求人情報

求人情報の構造化データを求人情報のウェブページに追加することで、求職に関するエクスペリエンスを向上させることができます。構造化データを追加することで、求人情報を Google 検索結果に表示して、特別なユーザー エクスペリエンスを提供できるようになります。また、サードパーティの求人サイトを利用して、Google に統合することも可能です。この機能により、雇用主や求人コンテンツ サイトの所有者は、次のような多くのメリットを得られます。

  • エンリッチ リザルトに結果を表示する: 求人情報が Google の求人検索機能の表示対象となり、ロゴ、レビュー、評価、求人の詳細を目立たせることができます。
  • 意欲的な応募者を多く呼び込む: 新しい機能により、求職者が場所や役職といったさまざまな条件で絞り込みをできるようになるので、該当の仕事をちょうど探している応募者を呼び込める可能性が高まります。
  • 検出とコンバージョンの機会を増やす: 求職者は、求人情報を参照し、クリックしてサイトにアクセスするための新たな手段を利用できます。

ご利用いただける地域

Google の求人検索機能をご利用いただける地域は世界中に広がっています。現在、以下の地域でご利用いただけます。

以下に求人検索結果の例を示します。

検索結果の求人情報の例

構造化データ テストツールで JSON-LD コードを使用して各求人情報を確認する例をご覧ください。

求人情報を作成する

  1. Googlebot が(robots.txt ファイルや robots メタタグで保護されていない)求人情報のウェブページをクロールできることを確認します。
  2. ホストの負荷の設定で頻繁なクロールが許容されていることを確認します。
  3. Google のガイドラインに準拠していることを確認します。
  4. 求人情報の構造化データをウェブページに追加します。
  5. 別の URL でホストされているサイトに同じ求人情報のコピーを掲載する場合は、ページの各コピーで正規 URL を使用します。
  6. 構造化データをテスト、プレビューします
  7. 次のいずれかの操作を行い、Google に情報を提供し続けます。
    • Indexing API を使用して、クロールする新しい URL や、URL のコンテンツが更新されたことを Google に通知します。
    • Indexing API を使用しない場合は、GET リクエストを次の URL に送信して Google に新しいサイトマップを送信します。
      http://www.google.com/ping?sitemap=location_of_sitemap

      例:

      http://www.google.com/ping?sitemap=http://www.example.com/sitemap.xml

      Google はサイトマップ全体を取り込んで、lastmod の時刻が前回ページをクロールしたときよりも最近のページを再クロールします。

求人情報を削除する

期限切れになった求人情報を削除するには、次の手順を行います。

  1. 次のいずれかの操作を行い、ページが削除されていることを確認します。
    • validThrough プロパティが設定されていて、その期間を過ぎていることを確認します。
    • ページを完全に削除します(ページのリクエストに対して 404 または 410 ステータス コードが返されるようになります)。
    • JobPosting 構造化データをページから削除します。
  2. 次のいずれかの操作を行い、Google に情報を提供し続けます。
    • Indexing API を使用して、求人情報の URL を Google の検索インデックスから削除するようリクエストします。
    • Indexing API を使用しない場合は、GET リクエストを次の URL に送信して Google に新しいサイトマップを送信します。
      http://www.google.com/ping?sitemap=location_of_sitemap

      例:

      http://www.google.com/ping?sitemap=http://www.example.com/sitemap.xml

      Google はサイトマップ全体を取り込んで、lastmod の時刻が前回ページをクロールしたときよりも最近のページを再クロールします。

Google では、会社のナレッジグラフ カードに表示されている画像と同じロゴを求人情報に使用します。別のロゴを使いたい場合は、変更を提案するか、自社のナレッジグラフ カードと求人情報の両方で使用するロゴを構造化データを使用して指定します。

サードパーティの求人サイトでは、組織のナレッジグラフ カードに表示されている画像とは異なる、特定の組織用のロゴを表示できます。Google は、検索結果に応じて、ナレッジグラフ ロゴまたは hiringOrganization ロゴのいずれか最適な方を選択して表示します。このプロパティのロゴは、求人サイトだけに表示されます。組織の標準ロゴとしては扱われません。詳しくは、hiringOrganization をご覧ください。

ガイドライン

求人情報が Google の求人検索で表示されるようにするには、以下のガイドラインに準拠する必要があります。

技術的ガイドライン

  • 構造化データは、可能な限り最も詳細なリーフページに実装します。求人リストを提供することを目的としたページ(検索結果ページなど)には追加しないでください。構造化データは、1 件の求人とそれに関連する詳細情報を記載した、最も詳細なページに適用します。
  • 宣伝する各求人情報に JobPosting プロパティを追加します。構造化データは、求職者がブラウザで読むことができる求人情報と、同じページに表示する必要があります。
  • ほとんどのプロパティは、複数回追加できることが明確に示されていない限り、求人情報のウェブページに一度だけ表示します。
  • サイトマップを使用して、求人情報の URL の変更に関する情報を Google に提供し続ける場合は、サイトマップに関する一般的なガイドラインに準拠してください。また、以下のサイトマップに関するガイドラインも求人情報の URL に適用されます。

