Spreadsheet Service

スプレッドシート

このサービスを使用すると、スクリプトで Google スプレッドシート ファイルの作成、アクセス、変更を行うことができます。スプレッドシートへのデータの保存ガイドもご覧ください。

1 つのメソッドに対して複数の呼び出しを行う場合など、パフォーマンス向上のためにスプレッドシートのオペレーションがバンドルされている場合もあります。スクリプトの実行中にユーザーに情報を表示する場合など、保留中の変更をすべて直ちに処理したい場合は、SpreadsheetApp.flush() を呼び出します。

クラス

Name概要
AutoFillSeries自動入力される値の計算に使用される系列を列挙します。
Banding範囲の行または列に適用される縞模様(カラーパターン)にアクセスして変更します。
BandingThemeバンディングテーマを列挙したものです。
BigQueryDataSourceSpec既存の BigQuery データソース仕様にアクセスします。
BigQueryDataSourceSpecBuilderBigQueryDataSourceSpecBuilder のビルダー。
BooleanConditionConditionalFormatRules のブール条件にアクセスします。
BooleanCriteria条件付き書式またはフィルタで使用できるブール値の条件を表す列挙型。
BorderStyleRange.setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style) を使用して範囲に設定できるスタイル。
CellImageセルに追加する画像を表します。
CellImageBuilderCellImage のビルダー。
Color色の表現。
ColorBuilderColorBuilder のビルダー。
ConditionalFormatRule条件付き書式ルールにアクセスします。
ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのビルダー。
ContainerInfoシート内のグラフの位置にアクセスします。
CopyPasteType可能な特殊なペーストタイプの列挙です。
DataExecutionErrorCodeデータ実行エラーコードの列挙。
DataExecutionStateデータ実行状態の列挙。
DataExecutionStatusデータの実行ステータス。
DataSource既存のデータソースにアクセスして変更する。
DataSourceChart既存のデータソースのグラフにアクセスして変更します。
DataSourceColumnデータソースの列にアクセスして変更します。
DataSourceFormula既存のデータソースの数式にアクセスして変更する。
DataSourceParameter既存のデータソース パラメータにアクセスします。
DataSourceParameterTypeデータソース パラメータの型の列挙型。
DataSourcePivotTable既存のデータソースのピボット テーブルにアクセスして変更する。
DataSourceRefreshSchedule既存の更新スケジュールにアクセスして変更する。
DataSourceRefreshScheduleFrequency更新スケジュールの頻度(更新頻度とタイミングを指定する)にアクセスします。
DataSourceRefreshScope更新のスコープを列挙します。
DataSourceSheet既存のデータソース シートにアクセスして変更する。
DataSourceSheetFilter既存のデータソース シートのフィルタにアクセスして変更する。
DataSourceSpec既存のデータソース仕様の全般設定にアクセスします。
DataSourceSpecBuilderDataSourceSpec のビルダー。
DataSourceTable既存のデータソース テーブルにアクセスして変更します。
DataSourceTableColumnDataSourceTable の既存の列にアクセスして変更する。
DataSourceTableFilter既存のデータソース テーブル フィルタにアクセスして変更します。
DataSourceTypeデータソース タイプの列挙型。
DataValidationデータの入力規則にアクセスします。
DataValidationBuilderデータ入力規則のビルダー。
DataValidationCriteria範囲に対して設定できるデータ検証基準を表す列挙型。
DateTimeGroupingRule既存の日時グループ化ルールにアクセスします。
DateTimeGroupingRuleType日時のグループ化ルールのタイプ。
DeveloperMetadataデベロッパー メタデータにアクセスして変更する。
DeveloperMetadataFinderスプレッドシートでデベロッパーのメタデータを検索する。
DeveloperMetadataLocationデベロッパー メタデータの位置情報にアクセスする。
DeveloperMetadataLocationTypeデベロッパー メタデータのロケーション タイプのタイプを列挙します。
DeveloperMetadataVisibilityデベロッパー メタデータの公開設定を列挙します。
Dimensionスプレッドシートに保存できるデータの方向を列挙したものです。
Direction矢印キーを使用してスプレッドシート内で移動できる方向を列挙する列挙型。
Drawingスプレッドシート内のシート上の描画を表します。
EmbeddedAreaChartBuilder面グラフのビルダー。
EmbeddedBarChartBuilder棒グラフのビルダー。
EmbeddedChartスプレッドシートに埋め込まれたグラフを表します。
EmbeddedChartBuilderEmbeddedChart の編集に使用するビルダー。
EmbeddedColumnChartBuilder縦棒グラフのビルダー。
EmbeddedComboChartBuilder複合グラフのビルダー。
EmbeddedHistogramChartBuilderヒストグラム グラフのビルダー。
EmbeddedLineChartBuilder折れ線グラフのビルダー。
EmbeddedPieChartBuilder円グラフのビルダー。
EmbeddedScatterChartBuilder散布図のビルダー。
EmbeddedTableChartBuilder表グラフのビルダー。
Filterこのクラスを使用して、デフォルトのシートタイプである Grid シートの既存のフィルタを変更します。
FilterCriteriaこのクラスを使用して、既存のフィルタに関する情報を取得したり、既存のフィルタの条件をコピーしたりできます。
FilterCriteriaBuilderフィルタに条件を追加するには、次の操作を行います。
  1. SpreadsheetApp.newFilterCriteria() を使用して条件ビルダーを作成します。
  2. このクラスのメソッドを使用して、設定をビルダーに追加します。
  3. build() を使って、指定した設定を使って条件を作成します。
FrequencyType頻度型の列挙型。
GradientConditionConditionalFormatRuleApis でグラデーション(色)条件にアクセスします。
Groupスプレッドシート グループにアクセスして変更する。
GroupControlTogglePositionグループ コントロールの切り替えに配置できる可能性のある位置を表す列挙型。
InterpolationTypeConditionalFormatRuleGradientCondition で使用する値を計算するための補間オプションを表す列挙型。
NamedRangeスプレッドシートで名前付き範囲を作成、アクセス、変更できます。
OverGridImageスプレッドシートのグリッド上にある画像を表します。
PageProtection以前のバージョンの Google スプレッドシートで、保護されているシートへのアクセスと変更を行います。
PivotFilterピボット テーブルのフィルタにアクセスして変更できます。
PivotGroupピボット テーブルのブレイクアウト グループにアクセスして変更する。
PivotGroupLimitピボット テーブル グループの上限にアクセスして変更する。
PivotTableピボット テーブルにアクセスして変更する。
PivotTableSummarizeFunctionピボット テーブルのデータを集計する関数の列挙です。
PivotValueピボット テーブルの値グループにアクセスして変更できます。
PivotValueDisplayTypeピボット値を別の値の関数として表示する方法を列挙したものです。
Protection保護されている範囲やシートへのアクセスと変更。
ProtectionType編集から保護できるスプレッドシートの部分を表す列挙型。
Rangeスプレッドシートの範囲にアクセスして変更する。
RangeList同じシート内の 1 つ以上の Range インスタンスのコレクション。
RecalculationIntervalスプレッドシートの再計算に使用される可能性のある間隔を表す列挙型。
RelativeDate日付ベースの BooleanCriteria で使用する値を計算するための相対日付オプションを表す列挙型。
RichTextValueセルテキストを表すための定型化されたテキスト文字列。
RichTextValueBuilderリッチテキスト値のビルダー。
Selectionアクティブ シートで現在アクティブな選択内容にアクセスします。
Sheetスプレッドシート シートにアクセスして変更する。
SheetTypeスプレッドシート内に存在できるシートの種類。
Slicerスライサーを表します。これは、範囲、グラフ、ピボット テーブルをコラボレーション以外の方法でフィルタリングするために使用されます。
SortOrder並べ替え順を表す列挙型。
SortSpec並べ替えの仕様。
SpreadsheetGoogle スプレッドシート ファイルにアクセスして変更する。
SpreadsheetAppGoogle スプレッドシート ファイルにアクセスして作成する。
SpreadsheetTheme既存のテーマにアクセスして変更する。
TextDirectionテキスト方向の列挙。
TextFinder範囲、シート、スプレッドシート内のテキストを検索または置換します。
TextRotationセルのテキスト回転設定にアクセスします。
TextStyleセル内のテキストの表示スタイル。
TextStyleBuilderテキスト スタイルのビルダー。
TextToColumnsDelimiterテキストの列を複数の列に分割できるプリセット区切り文字の種類の列挙。
ThemeColorテーマカラーの表現。
ThemeColorTypeテーマでサポートされているさまざまなカラーエントリを記述する列挙型。
ValueTypeスプレッドシート サービスの Range クラスから Range.getValue()Range.getValues() によって返される値の型の列挙型です。
WrapStrategyセルテキストの折り返しを処理するために使用される戦略を列挙します。

AutoFillSeries

プロパティ

プロパティタイプ説明
DEFAULT_SERIESEnumデフォルトです。
ALTERNATE_SERIESEnumこの設定が自動入力されると、拡張された範囲内の空のセルに既存の値のコピーが入力されます。

