コンテンツ アイテムをマークアップする

構造化データを使用してコンテンツをマークアップすると、検索結果に表示するコンテンツのコンテキストを Google がより正しく理解できるようになり、検索結果からユーザーにより効果的にコンテンツを配信できるようになります。コンテンツのプロパティをマークアップし、関連するアクションを有効にすると、リッチリザルトでコンテンツを表示できるようになります。リッチリザルトについて詳しくは、検索機能についての説明をご覧ください。コンテンツ タイプによっては、検索結果からコンテンツを直接利用できる場合もあります。

マークアップは、リストやホスト固有のリスト プレビューにコンテンツを表示できるようにするための最初のステップでもあります。詳しくは、リストのマークアップをご覧ください。

リッチリザルトで表示できるコンテンツ タイプ

リッチリザルトではさまざまなコンテンツ タイプを表示できます。CreativeWork は、読む、見る、聞くなどのために作成された対象コンテンツ(ニュース記事、レシピ、動画など)に適用される schema.org タイプの定義です。商品やローカル ビジネス リスティングなどのコンテンツ タイプは commerce カテゴリに属します。これは、一般に小売を対象とした schema.org タイプを記述する際に Google が使用するカスタムのカテゴリです。

次の表に、各コンテンツ タイプでサポートされている機能を示します。

コンテンツ タイプ 利用可能な機能
記事

トップニュース カルーセル

リッチリザルト

トップニュース カルーセルに表示するには、コンテンツを AMP で公開する必要があります。詳しくは、構造化データを含む AMP についての記事をご覧ください。
地域のお店やサービス ローカル ビジネス リスティング
地域のお店やサービス 場所に関するアクション 明示的なオプトインが必要です。 お申し込み
レシピ

リッチリザルト

ホスト固有のリスト

評論家レビュー 評論家レビューカード
動画 リッチリザルト

このドキュメントでは、マークアップを実装して、各タイプで機能を利用できるようにする方法について説明します。実際のマークアップの仕様については、各タイプのリファレンスで、クリエイティブ ワーク(「記事」以下)とコマースのセクション(「ローカル ビジネス リスティング」以下)をご覧ください。

コンテンツのプロパティをマークアップする

  1. 上記の表で、コンテンツを表すデータタイプを特定し、そのタイプのマークアップのリファレンスに移動して、必須プロパティと推奨プロパティを確認します

    1 つの HTML または AMP HTML コンテンツ ページに複数のコンテンツ タイプのマークアップを追加できます。たとえば、ニュース記事に動画が含まれる場合に両方のタイプのマークアップを追加すれば、コンテンツ ページをトップニュース カルーセルと動画のリッチリザルトのどちらにも表示させることができます。詳しくは、Google 検索での AMP についての説明をご覧ください。

  2. マークアップのブロックを作成します。少なくとも、検索結果に視覚的に表示したいコンテンツに対応する必須の構造化データ プロパティを含めるようにしてください

    検索結果でコンテンツが最大限に目立つよう、使用可能なすべてのプロパティをマークアップすることをおすすめします。データタイプのリファレンスには、カスタマイズ可能なマークアップの例が多数掲載されています。

    レシピのマークアップの例

  3. 機能を適用したい各コンテンツ ページにマークアップを挿入します。

    AMP HTML を必要とする機能の場合は、コンテンツ ページにマークアップを配置する必要があります。

  4. 構造化データ テストツールを使用してマークアップをテストします。

    このツールは、コンテンツに適用したい機能に対してマークアップが有効かどうかを確認するのに役立ちます。

アクションを提供する

ユーザーが Google で映画やテレビ番組を検索した場合、そのコンテンツに対して実際にアクションを実行(モバイル デバイスで映画のクリップを見る、レストランを予約するなど)したいと思うかもしれません。サイトやアプリがこうしたアクションに対応できる場合は、構造化データのマークアップを挿入して、対応可能なアクションや対象アイテムを Google に伝えることができます。Google はこうしたユーザーをサイトやアプリに誘導できるようになります。