    • Googlebot がサイトマップの URL にアクセスできることを確認します。また、サイトマップに含める URL がファイアウォールの内側でないことや、robots.txt ファイルで許可されていないことを確認します。
    • ページがいつ追加または変更されたかを示す、<lastmod>(サイトマップ)、<pubDate>(RSS)、<updated>(Atom)の値には、できる限り正確な時刻を指定してください。この値には、URL のコンテンツが最後に変更された時刻を指定します。正確な時刻を指定することが重要です。クロールの帯域幅は限られており、正確な時刻を指定することで、変更されていないページが再クロールされないようにすることができます。また、Google がページをクロールしなければならない回数が増えるほど、サーバーにかかる負荷が大きくなります。
    • 検索結果ページ、リストページ、その他の動的なページをサイトマップに含めないでください。
    • サイトマップの URL には、各求人情報の正規ページを含める必要があります。

コンテンツ ガイドライン

  • 求人情報は有効でなければなりません。有効な求人情報には、求職者がオンラインで直接応募することができます。
  • 求人情報では、採用側の組織と応募者が実際に行う仕事について正しく伝える必要があります。
  • Google は、求人リストの内容が法律に違反している可能性があるという苦情を受けた場合(たとえば、商標や著作権を無断使用している求人リストがその所有者から報告された場合など)、Google の削除ポリシーに従って対処します。
  • 卑猥、冒涜的、不適切な言葉は使用しないでください。

構造化データタイプの定義

このセクションでは、求人情報に関連する構造化データタイプについて説明します。

拡張された検索結果にコンテンツが表示されるようにするには、必須のプロパティをコンテンツに含める必要があります。また、推奨プロパティを使用することでコンテンツに関する詳細情報を追加でき、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

構造化データ テストツールを使用すると、構造化データの検証とプレビューを行うことができます。

JobPosting

JobPosting の詳しい定義は schema.org/JobPosting でご確認いただけます。

必須のプロパティ
datePosted

Date

雇用主が求人情報を投稿した最初の日付(ISO 8601 形式)。たとえば、"2017-01-24"、"2017-01-24T19:33:17+00:00" のように指定します。

"datePosted": "2016-02-18"
description

Text

HTML 形式での求人の詳細な説明。

description では、求人について詳細に説明します(職務、資格、スキル、業務時間、学歴に関する要件、経験に関する要件など)。descriptiontitle を同じにすることはできません。

その他のガイドライン:

  • 説明は HTML 形式にする必要があります。
  • 段落を追加するには、<br><p>\n を使用します。
  • 有効なタグには、<p><ul><li>、および見出し(<h1><h5>)などがあります。
  • <strong><em> などの文字レベルの形式タグも使用できます。
hiringOrganization

Organization

職位を提供している組織。これには会社名を指定する必要があります(例: “Starbucks, Inc”)。所在地は含めないでください(例: “Starbucks on Main Street”)。例:

"hiringOrganization": {
  "@type": "Organization",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "sameAs": "http://www.magsruswheelcompany.com"
}

サードパーティの求人サイトのロゴ

サードパーティの求人サイトの場合、特定の組織について、その組織のナレッジグラフ カードに表示されているロゴ画像とは異なるロゴを指定できます。特定の採用側組織のロゴとして別の画像を表示するには、該当のロゴのプロパティを hiringOrganization 列に追加します。ロゴ画像に関するガイドライン会社のロゴに関するガイドラインに準拠していることを確認してください。例:

"hiringOrganization": {
  "@type": "Organization",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "sameAs": "http://www.magsruswheelcompany.com",
  "logo": "http://www.example.com/images/logo.png"
}
jobLocation

Place

従業員のメインの職場となる地理的な位置(求人情報を投稿した場所ではない)。できるだけ多くのフィールドを指定します。指定するプロパティが多いほど、ユーザーに提供する求人情報の質が高くなります。例:

"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "streetAddress": "555 Clancy St",
    "addressLocality": "Detroit",
    "addressRegion": "MI",
    "postalCode": "48201",
    "addressCountry": "US"
  }
}

