エディタのアドオン ユーザー インターフェース

エディタ アドオンを使用すると、カスタマイズされたメニュー、ダイアログ、サイドバーでユーザー操作を行うことができます。次のリンクは、このようなインターフェースの構築方法を示しています。

  • アドオン メニューは、Apps Script のベースである Ui サービスを使用して作成されます。メニュー項目はアドオンを使用するための最初の出発点となりますが、アドオンの承認ライフサイクルを考慮に入れて設計する必要があります。

  • サイドバーとダイアログは、Apps Script の HTML サービスを使用して作成されます。このサービスでは、HTML と CSS を使用してインターフェースの構造と外観を定義できます。詳しくは、HTML の作成と配信をご覧ください。

    • また、クライアント サーバーの通信呼び出しを設定して、インターフェース内でのユーザー アクションが、エディタ ファイルのある Google サーバーでのアクション(またはその逆)につながるようにすることもできます。
    • Apps Script には、動的インターフェースの構築を容易にするテンプレート構文も用意されています。
  • エディタのアドオンの HTML インターフェースを作成する際は、エディタのアドオンの CSS パッケージを使用して、アドオンが Google Workspace のエディタを拡張したように見えるようにしてください。