Banding

Methods

メソッド戻り値の型概要
copyTo(range)Bandingこの縞模様を別の範囲にコピーします。
getFirstColumnColorObject()Color縞模様の最初の交互の列の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
getFirstRowColorObject()Color最初の交互の行の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
getFooterColumnColorObject()Colorバンディングの最後の列の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
getFooterRowColorObject()Color縞模様の最後の行の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
getHeaderColumnColorObject()Color縞模様の最初の列の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
getHeaderRowColorObject()Colorヘッダー行の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
getRange()Rangeこの縞模様の範囲を返します。
getSecondColumnColorObject()Color縞模様内の 2 番目の交互の列の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
getSecondRowColorObject()Color2 番目の交互の行の色を返します。色が設定されていない場合は null を返します。
remove()voidこの縞模様を削除します。
setFirstColumnColor(color)Banding交互に表示する最初の列の色を設定します。
setFirstColumnColorObject(color)Banding縞模様のある 1 つ目の交互の列の色を設定します。
setFirstRowColor(color)Banding交互に表示する 1 行目の色を設定します。
setFirstRowColorObject(color)Bandingバンディングの 1 行目の交互の行の色を設定します。
setFooterColumnColor(color)Banding最後の列の色を設定します。
setFooterColumnColorObject(color)Banding縞模様の最後の列の色を設定します。
setFooterRowColor(color)Banding最後の行の色を設定します。
setFooterRowColorObject(color)Bandingバンディングのフッター行の色を設定します。
setHeaderColumnColor(color)Bandingヘッダー列の色を設定します。
setHeaderColumnColorObject(color)Bandingヘッダー列の色を設定します。
setHeaderRowColor(color)Bandingヘッダー行の色を設定します。
setHeaderRowColorObject(color)Bandingヘッダー行の色を設定します。
setRange(range)Bandingこの縞模様の範囲を設定します。
setSecondColumnColor(color)Banding交互に表示する 2 番目の列の色を設定します。
setSecondColumnColorObject(color)Banding縞模様に 2 つ目の交互の列の色を設定します。
setSecondRowColor(color)Banding交互に表示する 2 行目の色を設定します。
setSecondRowColorObject(color)Banding縞模様に 2 つ目の交互色を設定します。

BandingTheme

プロパティ

プロパティタイプ説明
LIGHT_GREYEnumライトグレーの縞模様。
CYANEnumシアンのバンディングのテーマ。
GREENEnum緑色の縞模様がテーマ。
YELLOWEnum黄色の縞模様がテーマ。
ORANGEEnumオレンジ色の縞模様が描かれたテーマ。
BLUEEnum青い縞模様のテーマ。
TEALEnum青緑の縞模様が描かれたテーマ。
GREYEnumグレーの縞模様。
BROWNEnum茶色の帯状のテーマ。
LIGHT_GREENEnumライトグリーンの縞模様。
INDIGOEnum藍色の縞模様。
PINKEnumピンクの縞模様。

BigQueryDataSourceSpec

Methods

メソッド戻り値の型概要
copy()DataSourceSpecBuilderこのデータソースの設定に基づいて DataSourceSpecBuilder を作成します。
getDatasetId()StringBigQuery データセット ID を取得します。
getParameters()DataSourceParameter[]データソースのパラメータを取得します。
getProjectId()String課金プロジェクト ID を取得します。
getRawQuery()String未加工のクエリ文字列を取得します。
getTableId()StringBigQuery テーブル ID を取得します。
getTableProjectId()Stringテーブルの BigQuery プロジェクト ID を取得します。
getType()DataSourceTypeデータソースのタイプを取得します。

BigQueryDataSourceSpecBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
build()DataSourceSpecこのビルダーの設定からデータソース仕様を作成します。
copy()DataSourceSpecBuilderこのデータソースの設定に基づいて DataSourceSpecBuilder を作成します。
getDatasetId()StringBigQuery データセット ID を取得します。
getParameters()DataSourceParameter[]データソースのパラメータを取得します。
getProjectId()String課金プロジェクト ID を取得します。
getRawQuery()String未加工のクエリ文字列を取得します。
getTableId()StringBigQuery テーブル ID を取得します。
getTableProjectId()Stringテーブルの BigQuery プロジェクト ID を取得します。
getType()DataSourceTypeデータソースのタイプを取得します。
removeAllParameters()BigQueryDataSourceSpecBuilderすべてのパラメータを削除します。
removeParameter(parameterName)BigQueryDataSourceSpecBuilder指定したパラメータを削除します。
setDatasetId(datasetId)BigQueryDataSourceSpecBuilderBigQuery データセット ID を設定します。
setParameterFromCell(parameterName, sourceCell)BigQueryDataSourceSpecBuilderパラメータを追加するか、この名前のパラメータが存在する場合は、そのソースセルを更新します。
setProjectId(projectId)BigQueryDataSourceSpecBuilderBigQuery の課金プロジェクト ID を設定します。
setRawQuery(rawQuery)BigQueryDataSourceSpecBuilder未加工のクエリ文字列を設定します。
setTableId(tableId)BigQueryDataSourceSpecBuilderBigQuery テーブル ID を設定します。
setTableProjectId(projectId)BigQueryDataSourceSpecBuilderテーブルの BigQuery プロジェクト ID を設定します。

BooleanCondition

Methods

メソッド戻り値の型概要
getBackgroundObject()Colorこのブール値の条件の背景色を取得します。
getBold()Booleanこのブール条件がテキストを太字にする場合、true を返し、このブール条件によってテキストから太字が取り除かれた場合は false を返します。
getCriteriaType()BooleanCriteriaBooleanCriteria 列挙型で定義されているルールの条件タイプを取得します。
getCriteriaValues()Object[]ルールの条件に対応する引数の配列を取得します。
getFontColorObject()Colorこのブール条件のフォント色を取得します。
getItalic()Booleanこのブール条件がテキストを斜体にした場合は true を返し、このブール条件によってテキストから斜体を削除すると false を返します。
getStrikethrough()Booleanこのブール条件がテキストをストライクした場合は true を返し、このブール条件がテキストから取り消し線を削除すると false を返します。
getUnderline()Booleanこのブール条件がテキストに下線を引く場合は true を返し、このブール条件によってテキストから下線を削除する場合は false を返します。

BooleanCriteria

プロパティ

プロパティタイプ説明
CELL_EMPTYEnumセルが空の場合、条件が満たされます。
CELL_NOT_EMPTYEnumセルが空でない場合、条件が満たされています。
DATE_AFTEREnum日付が指定された値より後の場合、条件は満たされます。
DATE_BEFOREEnum日付が指定された値より前である場合、条件は満たされます。
DATE_EQUAL_TOEnum日付が指定された値と等しいときに、条件が満たされます。
DATE_NOT_EQUAL_TOEnum日付が指定された値と等しくない場合、条件は満たされます。
DATE_AFTER_RELATIVEEnum日付が相対日付値より後の場合、条件は満たされます。
DATE_BEFORE_RELATIVEEnum日付が相対日付値よりも前の場合に条件が満たされます。
DATE_EQUAL_TO_RELATIVEEnum日付が相対日付値と等しい場合に条件が満たされます。
NUMBER_BETWEENEnum指定した値の範囲内にある数値が条件に一致します。
NUMBER_EQUAL_TOEnum数値が指定された値と等しい場合、条件は満たされます。
NUMBER_GREATER_THANEnum数値が指定された値より大きい場合、条件が満たされます。
NUMBER_GREATER_THAN_OR_EQUAL_TOEnum数値が指定された値以上の場合に条件が満たされます。
NUMBER_LESS_THANEnum数値が指定された値より小さい場合、条件が満たされます。
NUMBER_LESS_THAN_OR_EQUAL_TOEnum数値が指定された値以下である場合、条件が満たされます。
NUMBER_NOT_BETWEENEnum指定した値の範囲にない数値が条件に一致している。
NUMBER_NOT_EQUAL_TOEnum数値が指定された値と等しくない場合、条件が満たされます。
TEXT_CONTAINSEnum入力に指定された値が含まれている場合、条件が満たされます。
TEXT_DOES_NOT_CONTAINEnum指定した値が入力内容に含まれない場合、条件が満たされます。
TEXT_EQUAL_TOEnum入力が指定された値と等しいときに条件が満たされます。
TEXT_NOT_EQUAL_TOEnum入力が指定された値と等しくない場合、条件が満たされます。
TEXT_STARTS_WITHEnum入力が指定された値で始まる場合、条件は満たされます。
TEXT_ENDS_WITHEnum入力が指定された値で終わると、条件が満たされます。
CUSTOM_FORMULAEnum入力によって特定の数式が true と評価されると、条件が満たされます。

BorderStyle

プロパティ

プロパティタイプ説明
DOTTEDEnum点線の枠線。
DASHEDEnum破線の枠線。
SOLIDEnum細い実線の枠線。
SOLID_MEDIUMEnum中程度の実線の枠線。
SOLID_THICKEnum太い実線の枠線。
DOUBLEEnum2 本の実線の枠線。

CellImage

プロパティ

プロパティタイプ説明
valueTypeValueType画像の値のタイプを表す ValueType.IMAGE に設定されたフィールド。

Methods

メソッド戻り値の型概要
getAltTextDescription()Stringこの画像の代替テキストの説明を返します。
getAltTextTitle()Stringこの画像の代替テキストのタイトルを返します。
getContentUrl()StringGoogle がホストする画像の URL を返します。
getUrl()String画像のソース URL を取得します。URL を使用できない場合は null を返します。
toBuilder()CellImageBuilder画像をセルに配置できるように、画像を画像値の型に変換するビルダーを作成します。

CellImageBuilder

プロパティ

プロパティタイプ説明
valueTypeValueType画像の値のタイプを表す ValueType.IMAGE に設定されたフィールド。

Methods

メソッド戻り値の型概要
build()CellImageセルに画像を追加するために必要な画像値の型を作成します。
getAltTextDescription()Stringこの画像の代替テキストの説明を返します。
getAltTextTitle()Stringこの画像の代替テキストのタイトルを返します。
getContentUrl()StringGoogle がホストする画像の URL を返します。
getUrl()String画像のソース URL を取得します。URL を使用できない場合は null を返します。
setAltTextDescription(description)CellImageこの画像の代替テキストの説明を設定します。
setAltTextTitle(title)CellImageこの画像の代替テキストのタイトルを設定します。
setSourceUrl(url)CellImageBuilder画像のソース URL を設定します。
toBuilder()CellImageBuilder画像をセルに配置できるように、画像を画像値の型に変換するビルダーを作成します。

