アドオンを使用して Google フォームを拡張

Google フォームは、リアルタイムのコラボレーション ツールと、フォームの質問をカスタマイズするための強力なツールを備えた、クラウドベースのアンケートおよび調査ソリューションです。Google フォームはオンライン テストの作成にも使用できます。

アドオンで Google フォームを拡張することで、ユーザーが新しいアンケートを作成し、サードパーティ システムへの接続を確立し、フォームデータを他の Google Workspace アプリケーション(Google スプレッドシートなど)と統合できるようになります。

他のユーザーが作成したフォーム アドオンは Google Workspace Marketplace で確認できます。

可能な操作

Google フォームを拡張するアドオンを使用すると、次のようなことができます。

  • 組み込みの Apps Script フォーム サービスを使用して、Google フォームを作成、アクセス、編集できます。スプレッドシート サービスを使用すると、フォームの回答が保存されている Google スプレッドシートにアクセスできます。
  • フォームの動作は、フォーム サービスを使用してアドオンから制御できます。たとえば、フォームが回答を受け入れているか、確認メッセージを回答者に送信するかを決定できます。
  • カスタム メニューを作成し、標準の HTML と CSS を使用して複数のカスタム ダイアログとサイドバー インターフェースを定義できます。これらの UI コンポーネントは、回答者に表示されるフォームではなく、Google フォーム エディタを拡張します。
  • アドオントリガーを使用すると、特定のトリガー イベントが発生したときに、指定された関数を実行できます。たとえば、form-submit インストール可能トリガーを使用すると、ユーザーがフォームの回答を送信するたびにアドオンが反応します。

フォームの構造

Google フォームは、タイトル、説明、フォームに関する質問で構成されています。 フォームの回答が収集される Google スプレッドシートをフォームに関連付けることもできます。

フォームの質問ごとに、回答者に求める情報の種類を示すタイプや、静的なフォーム要素(画像や動画など)があります。各タイプは、Apps Script フォーム サービス内のオブジェクトによって表されます。フォーム アドオンを使用すると、次のフォーム要素を追加、変更、並べ替え、削除できます。

テスト

フォームはテストとしても活用できます。フォームをテストとして指定すると、フォームの問題ごとに点数とフィードバックを割り当てることができます。点数を設定することで、テストの採点をカスタマイズできます。フォーム サービスQuizFeedback クラスで表されるフィードバックは、関連するフォームの質問に回答した後に回答者に表示されるテキストとリンクです。

Triggers

Apps Script のトリガーを使用すると、フォームの送信やアドオンのインストールなど、特定の条件が満たされたときに、スクリプト プロジェクトが指定された関数を実行できます。

フォーム アドオンで使用できるトリガーと、その使用に適用される制限について詳しくは、アドオン トリガーをご覧ください。