職場が複数ある場合は、配列に jobLocation プロパティを複数追加します。Google は、求職者の質問に基づいて、表示する最適な場所を選択します。

従業員が業務時間のすべてをリモートで過ごす仕事、つまり、在宅業務の場合は、additionalProperty フィールドを追加して、値に TELECOMMUTE を指定します。例:

"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "streetAddress": "555 Clancy St",
    "addressLocality": "Detroit",
    "addressRegion": "MI",
    "postalCode": "48201" ,
    "addressCountry": "US"
  },
  "additionalProperty": {
    "@type": "PropertyValue",
    "value": "TELECOMMUTE"
  }
}
title

Text

職務の名称(求人情報のタイトルではない)。たとえば、"Software Engineer"、"Barista" のように指定します。例:

"title": "Software Engineer"

おすすめの方法:

  • このフィールドには職務の名称のみを指定します。
  • title フィールドには、求人コード、住所、日付、給与、会社名は含めないでください。

    非推奨例: Apply now for IT job -FRENCH speaker in Bucharest

    推奨例: Market Specialist, French speaker

  • 簡潔で読みやすい名称を指定します。
  • 「!」や「*」などの特殊文字を多用しないでください。特殊文字を多用すると、構造化データがスパム行為のある構造化マークアップとみなされることがあります。数値や、「/」、「-」などの文字は使用できます。

    非推奨例: *** WAREHOUSE HIRING NOW!! ON A BUS ROUTE!! ***

    推奨例: Shipping and Receiving Warehouse Associate

  • title の代わりに name を使用しないでください。title プロパティと name プロパティを入れ替えることはできません。
  • サードパーティの求人サイトの場合は、上記のガイドラインに準拠するために職務の名称を変更しないでください(名称が読み取れなくなる可能性があるため)。代わりに、雇用主から指定された名称を指定してください。
validThrough

DateTime

求人情報が期限切れになる日付(ISO 8601 形式)。たとえば、"2017-02-24"、"2017-02-24T19:33:17+00:00" のように指定します。例:

"validThrough": "2017-03-18T00:00"

求人情報に有効期限がない場合や、求人情報がいつ期限切れになるかがわからない場合は、このプロパティを指定しないでください。求人情報が期限切れになる前に採用が決まった場合は、求人情報を削除してください

推奨プロパティ
baseSalary

MonetaryAmount

雇用主から提示された実際の基本給(概算額ではない)。

QuantitativeValueunitText には、次のいずれかの値(大文字と小文字を区別)を使用します。

  • "HOUR"
  • "DAY"
  • "WEEK"
  • "MONTH"
  • "YEAR"

例:

"baseSalary": {
  "@type": "MonetaryAmount",
  "currency": "USD",
  "value": {
    "@type": "QuantitativeValue",
    "value": 40.00,
    "unitText": "HOUR"
  }
}

給与の範囲を指定する場合は、value ではなく、minValuemaxValue を定義します。例:

"baseSalary": {
  "@type": "MonetaryAmount",
  "currency": "USD",
  "value": {
    "@type": "QuantitativeValue",
    "minValue": 40.00,
    "maxValue": 50.00,
    "unitText": "HOUR"
  }
}
employmentType

Text

雇用形態。例:

"employmentType": "CONTRACTOR"

次の値(大文字と小文字を区別)から 1 つ以上を選択します。

  • "FULL_TIME"
  • "PART_TIME"
  • "CONTRACTOR"
  • "TEMPORARY"
  • "INTERN"
  • "VOLUNTEER"
  • "PER_DIEM"
  • "OTHER"

employmentType プロパティは複数含めることができます。例:

"employmentType": ["FULL_TIME", "CONTRACTOR"]
identifier

PropertyValue

求人に関する採用側組織の一意の識別子。

例:

"identifier": {
  "@type": "PropertyValue",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "value": "1234567"
}

困ったときに

求人情報が求人のエンリッチ リザルトに表示されない場合や、Search Console でスパム行為のある構造化マークアップの手動による対策を受けた場合は、下記の一般的な問題の解決策をお試しください。それでも問題が解決しない場合は、ガイドラインを確認してください。