Color

Methods

メソッド戻り値の型概要
asRgbColor()RgbColorこの色を RgbColor に変換します。
asThemeColor()ThemeColorこの色を ThemeColor に変換します。
getColorType()ColorTypeこの色のタイプを取得します。

ColorBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
asRgbColor()RgbColorこの色を RgbColor に変換します。
asThemeColor()ThemeColorこの色を ThemeColor に変換します。
build()Colorビルダーに渡された設定からカラー オブジェクトを作成します。
getColorType()ColorTypeこの色のタイプを取得します。
setRgbColor(cssString)ColorBuilderRGB カラーとして設定します。
setThemeColor(themeColorType)ColorBuilderテーマの色として設定します。

ConditionalFormatRule

Methods

メソッド戻り値の型概要
copy()ConditionalFormatRuleBuilderこのルールの設定を含むルール作成ツールのプリセットを返します。
getBooleanCondition()BooleanConditionこのルールがブール条件条件を使用する場合、ルールの BooleanCondition 情報を取得します。
getGradientCondition()GradientConditionこのルールでグラデーション条件の条件を使用する場合は、ルールの GradientCondition 情報を取得します。
getRanges()Range[]この条件付き書式ルールが適用される範囲を取得します。

ConditionalFormatRuleBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
build()ConditionalFormatRuleビルダーに適用されている設定から条件付き書式ルールを作成します。
copy()ConditionalFormatRuleBuilderこのルールの設定を含むルール作成ツールのプリセットを返します。
getBooleanCondition()BooleanConditionこのルールがブール条件条件を使用する場合、ルールの BooleanCondition 情報を取得します。
getGradientCondition()GradientConditionこのルールでグラデーション条件の条件を使用する場合は、ルールの GradientCondition 情報を取得します。
getRanges()Range[]この条件付き書式ルールが適用される範囲を取得します。
setBackground(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式の背景色を設定します。
setBackgroundObject(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式の背景色を設定します。
setBold(bold)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式にテキストを太字にします。
setFontColor(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式のフォントの色を設定します。
setFontColorObject(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式のフォントの色を設定します。
setGradientMaxpoint(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの最大値をクリアし、ルールの範囲の最大値を使用します。
setGradientMaxpointObject(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの最大値をクリアし、ルールの範囲の最大値を使用します。
setGradientMaxpointObjectWithValue(color, type, value)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの maxpoint フィールドを設定します。
setGradientMaxpointWithValue(color, type, value)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの maxpoint フィールドを設定します。
setGradientMidpointObjectWithValue(color, type, value)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの中点フィールドを設定します。
setGradientMidpointWithValue(color, type, value)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの中点フィールドを設定します。
setGradientMinpoint(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの最小値をクリアし、ルールの範囲の最小値を使用します。
setGradientMinpointObject(color)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの最小値をクリアし、ルールの範囲の最小値を使用します。
setGradientMinpointObjectWithValue(color, type, value)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの最小点フィールドを設定します。
setGradientMinpointWithValue(color, type, value)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールのグラデーションの最小点フィールドを設定します。
setItalic(italic)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式にテキストを斜体に設定します。
setRanges(ranges)ConditionalFormatRuleBuilderこの条件付き書式ルールを適用する範囲を 1 つ以上設定します。
setStrikethrough(strikethrough)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式に取り消し線を設定します。
setUnderline(underline)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールの書式に下線を引くテキストを設定します。
whenCellEmpty()ConditionalFormatRuleBuilderセルが空の場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenCellNotEmpty()ConditionalFormatRuleBuilderセルが空でない場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenDateAfter(date)ConditionalFormatRuleBuilder日付が指定値より後の場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenDateAfter(date)ConditionalFormatRuleBuilder日付が指定された相対日付より後の場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenDateBefore(date)ConditionalFormatRuleBuilder日付が指定した日付よりも前の場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenDateBefore(date)ConditionalFormatRuleBuilder日付が指定された相対日付よりも前の場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenDateEqualTo(date)ConditionalFormatRuleBuilder日付が指定した日付と等しい場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenDateEqualTo(date)ConditionalFormatRuleBuilder日付が指定された相対日付と等しい場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenFormulaSatisfied(formula)ConditionalFormatRuleBuilder指定された式が true と評価されたときにトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberBetween(start, end)ConditionalFormatRuleBuilder数値が指定された 2 つの値の間または指定された値のいずれかに該当する場合にトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberEqualTo(number)ConditionalFormatRuleBuilder数値が指定された値と等しい場合にトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberGreaterThan(number)ConditionalFormatRuleBuilder数値が指定された値より大きい場合にトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberGreaterThanOrEqualTo(number)ConditionalFormatRuleBuilder数値が指定された値以上になったときにトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberLessThan(number)ConditionalFormatRuleBuilder数値が指定された値より小さい場合にトリガーされる条件付き条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberLessThanOrEqualTo(number)ConditionalFormatRuleBuilder数値が指定された値以下の場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberNotBetween(start, end)ConditionalFormatRuleBuilder指定した 2 つの値の間で数値が一致しない場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenNumberNotEqualTo(number)ConditionalFormatRuleBuilder数値が指定された値と等しくない場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenTextContains(text)ConditionalFormatRuleBuilder入力に指定値が含まれる場合にトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
whenTextDoesNotContain(text)ConditionalFormatRuleBuilder入力に指定された値が含まれていない場合にトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
whenTextEndsWith(text)ConditionalFormatRuleBuilder入力が指定された値で終了したときにトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
whenTextEqualTo(text)ConditionalFormatRuleBuilder入力が指定された値と等しい場合にトリガーされる条件付き書式ルールを設定します。
whenTextStartsWith(text)ConditionalFormatRuleBuilder入力が指定された値で開始されたときにトリガーする条件付き書式ルールを設定します。
withCriteria(criteria, args)ConditionalFormatRuleBuilder条件付き書式ルールを、BooleanCriteria 値で定義された条件に設定します。通常は、既存のルールの criteriaarguments から取得されます。

ContainerInfo

Methods

メソッド戻り値の型概要
getAnchorColumn()Integerグラフの左側がこの列に固定されています。
getAnchorRow()Integerグラフの上部がこの行に固定されています。
getOffsetX()Integerグラフの左上隅は、アンカー列からこのピクセル数だけオフセットされます。
getOffsetY()Integerグラフの左上隅は、アンカー行からこのピクセル数だけオフセットされます。

CopyPasteType

プロパティ

プロパティタイプ説明
PASTE_NORMALEnum値、数式、書式、結合を貼り付けます。
PASTE_NO_BORDERSEnum値、数式、書式、結合を枠線なしで貼り付けます。
PASTE_FORMATEnum書式のみ貼り付けてください。
PASTE_FORMULAEnum数式のみを貼り付けます。
PASTE_DATA_VALIDATIONEnumデータの検証のみ貼り付けてください。
PASTE_VALUESEnum値のみ貼り付けてください。書式、数式、結合は含めないでください。
PASTE_CONDITIONAL_FORMATTINGEnum色のルールのみを貼り付けます。
PASTE_COLUMN_WIDTHSEnum列幅のみを貼り付けます。

DataExecutionErrorCode

プロパティ

プロパティタイプ説明
DATA_EXECUTION_ERROR_CODE_UNSUPPORTEDEnumApps Script でサポートされていないデータ実行のエラーコード。
NONEEnumデータの実行でエラーはありません。
TIME_OUTEnumデータの実行がタイムアウトしました。
TOO_MANY_ROWSEnumデータを実行すると、上限を超える行が返されます。
TOO_MANY_COLUMNSEnumデータの実行により、制限を超える列が返されます。
TOO_MANY_CELLSEnumデータを実行すると、制限を超える数のセルが返されます。
ENGINEEnumデータ実行エンジンでエラーが発生しました。
PARAMETER_INVALIDEnumデータ実行パラメータが無効です。
UNSUPPORTED_DATA_TYPEEnumデータを実行すると、サポートされていないデータ型が返されます。
DUPLICATE_COLUMN_NAMESEnumデータを実行すると、重複する列名が返されます。
INTERRUPTEDEnumデータの実行は中断される。
OTHEREnumその他のエラー。
TOO_MANY_CHARS_PER_CELLEnumデータを実行すると、1 つのセルに許容される最大文字数を超える値が返されます。
DATA_NOT_FOUNDEnumデータソースが参照しているデータベースが見つかりません。
PERMISSION_DENIEDEnumデータソースで参照されるデータベースへのアクセス権がありません。

DataExecutionState

プロパティ

プロパティタイプ説明
DATA_EXECUTION_STATE_UNSUPPORTEDEnumApps Script ではデータ実行状態はサポートされていません。
RUNNINGEnumデータの実行が開始され、実行されています。
SUCCESSEnumデータの実行が完了し、成功しました。
ERROREnumデータの実行が完了し、エラーが発生しました。
NOT_STARTEDEnumデータの実行は開始されていません。

