概要

Google Wallet API を使用すると、QR コードやバーコード付きの交通機関のパスをスマートフォンの Google ウォレットに簡単に追加できます。

対応プラットフォーム

Google Wallet API を使用すると、ユーザーがパスを発行して、Android アプリを含む複数のプラットフォームや、ハイパーリンクがサポートされているウェブサイト、メール、SMS メッセージなどで、Google ウォレットに保存できます。

API と SDK

Google Wallet API には、パスの発行と管理を迅速かつ容易に行えるようにする REST API と Android SDK が用意されています。

  • Google ウォレット REST API

    ウェブ、メール、SMS などのプラットフォームでパスを発行するには、Google Wallet REST API を使用することをおすすめします。API には、パスのさまざまなコンポーネントを作成、取得、更新するための一連のエンドポイントが用意されています。

  • Google ウォレット Android SDK

    Android アプリでパスを発行するには、Google ウォレット Android SDK を使用することをおすすめします。SDK にはさまざまな便利なメソッドが用意されており、ネイティブ コードを使用して Google Wallet API をモバイルアプリに簡単に統合できます。

注: Google Wallet API でパスを発行する場合、Google Wallet REST API または Google ウォレット Android SDK を使用する必要はありませんが、使用することを強くおすすめします。REST API または Android SDK を使用せずにパスを発行する方法については、JWT でのパス オブジェクトとパスクラスの作成をご覧ください。

要件

Google Wallet API でパスを発行するには、まず次の操作を行う必要があります。

Google Wallet API のスタートガイド

Google Wallet API の使用を開始する前に、基本的な機能と用語についての理解に役立つ記事をご覧ください。
  • 主な概念と用語: この記事では、Google Wallet API を使用するために必要なすべての重要な用語と機能について説明します。
  • パスのクラスとオブジェクトの概要: ユーザーに発行するパスは、パスクラスとパス オブジェクトを組み合わせて作成されます。この記事では、この 2 つのコンセプトと、これを使用してパスを作成する方法について説明します。
  • Google ウォレットのパスの開発フロー: この記事では、Google Wallet API を使用してパスを作成するために必要なすべての手順の概要を説明します。

ツールとリソース

  • Codelab

    セルフガイドの Codelab では、Google ウォレットにパスを追加するために必要な手順について説明しています。実装を Android デバイスにのみ行う場合は、[Android] を選択します。実装が Android、ウェブ、メール、SMS をサポートする場合は [ウェブ] を選択します。

    Android ウェブ

  • パスビルダー

    パスビルダー ツールを使用して最初のパスを視覚的に作成し、Google Wallet API でパスを作成するために必要な JSON を自動的に生成します。

  • Google ウォレット GitHub

    Google ウォレット GitHub 組織では、さまざまなプログラミング言語の便利なツール、ライブラリ、サンプルコードを入手できます。