(サポートされているエンコード形式)を指定する URL。動画が存在するページへのリンクではなく、動画メディア ファイルそのものの URL にする必要があります。

動画のベスト プラクティスに沿っていることをご確認ください。

duration

Duration

動画の再生時間(ISO 8601 形式)。 たとえば、T00H30M5S は「30 分 5 秒」の再生時間を表します。

embedUrl

URL

特定の動画(サポートされているエンコード形式)を再生するプレーヤーを指定する URL。動画が存在するページへのリンクではなく、動画メディア ファイルそのものの URL にする必要があります。通常これは、<embed> タグの src 要素内の情報です。

動画のベスト プラクティスに沿っていることをご確認ください。

expires

Date

その日以降は動画が使用できなくなる日付(ISO 8601 形式)(該当する場合)。有効期限がない場合は、この値を指定しないでください。

hasPart

動画に重要なセグメントがある場合は、必須の Clip プロパティVideoObject 内でネストします。次に例を示します。


<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "http://schema.org/",
  "@type": "VideoObject",
  "name": "Cat video",
  "hasPart": {
    "@type": "Clip",
    "name": "Cat jumps",
    "startOffset": 30,
    "url": "http://www.example.com/example?t=30"
  }
}
</script>
interactionStatistic

InteractionCounter

動画が視聴された回数です。次に例を示します。


"interactionStatistic":
  {
    "@type": "InteractionCounter",
    "interactionType": { "@type": "http://schema.org/WatchAction" },
    "userInteractionCount": 12345
  }
publication

動画がライブ中で、LIVE バッジの対象にする場合は、VideoObject 内で BroadcastEvent プロパティをネストします。次に例を示します。


<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "http://schema.org/",
  "@type": "VideoObject",
  "name": "Cat video",
  "publication": {
    "@type": "BroadcastEvent",
    "name": "First scheduled broadcast",
    "isLiveBroadcast": true,
    "startDate": "2018-10-27T14:00:00+00:00",
    "endDate": "2018-10-27T14:37:14+00:00"
  }
}
</script>

BroadcastEvent

LIVE バッジを表示するには、次のプロパティを VideoObject 内でネストします。BroadcastEvent プロパティは必須ではありませんが、動画が LIVE バッジとともに表示されるようにするには、次のプロパティを追加する必要があります。

BroadcastEvent の定義の全文は schema.org/BroadcastEvent で確認できます。

必須プロパティ
publication

BroadcastEvent

動画をいつライブ配信するかの説明。リストまたは単一のインスタンスを使用できます。

publication.endDate

DateTime

ライブ配信が終了する、または終了すると予想される日時(ISO 8601 形式)。

動画が終了してライブではなくなったら、endDate を提供する必要があります。ライブ配信の開始前に予想される endDate がわからない場合は、おおよその endDate を指定することをおすすめします。

endDate が過去または現在の場合は、配信が実際に終了したことを示し、もうライブではなくなります。endDate が将来の場合は、配信がその時点で終了するように予定されていることを示します。

publication.isLiveBroadcast

ブール値

動画がライブで配信されている、されていた、またはされる予定の場合は、true を指定します。

publication.startDate

DateTime

ライブ配信の開始日時または開始予定日時(ISO 8601 形式)。startDate が過去または現在の場合は、配信が実際に開始されたことを示します。startDate が将来の場合は、配信がその時点で開始するように予定されていることを示します。

ItemList(制限あり)

Google が動画のギャラリー ページについてより正確に理解できるようにするには、VideoObject プロパティのほか、次の ItemList プロパティを追加します。カルーセルの詳細については、カルーセルをご覧ください。

ItemList の定義の全文は schema.org/ItemList で確認できます。

必須プロパティ
itemListElement

ListItem

1 つのアイテムページの注釈。各 ListItem 要素には VideoObject プロパティListItem プロパティを指定する必要があります。

ListItem.position

Integer

リスト内でのアイテムページの順序位置。次に例を示します。


"itemListElement": [
  {
    "@type": "VideoObject",
    "position": 1,
    ... other VideoObject properties ...
  }, {
    "@type": "VideoObject",
    "position": 2,
    ... other VideoObject properties ...
  }
]
ListItem.url

URL

アイテムページの正規 URL。すべてのアイテムに固有の URL が必要です。

Clip(制限あり)

クリップの対象にするには、次のプロパティを VideoObject 内でネストします。Clip プロパティは必須ではありませんが、動画が動画セグメントとともに表示されるようにするには、以下のプロパティを追加する必要があります。

Clip の定義の全文は schema.org/Clip で確認できます。

必須プロパティ
name

Text

クリップの内容を説明するタイトル。

startOffset

Number

作品の先頭からの秒数で表したクリップの開始時間。

url

URL

クリップの開始時刻を指定する URL。

クリップ URL は、動画と同じ URL パスに、時間を指定するクエリ パラメータを加えたものです。

次の URL は、2 分 00 秒から始まる動画の URL の例です。


"url": "https://www.example.com/example?t=120"
推奨プロパティ
endOffset

Number

作品の先頭からの秒数で表したクリップの終了時間。

Search Console でリッチリザルトを監視する

Search Console は、Google 検索におけるページのパフォーマンスを監視できるツールです。Search Console に登録していなくても Google 検索結果に表示されますが、登録することにより、Google がサイトをどのように認識しているかを把握して改善できるようになります。次の場合は Search Console を確認することをおすすめします。

  1. 構造化データを初めてデプロイした後
  2. 新しいテンプレートをリリースした後やコードを更新した後
  3. トラフィックを定期的に分析する場合

構造化データを初めてデプロイした後

ページがインデックスに登録されたら、関連するリッチリザルトのステータス レポートを使用して、問題がないかどうかを確認します。有効なページが増え、エラーや警告が増えていない状態が理想的です。構造化データに問題が見つかった場合の手順は次のとおりです。

  1. エラーを修正します
  2. 公開 URL の検査を行い、問題が解決したかどうかを確認します。
  3. ステータス レポートを使用して検証をリクエストします。

新しいテンプレートをリリースした後やコードを更新した後

ウェブサイトに大幅な変更を加えた場合は、構造化データのエラーや警告が増加しないかどうか監視します。
  • エラーが増加した場合は、新しく公開したテンプレートが正常に機能していないか、既存のテンプレートの動作に問題が生じていることが原因と考えられます。
  • 有効な項目が減少している(エラーの増加と一致しない)場合は、ページに構造化データが埋め込まれていない可能性があります。URL 検査ツールを使用して問題の原因を特定します。

トラフィックを定期的に分析する場合

パフォーマンス レポートを使用して Google 検索のトラフィックを分析します。このデータから、検索でページがリッチリザルトとして表示される頻度、ユーザーがページをクリックする頻度、検索結果におけるページの平均掲載順位がわかります。Search Console API を使用して、このデータを自動的に取得することもできます。

トラブルシューティング

構造化データを実装する際に問題が発生した場合は、以下のリソースを確認してください。