DataExecutionStatus

Methods

メソッド戻り値の型概要
getErrorCode()DataExecutionErrorCodeデータ実行のエラーコードを取得します。
getErrorMessage()Stringデータ実行のエラー メッセージを取得します。
getExecutionState()DataExecutionStateデータ実行の状態を取得します。
getLastExecutionTime()Date実行状態に関係なく、最後のデータ実行が完了した時刻を取得します。
getLastRefreshedTime()Dateデータが最後に正常に更新された時刻を取得します。
isTruncated()Boolean最後に成功した実行のデータが切り捨てられた場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。

DataSource

Methods

メソッド戻り値の型概要
createCalculatedColumn(name, formula)DataSourceColumn計算された列を作成します。
createDataSourcePivotTableOnNewSheet()DataSourcePivotTable新しいシートの最初のセルに、このデータソースからデータソースのピボット テーブルを作成します。
createDataSourceTableOnNewSheet()DataSourceTable新しいシートの最初のセルに、このデータソースからデータソース テーブルを作成します。
getCalculatedColumnByName(columnName)DataSourceColumn列名と一致するデータソース内の計算された列を返します。
getCalculatedColumns()DataSourceColumn[]データソース内で計算されたすべての列を返します。
getColumns()DataSourceColumn[]データソース内のすべての列を返します。
getDataSourceSheets()DataSourceSheet[]このデータソースに関連付けられているデータソース シートを返します。
getSpec()DataSourceSpecデータソース仕様を取得します。
refreshAllLinkedDataSourceObjects()voidデータソースにリンクされているすべてのデータソース オブジェクトを更新します。
updateSpec(spec)DataSourceデータソース仕様を更新し、このデータソースにリンクされているデータソース オブジェクトを新しい仕様で更新します。
updateSpec(spec, refreshAllLinkedObjects)DataSourceデータソース仕様を更新し、リンクされている data source sheets を新しい仕様で更新します。
waitForAllDataExecutionsCompletion(timeoutInSeconds)voidリンクされたデータソース オブジェクトの現在の実行がすべて完了するまで待機し、指定された秒数後にタイムアウトします。

DataSourceChart

Methods

メソッド戻り値の型概要
forceRefreshData()DataSourceChart現在の状態に関係なく、このオブジェクトのデータを更新します。
getDataSource()DataSourceオブジェクトがリンクされているデータソースを取得します。
getStatus()DataExecutionStatusオブジェクトのデータ実行ステータスを取得します。
refreshData()DataSourceChartオブジェクトのデータを更新します。
waitForCompletion(timeoutInSeconds)DataExecutionStatus現在の実行が完了するまで待機し、指定された秒数後にタイムアウトします。

DataSourceColumn

Methods

メソッド戻り値の型概要
getDataSource()DataSourceデータソース列に関連付けられているデータソースを取得します。
getFormula()Stringデータソース列の数式を取得します。
getName()Stringデータソース列の名前を取得します。
hasArrayDependency()Boolean列に配列の依存関係があるかどうかを返します。
isCalculatedColumn()Boolean列が計算された列かどうかを返します。
remove()voidデータソース列を削除します。
setFormula(formula)DataSourceColumnデータソース列の式を設定します。
setName(name)DataSourceColumnデータソース列の名前を設定します。

DataSourceFormula

Methods

メソッド戻り値の型概要
forceRefreshData()DataSourceFormula現在の状態に関係なく、このオブジェクトのデータを更新します。
getAnchorCell()Rangeこのデータソース式が固定されているセルを表す Range を返します。
getDataSource()DataSourceオブジェクトがリンクされているデータソースを取得します。
getDisplayValue()Stringデータソースの数式の表示値を返します。
getFormula()Stringこのデータソース式の数式を返します。
getStatus()DataExecutionStatusオブジェクトのデータ実行ステータスを取得します。
refreshData()DataSourceFormulaオブジェクトのデータを更新します。
setFormula(formula)DataSourceFormula数式を更新します。
waitForCompletion(timeoutInSeconds)DataExecutionStatus現在の実行が完了するまで待機し、指定された秒数後にタイムアウトします。

DataSourceParameter

Methods

メソッド戻り値の型概要
getName()Stringパラメータ名を取得します。
getSourceCell()Stringパラメータが値を持つソースセルを取得します。パラメータの型が DataSourceParameterType.CELL でない場合は null を取得します。
getType()DataSourceParameterTypeパラメータの型を取得します。

DataSourceParameterType

プロパティ

プロパティタイプ説明
DATA_SOURCE_PARAMETER_TYPE_UNSUPPORTEDEnumApps Script でサポートされていないデータソース パラメータ タイプ。
CELLEnumデータソース パラメータはセルに基づいて値が設定されます。

DataSourcePivotTable

Methods

メソッド戻り値の型概要
addColumnGroup(columnName)PivotGroup指定されたデータソース列に基づいて新しいピボット列グループを追加します。
addFilter(columnName, filterCriteria)PivotFilter指定したフィルタ条件を使用して、指定したデータソース列に基づいて新しいフィルタを追加します。
addPivotValue(columnName, summarizeFunction)PivotValue指定された集計関数を使用して、指定されたデータソース列に基づいて新しいピボット値を追加します。
addRowGroup(columnName)PivotGroup指定されたデータソース列に基づいて新しいピボット行グループを追加します。
asPivotTable()PivotTableデータソースのピボット テーブルを通常のピボット テーブル オブジェクトとして返します。
forceRefreshData()DataSourcePivotTable現在の状態に関係なく、このオブジェクトのデータを更新します。
getDataSource()DataSourceオブジェクトがリンクされているデータソースを取得します。
getStatus()DataExecutionStatusオブジェクトのデータ実行ステータスを取得します。
refreshData()DataSourcePivotTableオブジェクトのデータを更新します。
waitForCompletion(timeoutInSeconds)DataExecutionStatus現在の実行が完了するまで待機し、指定された秒数後にタイムアウトします。

DataSourceRefreshSchedule

Methods

メソッド戻り値の型概要
getFrequency()DataSourceRefreshScheduleFrequency更新スケジュールの頻度を取得し、更新するタイミングと頻度を指定します。
getScope()DataSourceRefreshScopeこの更新スケジュールのスコープを取得します。
getTimeIntervalOfNextRun()TimeIntervalこの更新スケジュールの次回の実行の時間枠を取得します。
isEnabled()Booleanこの更新スケジュールを有効にするかどうかを指定します。

DataSourceRefreshScheduleFrequency

Methods

メソッド戻り値の型概要
getDaysOfTheMonth()Integer[]データソースを更新する日を数値(1 ~ 28)で取得します。
getDaysOfTheWeek()Weekday[]データソースを更新する曜日を取得します。
getFrequencyType()FrequencyType頻度タイプを取得します。
getStartHour()Integer更新スケジュールを実行する時間間隔の開始時間を(0 ~ 23 の数値で)取得します。

DataSourceRefreshScope

プロパティ

プロパティタイプ説明
DATA_SOURCE_REFRESH_SCOPE_UNSUPPORTEDEnumデータソースの更新スコープはサポートされていません。
ALL_DATA_SOURCESEnum更新は、スプレッドシート内のすべてのデータソースに適用されます。

DataSourceSheet

Methods

メソッド戻り値の型概要
addFilter(columnName, filterCriteria)DataSourceSheetデータソース シートに適用されるフィルタを追加します。
asSheet()Sheetデータソース シートを通常のシート オブジェクトとして返します。
autoResizeColumn(columnName)DataSourceSheet指定した列の幅を自動的に変更します。
autoResizeColumns(columnNames)DataSourceSheet指定した列の幅を自動的に変更します。
forceRefreshData()DataSourceSheet現在の状態に関係なく、このオブジェクトのデータを更新します。
getColumnWidth(columnName)Integer指定された列の幅を返します。
getDataSource()DataSourceオブジェクトがリンクされているデータソースを取得します。
getFilters()DataSourceSheetFilter[]データソース シートに適用されているすべてのフィルタを返します。
getSheetValues(columnName)Object[]指定した列名に対応するデータソース シートのすべての値を返します。
getSheetValues(columnName, startRow, numRows)Object[]指定された開始行(1 ベース)から numRows までの指定された列名に対するデータソース シートのすべての値を返します。
getSortSpecs()SortSpec[]データソース シートのすべての並べ替え仕様を取得します。
getStatus()DataExecutionStatusオブジェクトのデータ実行ステータスを取得します。
refreshData()DataSourceSheetオブジェクトのデータを更新します。
removeFilters(columnName)DataSourceSheetデータソース シートの列に適用されているすべてのフィルタを削除します。
removeSortSpec(columnName)DataSourceSheetデータソース シートの列の並べ替えの仕様を削除します。
setColumnWidth(columnName, width)DataSourceSheet指定された列の幅を設定します。
setColumnWidths(columnNames, width)DataSourceSheet指定された列の幅を設定します。
setSortSpec(columnName, ascending)DataSourceSheetデータソース シートの列の並べ替えの仕様を設定します。
setSortSpec(columnName, sortOrder)DataSourceSheetデータソース シートの列の並べ替えの仕様を設定します。
waitForCompletion(timeoutInSeconds)DataExecutionStatus現在の実行が完了するまで待機し、指定された秒数後にタイムアウトします。

DataSourceSheetFilter

Methods

メソッド戻り値の型概要
getDataSourceColumn()DataSourceColumnこのフィルタが適用されるデータソース列を返します。
getDataSourceSheet()DataSourceSheetこのフィルタが属する DataSourceSheet を返します。
getFilterCriteria()FilterCriteriaこのフィルタのフィルタ条件を返します。
remove()voidデータソース オブジェクトからこのフィルタを削除します。
setFilterCriteria(filterCriteria)DataSourceSheetFilterこのフィルタのフィルタ条件を設定します。