仕組み

コンテンツに対するアクションを可能にする構造化データのマークアップは、主に次の 2 つのカテゴリで構成されています。

  • コンテンツ マークアップ: コンテンツ自体を記述します。上位レベルのプロパティから、より細部にかかわるサブタイプのプロパティまで、さまざまなものが含まれます。たとえば、テレビと映画のコンテンツでは、nameURLstartDate などの一般的なプロパティを使用します。さらに他のプロパティも使用することで、詳細な設定を行うことができます(テレビ コンテンツがエピソード、シリーズ、シーズンの一部かどうかなど)。
  • アクション マークアップ: アクション プロパティを定義します。まず、ほとんどのコンテンツで必須のアクション プロパティ(コンテンツがサポートする WatchActionOrderAction のようなタイプのアクション)を定義します。その他の必須のアクション プロパティには、target コンテナの要素があります。コンテンツへのリンクが機能するプラットフォームの指定(Android アプリや iOS アプリなど)は、その一例です。さらに、アクションが有効になる条件など、アクションの詳細な設定を行うことができます。

対象となるデータタイプごとにリファレンスがあり、コンテンツのカテゴリとアクションに関するプロパティが記載されています。

構造化データをマークアップに使用し、テストツールで正しく抽出できた場合でも、構造化データが Google 検索結果に表示されるとは限りません。下記のような理由が考えられます。

  • 構造化データがページの主要内容を表していないか、誤解を与える可能性がある。
  • 構造化データに、テストツールで検知できなかった誤りがある。
  • マークアップされたコンテンツがユーザーに表示されない。

アクション マークアップを作成する

アクション マークアップを作成する場合、コンテンツの仕様を作成し、その仕様を基にマークアップのテンプレートまたはフレームワークを作成する方法をおすすめします。続いて対象コンテンツのインスタンスごとにテンプレートに値を指定し、生成されたマークアップを HTML ページに挿入します。たとえば、提供可能な映画のランディング ページ(例: http://www.example.com/movies/forrest_gump)にマークアップを埋め込みます。以下に、アクション マークアップの設計と実装に使用できる基本的な手順を示します。

  1. コンテンツに適したコンテンツ プロパティを決定します。

    最初に、基本的なデータタイプ(テレビと映画ローカル ビジネスなど)を決定します。次に、エピソード単位でのみ提供可能なテレビ コンテンツを作成するか、シーズンの定期購入を提供するかなど、サービスの詳細な内容を決定し、仕様に関連するプロパティを作成します。

  2. アクション自体のマークアップを決定します

    すべてのアクション タイプには必須プロパティがあるため、その定義を行います。必須のアクションのリストは、各アクション(WatchActions など)の表で確認できます。必須のアクションプロパティに加えて、サブカテゴリのプロパティ(ビジネスの ReserveAction プロパティや OrderAction プロパティなど)を指定することもできます。

  3. ターゲットを正しく指定します。

    ターゲットは potentialAction の子です。ユーザーの目的とそれに対するコンテンツの応答との関連性をサポートするのに必要な要素と値をすべてここに指定します。urlTemplate でコンテンツへのリンクを指定する場合は、ウェブサイト上の特定のコンテンツか、Android または iOS のネイティブ アプリの完全修飾 URL を使用します。また、potentialAction.target.actionPlatform プロパティを使用して、各 URL をサポートするプラットフォームを明示的に指定する必要があります。アプリ コンテンツへのリンクの指定や、アプリとサイト間の URL の関連付けについて詳しくは、App Indexing に関する Firebase のドキュメントをご覧ください。

  4. テンプレートを設計します。

    コンテンツ タイプのリファレンス ドキュメントに掲載されている例を利用します。それらの例を構造化データ テストツールに直接読み込んでから、簡単に変更して確認することができます。

  5. ページにマークアップを挿入します

    サイトのコンテンツに追加した構造化データは、次回、サイトの再処理が行われたときに検出されます。ただし、リッチリザルト(旧称: リッチ スニペット)が表示に適したものであっても、それが検索結果に表示されるようになるまでにはしばらく時間がかかることがあります。

  6. 構造化データ テストツールを使用してマークアップをテストします。

    開発中にテストを行うには、マークアップ自体をツールに貼り付けます。ページの公開後、ページの URL を指定することで、マークアップをもう一度確認できます。