Cast SDK Google Play のデータ セーフティ セクション

2021 年 5 月、Google Play は新しいデータ セーフティ セクションをリリースしました。ここには、アプリによるユーザーデータの収集や共有、セキュリティ対策に関して、デベロッパーから提供された開示情報が表示されます。

このページでは、Cast Android Sender SDK の使用に関するデータ開示要件について説明します。このページでは、SDK がエンドユーザーのデータを処理するかどうかと、その方法に関する情報(アプリ デベロッパーとして管理可能な該当する構成や呼び出しを含む)を確認できます。

Google では、お客様をサポートできる透明性を確保するよう努めております。ただし、アプリによるエンドユーザー データの収集、共有、セキュリティ対策について、Google Play のデータ セーフティ セクションのフォームにどのように対応するかは、アプリのデベロッパーとしてお客様の責任で判断していただく必要があります。

このページの情報を使用するにあたって

このページには、最新バージョンの SDK で収集されるユーザーデータのみがまとめられています。

Google は、自動的に収集されるデータ使用状況に基づいて収集されるデータに関する情報を提供しています。自動収集とは、アプリ内の特定のメソッドまたはクラスを呼び出すことなく、SDK が特定のデータを収集することを意味します。ただし、多くの場合、SDK によって収集されるデータは、アプリがプロダクトをどのように使用するのか(つまり、アプリの構成や SDK の呼び出し方法)によって異なります。

アプリのデータ開示を完了するには、Android のデータの種類に関するガイドを参考にして、収集されるデータに最も適したデータタイプを判断してください。また、収集されたデータが特定のアプリで共有、使用される方法についても考慮する必要があります。

キャストとキャスト フレームワーク

com.google.android.gms:play-services-cast
com.google.android.gms:play-services-cast-framework

SDK のデータ収集

モバイルアプリで Cast SDK を使用すると、Chromecast などの Cast 対応デバイスを検出して通信できます。SDK は SDK とキャスト デバイス間のインタラクション(アプリのアクティビティ)に関する情報を収集します。このデータの一部は Google のログ収集サーバーに送信されます。ログに記録される情報には、一般的な検出イベント、セッション管理イベント、モバイル デバイス情報、クライアント キャスト アプリの情報が含まれます。

機能セット メタデータ、SDK メタデータ、クライアント アプリのメタデータは、アプリごとに異なる SDK リリースの普及率をモニタリングするためと、さまざまなモバイルアプリに統合されている SDK 機能を把握するために使用されます。

この SDK はユーザー固有のデータも収集しないため、Google はユーザーのキャスト環境を改善できます。このデータは、特定のユーザーの行動をモデル化するためには使用されません。データ分析によってプロダクト全体にわたる決定がなされ、特定のユーザー エクスペリエンスではなくシステム全体が変化します。

SDK はすべてのデータを匿名で収集します。ログには、特定のユーザーをトレースできる識別子は含まれていません。収集されたデータは、短時間だけ保持されます。削除前に、データは集計された概要プロダクトのパフォーマンス指標を取得します。これは、SDK の改善に使用されます。

リストされたデータ型ごとに、以下を行います。

  • 一部の機能(ゲストモードなど)はユーザーが有効にできる機能です。特定の機能の分析データは、その機能が Cast でサポートされていて、かつユーザーがその機能を有効にしている場合にのみ収集されます。オプトインと必須の機能の両方で、ユーザーはデータ収集を無効にできません。

  • SDK は暗号化された分析データを Google ログ収集サーバーを介して Google のデータ分析パイプラインに送信します。

  • 収集されたデータは、SDK 全体の改善とパフォーマンスのモニタリング、プロダクトのソフトウェア欠陥の検出を目的として、SDK の集計を行うために使用されます。

  • SDK がサードパーティやユーザーのデバイス上の他のアプリとデータを転送または共有することはありません。

アプリレベルのメモ

  • SDK から送信されるすべてのデータは、転送時に暗号化されます。
  • アプリ デベロッパーも、この SDK を利用するアプリのユーザーも、データ収集の無効化やデータの削除はできません。

Cast TV

com.google.android.gms:play-services-cast-tv

SDK のデータ収集

この SDK は、Cast Connect を統合する Android TV レシーバー アプリのメディア再生エクスペリエンスに関する情報を収集します。収集された分析は、Google のログ収集サーバーに送信される前に匿名化されます。ログに記録される情報には、セッション イベント、一部のデバイス情報、アプリの再生情報が含まれます。

SDK がユーザー情報やコンテンツ メタデータ(タイトル、アーティスト、コンテンツ URL など)をログに記録することはありません。コンテンツ タイプ、形式、再生時間など、再生中のコンテンツの汎用属性のみがログに記録されます。これらのコンテンツ固有のログのデータは、集計形式でのみ使用されます。

収集されたデータは、キャスト機能の改善のために次のように使用されます。

  • キャスト デバイスで実行されているメディア コンテンツの使用量を評価します。

  • 機能、プロダクト、ビジネス、エンジニアリングにおける意思決定における Cast の使用における機能の成功、トレンド、主な使用方法を特定する。

  • パフォーマンスの調整と、メディア起動、再生、バッファリングのレイテンシの短縮。

リストされたデータ型ごとに、以下を行います。

  • データの収集は必須であり、
  • SDK は暗号化された分析データを Google ログ収集サーバーを介して Google のデータ分析パイプラインに送信します。
  • このデータは、Google が新しいプラットフォームや SDK リリースのパフォーマンスへの影響を判断するのに役立ちます。
  • SDK がサードパーティやユーザーのデバイス上の他のアプリとデータを転送または共有することはありません。

アプリレベルのメモ

  • ログに記録されたデータは転送時に暗号化されます。
  • アプリ デベロッパーも、この SDK を利用するアプリのユーザーも、データ収集の無効化やデータの削除はできません。