DataSourceSpec

Methods

メソッド戻り値の型概要
asBigQuery()BigQueryDataSourceSpecBigQuery データソースの仕様を取得します。
copy()DataSourceSpecBuilderこのデータソースの設定に基づいて DataSourceSpecBuilder を作成します。
getParameters()DataSourceParameter[]データソースのパラメータを取得します。
getType()DataSourceTypeデータソースのタイプを取得します。

DataSourceSpecBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
asBigQuery()BigQueryDataSourceSpecBuilderBigQuery データソースのビルダーを取得します。
build()DataSourceSpecこのビルダーの設定からデータソース仕様を作成します。
copy()DataSourceSpecBuilderこのデータソースの設定に基づいて DataSourceSpecBuilder を作成します。
getParameters()DataSourceParameter[]データソースのパラメータを取得します。
getType()DataSourceTypeデータソースのタイプを取得します。
removeAllParameters()DataSourceSpecBuilderすべてのパラメータを削除します。
removeParameter(parameterName)DataSourceSpecBuilder指定したパラメータを削除します。
setParameterFromCell(parameterName, sourceCell)DataSourceSpecBuilderパラメータを追加するか、この名前のパラメータが存在する場合は、そのソースセルを更新します。

DataSourceTable

Methods

メソッド戻り値の型概要
addColumns(columnNames)DataSourceTableデータソース テーブルに列を追加します。
addFilter(columnName, filterCriteria)DataSourceTableデータソース テーブルに適用されるフィルタを追加します。
addSortSpec(columnName, ascending)DataSourceTableデータソース テーブルの列に並べ替え仕様を追加します。
addSortSpec(columnName, sortOrder)DataSourceTableデータソース テーブルの列に並べ替え仕様を追加します。
forceRefreshData()DataSourceTable現在の状態に関係なく、このオブジェクトのデータを更新します。
getColumns()DataSourceTableColumn[]データソース テーブルに追加されたすべてのデータソース列を取得します。
getDataSource()DataSourceオブジェクトがリンクされているデータソースを取得します。
getFilters()DataSourceTableFilter[]データソース テーブルに適用されているすべてのフィルタを返します。
getRange()Rangeこのデータソース テーブルのスパン Range を取得します。
getRowLimit()Integerデータソース テーブルの行数の上限を返します。
getSortSpecs()SortSpec[]データソース テーブルのすべての並べ替え仕様を取得します。
getStatus()DataExecutionStatusオブジェクトのデータ実行ステータスを取得します。
isSyncingAllColumns()Booleanデータソース テーブルが、関連付けられたデータソース内のすべての列を同期しているかどうかを返します。
refreshData()DataSourceTableオブジェクトのデータを更新します。
removeAllColumns()DataSourceTableデータソース テーブル内のすべての列を削除します。
removeAllSortSpecs()DataSourceTableデータソース テーブルの並べ替えの仕様をすべて削除します。
setRowLimit(rowLimit)DataSourceTableデータソース テーブルの行数の上限を更新します。
syncAllColumns()DataSourceTable関連付けられたデータソース内の現在と今後のすべての列を、データソース テーブルに同期します。
waitForCompletion(timeoutInSeconds)DataExecutionStatus現在の実行が完了するまで待機し、指定された秒数後にタイムアウトします。

DataSourceTableColumn

Methods

メソッド戻り値の型概要
getDataSourceColumn()DataSourceColumnデータソース列を取得します。
remove()voidDataSourceTable から列を削除します。

DataSourceTableFilter

Methods

メソッド戻り値の型概要
getDataSourceColumn()DataSourceColumnこのフィルタが適用されるデータソース列を返します。
getDataSourceTable()DataSourceTableこのフィルタが属する DataSourceTable を返します。
getFilterCriteria()FilterCriteriaこのフィルタのフィルタ条件を返します。
remove()voidデータソース オブジェクトからこのフィルタを削除します。
setFilterCriteria(filterCriteria)DataSourceTableFilterこのフィルタのフィルタ条件を設定します。

DataSourceType

プロパティ

プロパティタイプ説明
DATA_SOURCE_TYPE_UNSUPPORTEDEnumApps Script でサポートされていないデータソースの種類。
BIGQUERYEnumBigQuery データソース。

DataValidation

Methods

メソッド戻り値の型概要
copy()DataValidationBuilderこのルールの設定に基づいて、データ入力規則のビルダーを作成します。
getAllowInvalid()Booleanルールが入力データの検証に失敗した場合に警告を表示する場合は true を返し、入力を完全に拒否する場合は false を返します。
getCriteriaType()DataValidationCriteriaDataValidationCriteria 列挙型で定義されているルールの条件タイプを取得します。
getCriteriaValues()Object[]ルールの条件に対応する引数の配列を取得します。
getHelpText()Stringルールのヘルプテキストを取得します。ヘルプテキストが設定されていない場合は null を取得します。

DataValidationBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
build()DataValidationビルダーに適用されている設定からデータ入力規則を作成します。
copy()DataValidationBuilderこのルールの設定に基づいて、データ入力規則のビルダーを作成します。
getAllowInvalid()Booleanルールが入力データの検証に失敗した場合に警告を表示する場合は true を返し、入力を完全に拒否する場合は false を返します。
getCriteriaType()DataValidationCriteriaDataValidationCriteria 列挙型で定義されているルールの条件タイプを取得します。
getCriteriaValues()Object[]ルールの条件に対応する引数の配列を取得します。
getHelpText()Stringルールのヘルプテキストを取得します。ヘルプテキストが設定されていない場合は null を取得します。
requireCheckbox()DataValidationBuilder入力がブール値であることを要求するようにデータ入力規則を設定します。この値はチェックボックスとして表示されます。
requireCheckbox(checkedValue)DataValidationBuilder入力が指定値または空白であることを要求するようにデータの入力規則を設定します。
requireCheckbox(checkedValue, uncheckedValue)DataValidationBuilder入力が指定された値のいずれかであることを要件とするデータ入力規則を設定します。
requireDate()DataValidationBuilder日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireDateAfter(date)DataValidationBuilder指定した値より後の日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireDateBefore(date)DataValidationBuilder指定された値より前の日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireDateBetween(start, end)DataValidationBuilder指定された 2 つの日付の間か、そのいずれかである日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireDateEqualTo(date)DataValidationBuilder指定された値と等しい日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireDateNotBetween(start, end)DataValidationBuilder指定された 2 つの日付の間で重ならず、かつ、どちらの日付でもない日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireDateOnOrAfter(date)DataValidationBuilder指定した値以降の日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireDateOnOrBefore(date)DataValidationBuilder指定された値以前の日付を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireFormulaSatisfied(formula)DataValidationBuilder指定された数式が true と評価されることを要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireNumberBetween(start, end)DataValidationBuilder指定された 2 つの数値の間にあるか、そのいずれかである数値を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireNumberEqualTo(number)DataValidationBuilder指定された値と等しい数値を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireNumberGreaterThan(number)DataValidationBuilder指定された値より大きい数値を要求するようにデータ入力ルールを設定します。
requireNumberGreaterThanOrEqualTo(number)DataValidationBuilder指定された値以上の数値を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireNumberLessThan(number)DataValidationBuilder指定した値より小さい数値を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireNumberLessThanOrEqualTo(number)DataValidationBuilder指定された値以下の数値を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireNumberNotBetween(start, end)DataValidationBuilder指定された 2 つの数値の範囲内に収まらない数、およびその値のいずれでもない数値を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireNumberNotEqualTo(number)DataValidationBuilder指定された値と等しくない数値を要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireTextContains(text)DataValidationBuilder入力に指定された値が含まれていることを要求するデータ入力規則を設定します。
requireTextDoesNotContain(text)DataValidationBuilder入力内容に指定された値が含まれないことを要求するデータ入力規則を設定します。
requireTextEqualTo(text)DataValidationBuilder入力が指定された値と等しいことを要求するデータ入力規則を設定します。
requireTextIsEmail()DataValidationBuilderメールアドレスの形式で入力が必須となるようにデータ入力規則を設定します。
requireTextIsUrl()DataValidationBuilder入力が URL の形式であることを要求するようにデータ入力規則を設定します。
requireValueInList(values)DataValidationBuilder入力が指定されたいずれかの値と等しいことを要求するデータ入力規則を設定します。
requireValueInList(values, showDropdown)DataValidationBuilder入力が指定された値のいずれかと等しいことを要求するデータ入力規則を設定します。プルダウン メニューを非表示にするオプションもあります。
requireValueInRange(range)DataValidationBuilder入力内容が指定された範囲内の値と等しいことを要求するデータ入力規則を設定します。
requireValueInRange(range, showDropdown)DataValidationBuilder入力が指定された範囲内の値と等しいことを要求するデータ入力規則を設定します。プルダウン メニューを非表示にするオプションもあります。
setAllowInvalid(allowInvalidData)DataValidationBuilder入力がデータ検証に失敗したときに警告を表示するか、入力を完全に拒否するかを設定します。
setHelpText(helpText)DataValidationBuilderデータ検証が設定されているセルにユーザーがカーソルを合わせたときに表示されるヘルプテキストを設定します。
withCriteria(criteria, args)DataValidationBuilderDataValidationCriteria 値で定義された条件にデータ検証ルールを設定します。通常は既存のルールの criteriaarguments から取得します。