構造化データが間違ったページにある

error 問題の原因: 求人リストのページ(1 件または複数の求人情報を含む検索結果ページ)に JobPosting 構造化データがあります。JobPosting 構造化データは、求人情報ページ(1 件の求人を含むページで、検索結果ページではないページ)にのみ配置する必要があります。「構造化データのポリシー違反 - リスティング ページに個々の求人の構造化データを含めることはできません」という Search Console のメッセージが表示される場合があります。

done 問題を修正する

  1. JobPosting 構造化データをリストページから削除します。JobPosting 構造化データは、1 件の求人情報の専用ページにのみ配置してください。
  2. 問題を解決したら、再審査を受けるためにサイトを送信します。

コンテンツが構造化データと一致しない

error 問題の原因: そのページの構造化データと一致しないコンテンツがページに含まれています。たとえば、ページ上の職務名が title プロパティで指定されている値と一致しない場合があります。スパム行為のあるコンテンツ(クリックベイトの名称や説明など)、偽の求人、求人情報が実際の仕事を表現していない場合なども考えられます。例の詳細なリストについては、コンテンツ ガイドラインの例をご覧ください。「構造化データのポリシー違反 - ページ上のコンテンツがページの構造化データと異なっています」という Search Console のメッセージが表示される場合があります。

done 問題を修正する

  1. 構造化データがページ上の実際のコンテンツと一致していて、実際の仕事を表現しており、ユーザーを誤解させないことを確認します。
  2. Fetch as Google を使用して、レンダリングされたページにコンテンツが表示されていることを確認します(レンダリングされたページは Googlebot から見えるページの状態です)。
  3. 問題を解決したら、再審査を受けるためにサイトを送信します。

期限切れの求人がまだ公開されている

error 問題の原因: 求人の有効期限が切れているにもかかわらず、まだユーザーが求人のエンリッチ リザルトからそのページにアクセスできるようになっている場合は、通常、次のような理由があります。

  • validThrough プロパティがないか、過去の日付に設定されていません。
  • ページがまだ公開されています。
  • 求人情報の応募機能のフローが期限切れになった求人情報ページにリンクしています。
  • 求人が期限切れになっても、JobPosting 構造化データがページにまだ存在しています。

「構造化データのポリシー違反 - 有効期限が切れた求人の JobPosting 構造化データ」という Search Console のメッセージが表示される場合があります。

done 問題を修正する

  1. 次のいずれかの方法で、期限が切れた求人情報を削除します。
    • validThrough プロパティが設定されていて、その期間を過ぎていることを確認します。
    • ページを完全に削除します(ページのリクエストに対して 404 または 410 ステータス コードが返されるようになります)。
    • JobPosting 構造化データをページから削除します。
  2. Indexing API を使用して、常に情報が Google に提供されるようにします。Indexing API を使用しない場合は、次の URL に GET リクエストを送ることにより、新しいサイトマップを Google に送信します。
    http://www.google.com/ping?sitemap=location_of_sitemap
  3. 問題を解決したら、再審査を受けるためにサイトを送信します。

応募機能がない

error 問題の原因: 求人情報ページ上に、ユーザーが求人に応募するための手段がありません。「構造化データのポリシー違反 - 求人ページで申し込みを送信できません」という Search Console のメッセージが表示される場合があります。

done 問題を修正する

  1. ページ上に、ユーザーが求人に応募する方法を用意します。
  2. 問題を解決したら、再審査を受けるためにサイトを送信します。

ロゴが間違っている

error 問題の原因: サイトにナレッジグラフがないか、ナレッジグラフでサイトのロゴではない間違った画像が表示されています。Google は、会社のナレッジグラフ カードに表示されている画像と同じロゴを求人情報に使用します。Google がロゴを選択する仕組みについて詳しくは、会社のロゴを更新するをご覧ください。

done 問題を修正する

この問題を修正する方法は 2 つあります。

  • hiringOrganization.logo プロパティにより、正しいロゴを指定します。 構造化データの更新はナレッジグラフの更新よりも早く済み、ナレッジグラフの検証をする必要もありません。
  • ナレッジグラフの変更を提案します。 ナレッジグラフを更新すると、Google での組織の掲載方法をより詳細に管理できますが、更新に時間がかかることがあります。ロゴの問題をすぐに修正する必要がある場合は、hiringOrganization.logo プロパティを追加してください。

求人の地域が実在しないか間違っている

error 問題の原因: jobLocation プロパティや、addressLocality プロパティ、addressRegion プロパティに指定された値が Googlebot で認識されていません。Google は地域情報を実際の場所と一致させようとしますが、指定された地域は実在しないか、間違っています。

done 問題を修正する

  1. 構造化データに jobLocationaddressLocality、または addressRegion の値が含まれていることを確認します(地域によって異なります。地域に関するすべてのプロパティが該当するわけではありません)。
  2. 地域の修正を検証します。
    1. 構造化データ テストツールを開きます。
    2. 求人情報の URL を [URL を取得] 欄に入力します。
    3. [検証] をクリックします。
    4. [プレビュー] をクリックします。

      成功: Google 検索プレビュー ツールに正しい求人情報の地域が表示されます。

      やり直し: Google 検索プレビュー ツールで求人の地域を表示すべき場所に「false」と表示されます。地域が実在の場所かどうか確認してください。

フィードバックを送信...