DataValidationCriteria

プロパティ

プロパティタイプ説明
DATE_AFTEREnum指定した値より後の日付が必要です。
DATE_BEFOREEnum指定した値より前の日付が必要です。
DATE_BETWEENEnum指定した値の間の日付が必要です。
DATE_EQUAL_TOEnum指定した値と等しい日付を指定する必要があります。
DATE_IS_VALID_DATEEnum日付を指定する必要があります。
DATE_NOT_BETWEENEnum指定した値の範囲外の日付を指定する必要があります。
DATE_ON_OR_AFTEREnum指定した値以降の日付が必要です。
DATE_ON_OR_BEFOREEnum指定した値以前の日付が必要です。
NUMBER_BETWEENEnum指定した値の間の数値が必要です。
NUMBER_EQUAL_TOEnum指定された値と等しい数値が必要です。
NUMBER_GREATER_THANEnum指定した値より大きい数値が必要です。
NUMBER_GREATER_THAN_OR_EQUAL_TOEnum指定された値以上の数値が必要です。
NUMBER_LESS_THANEnum指定された値より小さい数値が必要です。
NUMBER_LESS_THAN_OR_EQUAL_TOEnum指定した値以下の数値が必要です。
NUMBER_NOT_BETWEENEnum指定された値の範囲内にない数値が必要です。
NUMBER_NOT_EQUAL_TOEnum指定された値と等しくない数値が必要です。
TEXT_CONTAINSEnum入力に指定された値が含まれている必要があります。
TEXT_DOES_NOT_CONTAINEnum入力が指定された値を含まないことを必須にします。
TEXT_EQUAL_TOEnum入力が指定された値と等しい必要があります。
TEXT_IS_VALID_EMAILEnumメールアドレスの形式で入力する必要があります。
TEXT_IS_VALID_URLEnumURL 形式で入力する必要があります。
VALUE_IN_LISTEnum入力が指定された値のいずれかと等しい必要があります。
VALUE_IN_RANGEEnum入力が指定範囲内の値と等しい必要があります。
CUSTOM_FORMULAEnum入力によって、指定された数式が true と評価されることが必要です。
CHECKBOXEnum入力がカスタム値またはブール値である必要があります。チェックボックスとして表示されます。

DateTimeGroupingRule

Methods

メソッド戻り値の型概要
getRuleType()DateTimeGroupingRuleType日時のグループ化ルールのタイプを取得します。

DateTimeGroupingRuleType

プロパティ

プロパティタイプ説明
UNSUPPORTEDEnumサポートされていない日時のグループ化ルールの種類です。
SECONDEnum日時を 0 ~ 59 の秒でグループ化します。
MINUTEEnum日時を 0 ~ 59 の分単位でグループ化します。
HOUREnum24 時間制(0 ~ 23)を使用して、日時を時間でグループ化します。
HOUR_MINUTEEnum24 時間制を使用して、日時を時間と分でグループ化します(例: 19:45)。
HOUR_MINUTE_AMPMEnum12 時間表記を使用して、日時を時間と分でグループ化します(例: 7:45 PM)。
DAY_OF_WEEKEnum曜日で日時をグループ化します(例: Sunday)。
DAY_OF_YEAREnum1 ~ 366 の範囲で日時をグループ化します。
DAY_OF_MONTHEnum日時を 1 ~ 31 の範囲でグループ化します。
DAY_MONTHEnum日時を日と月でグループ化します(例: 22-Nov)。
MONTHEnum日時を月ごとにグループ化します(例: Nov)。
QUARTEREnum「Q1」(1 月~ 3 月を表す)など、四半期ごとに日時をグループ化します。
YEAREnum日時を年別にグループ化します(例: 2008)。
YEAR_MONTHEnum年と月で日時をグループ化します(例: 2008-Nov)。
YEAR_QUARTEREnum年と四半期で日時をグループ化します(例: 2008 Q4)。
YEAR_MONTH_DAYEnum年、月、日で日時をグループ化します(例: 2008-11-22)。

DeveloperMetadata

Methods

メソッド戻り値の型概要
getId()Integerこのデベロッパー メタデータに関連付けられている一意の ID を返します。
getKey()Stringこのデベロッパー メタデータに関連付けられているキーを返します。
getLocation()DeveloperMetadataLocationこのデベロッパー メタデータの場所を返します。
getValue()Stringこのデベロッパー メタデータに関連付けられている値を返します。メタデータに値がない場合は null を返します。
getVisibility()DeveloperMetadataVisibilityこのデベロッパー メタデータの公開設定を返します。
moveToColumn(column)DeveloperMetadataこのデベロッパー メタデータを指定された列に移動します。
moveToRow(row)DeveloperMetadataこのデベロッパー メタデータを指定の行に移動します。
moveToSheet(sheet)DeveloperMetadataこのデベロッパー メタデータを指定されたシートに移動します。
moveToSpreadsheet()DeveloperMetadataこのデベロッパーのメタデータを最上位のスプレッドシートに移動します。
remove()voidこのメタデータを削除します。
setKey(key)DeveloperMetadataこのデベロッパー メタデータのキーを指定された値に設定します。
setValue(value)DeveloperMetadataこのデベロッパー メタデータに関連付けられている値を、指定された値に設定します。
setVisibility(visibility)DeveloperMetadataこのデベロッパー メタデータの公開設定を、指定された公開設定に設定します。

DeveloperMetadataFinder

Methods

メソッド戻り値の型概要
find()DeveloperMetadata[]この検索を実行し、一致するメタデータを返します。
onIntersectingLocations()DeveloperMetadataFinderメタデータを含む場所が交差することを考慮するように検索を設定します。
withId(id)DeveloperMetadataFinderこの検索を、指定した ID に一致するメタデータのみに限定します。
withKey(key)DeveloperMetadataFinderこの検索を、指定したキーに一致するメタデータのみに限定します。
withLocationType(locationType)DeveloperMetadataFinderこの検索の対象を、指定した地域タイプに一致するメタデータのみに限定します。
withValue(value)DeveloperMetadataFinderこの検索を、指定した値に一致するメタデータのみに限定します。
withVisibility(visibility)DeveloperMetadataFinderこの検索を、指定した公開設定に一致するメタデータのみに限定します。

DeveloperMetadataLocation

Methods

メソッド戻り値の型概要
getColumn()Rangeこのメタデータの列の場所を示す Range を返します。ロケーション タイプが DeveloperMetadataLocationType.COLUMN でない場合は null を返します。
getLocationType()DeveloperMetadataLocationTypeビジネスのタイプを取得します。
getRow()Rangeこのメタデータの行の場所を示す Range を返します。ロケーション タイプが DeveloperMetadataLocationType.ROW でない場合は null を返します。
getSheet()Sheetこのメタデータの Sheet 位置情報、または位置情報タイプが DeveloperMetadataLocationType.SHEET でない場合は null を返します。
getSpreadsheet()Spreadsheetこのメタデータの Spreadsheet を返します。ロケーション タイプが DeveloperMetadataLocationType.SPREADSHEET でない場合は null を返します。

DeveloperMetadataLocationType

プロパティ

プロパティタイプ説明
SPREADSHEETEnum最上位のスプレッドシートに関連付けられているデベロッパー メタデータのロケーション タイプ。
SHEETEnumシート全体に関連付けられているデベロッパー メタデータの場所タイプ。
ROWEnum行に関連付けられたデベロッパー メタデータのロケーション タイプ。
COLUMNEnum列に関連付けられているデベロッパー メタデータのロケーション タイプ。

DeveloperMetadataVisibility

プロパティ

プロパティタイプ説明
DOCUMENTEnumドキュメント可視のメタデータは、そのドキュメントにアクセスできるすべてのデベロッパー プロジェクトからアクセスできます。
PROJECTEnumプロジェクトに表示されるメタデータは、メタデータを作成したデベロッパー プロジェクトのみが表示してアクセスできる。

Dimension

プロパティ

プロパティタイプ説明
COLUMNSEnum列(縦方向)のディメンション。
ROWSEnum行(水平方向)のディメンション。

Direction

プロパティ

プロパティタイプ説明
UPEnum行インデックスの減少方向。
DOWNEnum行インデックスが増加する方向。
PREVIOUSEnum列インデックスの減少方向。
NEXTEnum列インデックスが増加する方向。

Drawing

Methods

メソッド戻り値の型概要
getContainerInfo()ContainerInfoシート内の図形描画の位置に関する情報を取得します。
getHeight()Integerこの描画の実際の高さをピクセル単位で返します。
getOnAction()Stringこの図形描画に関連付けられているマクロの名前を返します。
getSheet()Sheetこの図形描画が表示されるシートを返します。
getWidth()Integerこの描画の実際の幅をピクセル単位で返します。
getZIndex()Numberこの図形描画の Z-index を返します。
remove()voidスプレッドシートからこの図形描画を削除します。
setHeight(height)Drawingこの図形描画の実際の高さをピクセル単位で設定します。
setOnAction(macroName)Drawingこの図形描画にマクロ関数を割り当てます。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)Drawing図形描画がシート上で表示される位置を設定します。
setWidth(width)Drawingこの描画の実際の幅をピクセル単位で設定します。
setZIndex(zIndex)Drawingこの図形描画の Z-Index を設定します。

EmbeddedAreaChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
reverseCategories()EmbeddedAreaChartBuilder領域軸で系列の描画を逆にします。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedAreaChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedAreaChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedAreaChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedAreaChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPointStyle(style)EmbeddedAreaChartBuilder線上のポイントのスタイルを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setRange(start, end)EmbeddedAreaChartBuilderグラフの範囲を設定します。
setStacked()EmbeddedAreaChartBuilder積み上げ折れ線を使用します。つまり、線と棒の値が積み重ねられます。
setTitle(chartTitle)EmbeddedAreaChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedAreaChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
setXAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedAreaChartBuilder横軸のテキスト スタイルを設定します。
setXAxisTitle(title)EmbeddedAreaChartBuilder横軸にタイトルを追加します。
setXAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedAreaChartBuilder横軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedAreaChartBuilder縦軸のテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTitle(title)EmbeddedAreaChartBuilder縦軸にタイトルを追加します。
setYAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedAreaChartBuilder縦軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
useLogScale()EmbeddedAreaChartBuilder範囲の軸を対数スケールにします(すべての値を正数にする必要があります)。

EmbeddedBarChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
reverseCategories()EmbeddedBarChartBuilder領域軸で系列の描画を逆にします。
reverseDirection()EmbeddedBarChartBuilder横軸に沿って棒が伸びる方向を逆にします。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedBarChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedBarChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedBarChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedBarChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setRange(start, end)EmbeddedBarChartBuilderグラフの範囲を設定します。
setStacked()EmbeddedBarChartBuilder積み上げ折れ線を使用します。つまり、線と棒の値が積み重ねられます。
setTitle(chartTitle)EmbeddedBarChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedBarChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
setXAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedBarChartBuilder横軸のテキスト スタイルを設定します。
setXAxisTitle(title)EmbeddedBarChartBuilder横軸にタイトルを追加します。
setXAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedBarChartBuilder横軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedBarChartBuilder縦軸のテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTitle(title)EmbeddedBarChartBuilder縦軸にタイトルを追加します。
setYAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedBarChartBuilder縦軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
useLogScale()EmbeddedBarChartBuilder範囲の軸を対数スケールにします(すべての値を正数にする必要があります)。

EmbeddedChart

Methods

メソッド戻り値の型概要
asDataSourceChart()DataSourceChartグラフがデータソース グラフの場合は、データソース グラフ インスタンスにキャストします。それ以外の場合は null にキャストします。
getAs(contentType)Blobこのオブジェクト内のデータを、指定されたコンテンツ タイプに変換された blob として返します。
getBlob()Blobこのオブジェクト内のデータを blob として返します。
getChartId()Integerグラフを含むスプレッドシート全体で一意のグラフの不変 ID を返します。グラフがスプレッドシート内にない場合は null を返します。
getContainerInfo()ContainerInfoシート内のグラフの位置に関する情報を返します。
getHiddenDimensionStrategy()ChartHiddenDimensionStrategy非表示の行と列の処理に使用する戦略を返します。
getMergeStrategy()ChartMergeStrategy範囲が複数ある場合に使用される結合戦略を返します。
getNumHeaders()Integer範囲がヘッダーとして扱う行数または列数を返します。
getOptions()ChartOptionsこのグラフのオプション(高さ、色、軸など)を返します。
getRanges()Range[]このグラフがデータソースとして使用する範囲を返します。
getTransposeRowsAndColumns()Booleantrue の場合、グラフに入力される行と列が入れ替わります。
modify()EmbeddedChartBuilderこのグラフの変更に使用できる EmbeddedChartBuilder を返します。

EmbeddedChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。

EmbeddedColumnChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
reverseCategories()EmbeddedColumnChartBuilder領域軸で系列の描画を逆にします。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedColumnChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedColumnChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedColumnChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedColumnChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setRange(start, end)EmbeddedColumnChartBuilderグラフの範囲を設定します。
setStacked()EmbeddedColumnChartBuilder積み上げ折れ線を使用します。つまり、線と棒の値が積み重ねられます。
setTitle(chartTitle)EmbeddedColumnChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedColumnChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
setXAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedColumnChartBuilder横軸のテキスト スタイルを設定します。
setXAxisTitle(title)EmbeddedColumnChartBuilder横軸にタイトルを追加します。
setXAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedColumnChartBuilder横軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedColumnChartBuilder縦軸のテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTitle(title)EmbeddedColumnChartBuilder縦軸にタイトルを追加します。
setYAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedColumnChartBuilder縦軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
useLogScale()EmbeddedColumnChartBuilder範囲の軸を対数スケールにします(すべての値を正数にする必要があります)。

EmbeddedComboChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
reverseCategories()EmbeddedComboChartBuilder領域軸で系列の描画を逆にします。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedComboChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedComboChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedComboChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedComboChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setRange(start, end)EmbeddedComboChartBuilderグラフの範囲を設定します。
setStacked()EmbeddedComboChartBuilder積み上げ折れ線を使用します。つまり、線と棒の値が積み重ねられます。
setTitle(chartTitle)EmbeddedComboChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedComboChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
setXAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedComboChartBuilder横軸のテキスト スタイルを設定します。
setXAxisTitle(title)EmbeddedComboChartBuilder横軸にタイトルを追加します。
setXAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedComboChartBuilder横軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedComboChartBuilder縦軸のテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTitle(title)EmbeddedComboChartBuilder縦軸にタイトルを追加します。
setYAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedComboChartBuilder縦軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
useLogScale()EmbeddedComboChartBuilder範囲の軸を対数スケールにします(すべての値を正数にする必要があります)。

EmbeddedHistogramChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
reverseCategories()EmbeddedHistogramChartBuilder領域軸で系列の描画を逆にします。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedHistogramChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedHistogramChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setRange(start, end)EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの範囲を設定します。
setStacked()EmbeddedHistogramChartBuilder積み上げ折れ線を使用します。つまり、線と棒の値が積み重ねられます。
setTitle(chartTitle)EmbeddedHistogramChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedHistogramChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
setXAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedHistogramChartBuilder横軸のテキスト スタイルを設定します。
setXAxisTitle(title)EmbeddedHistogramChartBuilder横軸にタイトルを追加します。
setXAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedHistogramChartBuilder横軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedHistogramChartBuilder縦軸のテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTitle(title)EmbeddedHistogramChartBuilder縦軸にタイトルを追加します。
setYAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedHistogramChartBuilder縦軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
useLogScale()EmbeddedHistogramChartBuilder範囲の軸を対数スケールにします(すべての値を正数にする必要があります)。

EmbeddedLineChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
reverseCategories()EmbeddedLineChartBuilder領域軸で系列の描画を逆にします。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedLineChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedLineChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setCurveStyle(style)EmbeddedLineChartBuilderグラフ内の曲線に使用するスタイルを設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedLineChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedLineChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPointStyle(style)EmbeddedLineChartBuilder線上のポイントのスタイルを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setRange(start, end)EmbeddedLineChartBuilderグラフの範囲を設定します。
setTitle(chartTitle)EmbeddedLineChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedLineChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
setXAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedLineChartBuilder横軸のテキスト スタイルを設定します。
setXAxisTitle(title)EmbeddedLineChartBuilder横軸にタイトルを追加します。
setXAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedLineChartBuilder横軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedLineChartBuilder縦軸のテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTitle(title)EmbeddedLineChartBuilder縦軸にタイトルを追加します。
setYAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedLineChartBuilder縦軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
useLogScale()EmbeddedLineChartBuilder範囲の軸を対数スケールにします(すべての値を正数にする必要があります)。

EmbeddedPieChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
reverseCategories()EmbeddedPieChartBuilder領域軸で系列の描画を逆にします。
set3D()EmbeddedPieChartBuilderグラフを 3 次元に設定します。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedPieChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedPieChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedPieChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedPieChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setTitle(chartTitle)EmbeddedPieChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedPieChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。

EmbeddedScatterChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
setBackgroundColor(cssValue)EmbeddedScatterChartBuilderグラフの背景色を設定します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setColors(cssValues)EmbeddedScatterChartBuilderグラフ内の線の色を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setLegendPosition(position)EmbeddedScatterChartBuilderグラフに関する凡例の位置を設定します。
setLegendTextStyle(textStyle)EmbeddedScatterChartBuilderグラフの凡例のテキスト スタイルを設定します。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPointStyle(style)EmbeddedScatterChartBuilder線上のポイントのスタイルを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setTitle(chartTitle)EmbeddedScatterChartBuilderグラフのタイトルを設定します。
setTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedScatterChartBuilderグラフのタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
setXAxisLogScale()EmbeddedScatterChartBuilder横軸を対数スケールにします(すべての値を正数にする必要があります)。
setXAxisRange(start, end)EmbeddedScatterChartBuilderグラフの横軸の範囲を設定します。
setXAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedScatterChartBuilder横軸のテキスト スタイルを設定します。
setXAxisTitle(title)EmbeddedScatterChartBuilder横軸にタイトルを追加します。
setXAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedScatterChartBuilder横軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。
setYAxisLogScale()EmbeddedScatterChartBuilder縦軸を対数目盛にします(すべての値を正数にする必要があります)。
setYAxisRange(start, end)EmbeddedScatterChartBuilderグラフの縦軸の範囲を設定します。
setYAxisTextStyle(textStyle)EmbeddedScatterChartBuilder縦軸のテキスト スタイルを設定します。
setYAxisTitle(title)EmbeddedScatterChartBuilder縦軸にタイトルを追加します。
setYAxisTitleTextStyle(textStyle)EmbeddedScatterChartBuilder縦軸のタイトルのテキスト スタイルを設定します。

EmbeddedTableChartBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
addRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフに範囲を追加します。
asAreaChart()EmbeddedAreaChartBuilderグラフの種類を AreaChart に設定し、EmbeddedAreaChartBuilder を返します。
asBarChart()EmbeddedBarChartBuilderグラフの種類を BarChart に設定し、EmbeddedBarChartBuilder を返します。
asColumnChart()EmbeddedColumnChartBuilderグラフの種類を ColumnChart に設定し、EmbeddedColumnChartBuilder を返します。
asComboChart()EmbeddedComboChartBuilderグラフの種類を ComboChart に設定し、EmbeddedComboChartBuilder を返します。
asHistogramChart()EmbeddedHistogramChartBuilderグラフの種類を HistogramChart に設定し、EmbeddedHistogramChartBuilder を返します。
asLineChart()EmbeddedLineChartBuilderグラフの種類を LineChart に設定し、EmbeddedLineChartBuilder を返します。
asPieChart()EmbeddedPieChartBuilderグラフの種類を PieChart に設定し、EmbeddedPieChartBuilder を返します。
asScatterChart()EmbeddedScatterChartBuilderグラフの種類を ScatterChart に設定し、EmbeddedScatterChartBuilder を返します。
asTableChart()EmbeddedTableChartBuilderグラフの種類を TableChart に設定し、EmbeddedTableChartBuilder を返します。
build()EmbeddedChartグラフを作成して、そのグラフに加えられたすべての変更を反映します。
clearRanges()EmbeddedChartBuilderこのビルダーによって変更されたグラフからすべての範囲を削除します。
enablePaging(enablePaging)EmbeddedTableChartBuilderデータに対するページングを有効にするかどうかを設定します。
enablePaging(pageSize)EmbeddedTableChartBuilderページングを有効にし、各ページの行数を設定します。
enablePaging(pageSize, startPage)EmbeddedTableChartBuilderページングを有効にし、各ページの行数と表示する最初の表ページの行数を設定します(ページ番号はゼロから始まる)。
enableRtlTable(rtlEnabled)EmbeddedTableChartBuilderテーブルの列の順序を逆にして、右から左に記述する言語(アラビア語やヘブライ語など)の基本的なサポートを追加します。これにより、列 0 が右端の列、最後の列が左端の列になります。
enableSorting(enableSorting)EmbeddedTableChartBuilderユーザーが列見出しをクリックしたときに列を並べ替えるかどうかを設定します。
getChartType()ChartType現在のグラフの種類を返します。
getContainer()ContainerInfoグラフ ContainerInfo を返します。これにより、シート上のグラフが表示される場所をカプセル化します。
getRanges()Range[]現在このグラフにデータを提供している範囲のリストのコピーを返します。
removeRange(range)EmbeddedChartBuilderこのビルダーで変更するグラフから、指定した範囲を削除します。
setChartType(type)EmbeddedChartBuilderグラフの種類を変更します。
setFirstRowNumber(number)EmbeddedTableChartBuilderデータテーブルの最初の行の行番号を設定します。
setHiddenDimensionStrategy(strategy)EmbeddedChartBuilder非表示の行と列に対して使用する戦略を設定します。
setInitialSortingAscending(column)EmbeddedTableChartBuilderテーブルの最初の並べ替え(昇順)に使用する列のインデックスを設定します。
setInitialSortingDescending(column)EmbeddedTableChartBuilder列のインデックスを設定します。このインデックスに基づいてテーブルが最初に並べ替えられます(降順)。
setMergeStrategy(mergeStrategy)EmbeddedChartBuilder複数の範囲が存在する場合に使用するマージ戦略を設定します。
setNumHeaders(headers)EmbeddedChartBuilderヘッダーとして扱う範囲の行数または列数を設定します。
setOption(option, value)EmbeddedChartBuilderこのグラフの詳細オプションを設定します。
setPosition(anchorRowPos, anchorColPos, offsetX, offsetY)EmbeddedChartBuilder位置を設定し、シート上でグラフを表示する位置を変更します。
setTransposeRowsAndColumns(transpose)EmbeddedChartBuilderグラフの行と列を転置するかどうかを設定します。
showRowNumberColumn(showRowNumber)EmbeddedTableChartBuilder行番号を表の最初の列として表示するかどうかを設定します。
useAlternatingRowStyle(alternate)EmbeddedTableChartBuilder表グラフの奇数行と偶数行に交互の色のスタイルを割り当てるかどうかを設定します。

Filter

Methods

メソッド戻り値の型概要
getColumnFilterCriteria(columnPosition)FilterCriteria指定された列のフィルタ条件を取得します。列にフィルタ条件が適用されていない場合は null を取得します。
getRange()Rangeこのフィルタが適用される範囲を取得します。
remove()voidこのフィルタを削除します。
removeColumnFilterCriteria(columnPosition)Filter指定した列からフィルタ条件を削除します。
setColumnFilterCriteria(columnPosition, filterCriteria)Filter指定した列にフィルタ条件を設定します。
sort(columnPosition, ascending)Filter指定した列でフィルタされた範囲を並べ替え、このフィルタが適用される範囲内の最初の行(ヘッダー行)を除外します。

FilterCriteria

Methods

メソッド戻り値の型概要
copy()FilterCriteriaBuilderこのフィルタ条件をコピーして、別のフィルタに適用できる条件ビルダーを作成します。
getCriteriaType()BooleanCriteria条件のブール値型を返します(例: CELL_EMPTY)。
getCriteriaValues()Object[]ブール値の条件に対応する引数の配列を返します。
getHiddenValues()String[]フィルタで非表示になっている値を返します。
getVisibleBackgroundColor()Colorフィルタ条件に使用される背景色を返します。
getVisibleForegroundColor()Colorフィルタ条件として使用する前景の色を返します。
getVisibleValues()String[]ピボット テーブルのフィルタが表示する値を返します。

FilterCriteriaBuilder

Methods

メソッド戻り値の型概要
build()FilterCriteria条件作成ツールに追加した設定を使ってフィルタ条件を作成します。
copy()FilterCriteriaBuilderこのフィルタ条件をコピーして、別のフィルタに適用できる条件ビルダーを作成します。
getCriteriaType()BooleanCriteria条件のブール値型を返します(例: CELL_EMPTY)。
getCriteriaValues()Object[]ブール値の条件に対応する引数の配列を返します。
getHiddenValues()String[]フィルタで非表示になっている値を返します。
getVisibleBackgroundColor()Colorフィルタ条件に使用される背景色を返します。
getVisibleForegroundColor()Colorフィルタ条件として使用する前景の色を返します。
getVisibleValues()String[]ピボット テーブルのフィルタが表示する値を返します。
setHiddenValues(values)FilterCriteriaBuilder非表示にする値を設定します。
setVisibleBackgroundColor(visibleBackgroundColor)FilterCriteriaBuilderフィルタ条件として使用する背景色を設定します。
setVisibleForegroundColor(visibleForegroundColor)FilterCriteriaBuilderフィルタ条件として使用する前景の色を設定します。
setVisibleValues(values)FilterCriteriaBuilderピボット テーブルに表示する値を設定します。
whenCellEmpty()FilterCriteriaBuilder空のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenCellNotEmpty()FilterCriteriaBuilder空でないセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateAfter(date)FilterCriteriaBuilder指定した日付より後の日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateAfter(date)FilterCriteriaBuilder指定した相対日付より後の日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateBefore(date)FilterCriteriaBuilder指定した日付より前の日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateBefore(date)FilterCriteriaBuilder指定した相対日付より前の日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateEqualTo(date)FilterCriteriaBuilder指定した日付と等しい日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateEqualTo(date)FilterCriteriaBuilder指定した相対日付と等しい日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateEqualToAny(dates)FilterCriteriaBuilder指定した日付のいずれかに等しい日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateNotEqualTo(date)FilterCriteriaBuilder指定した日付と一致しないセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenDateNotEqualToAny(dates)FilterCriteriaBuilder指定した日付と一致しない日付のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenFormulaSatisfied(formula)FilterCriteriaBuilder指定された数式(=B:B<C:C など)で true と評価されるセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberBetween(start, end)FilterCriteriaBuilder指定した 2 つの数値の間またはいずれか 1 つの数値を持つセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberEqualTo(number)FilterCriteriaBuilder指定した数値と等しい数値のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberEqualToAny(numbers)FilterCriteriaBuilder指定した数値と等しい数値のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberGreaterThan(number)FilterCriteriaBuilder指定した数値より大きい数値のセルを表示するフィルタ条件を設定します
whenNumberGreaterThanOrEqualTo(number)FilterCriteriaBuilder指定した数値以上の数値を持つセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberLessThan(number)FilterCriteriaBuilder指定した数値より小さい数値のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberLessThanOrEqualTo(number)FilterCriteriaBuilder指定した数値以下の数値を持つセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberNotBetween(start, end)FilterCriteriaBuilderある数値を含むセルが、指定された 2 つの数値の範囲内および範囲に収まらないセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberNotEqualTo(number)FilterCriteriaBuilder指定した数値と等しくない数値のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenNumberNotEqualToAny(numbers)FilterCriteriaBuilder指定した数値と等しくない数値のセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextContains(text)FilterCriteriaBuilder指定したテキストを含むテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextDoesNotContain(text)FilterCriteriaBuilder指定したテキストを含まないテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextEndsWith(text)FilterCriteriaBuilder指定したテキストで終わるテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextEqualTo(text)FilterCriteriaBuilder指定したテキストに等しいテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextEqualToAny(texts)FilterCriteriaBuilder指定したテキスト値のいずれかに等しいテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextNotEqualTo(text)FilterCriteriaBuilder指定したテキストと一致しないテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextNotEqualToAny(texts)FilterCriteriaBuilder指定した値と等しくないテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
whenTextStartsWith(text)FilterCriteriaBuilder指定したテキストで始まるテキストを含むセルを表示するフィルタ条件を設定します。
withCriteria(criteria, args)FilterCriteriaBuilderフィルタ条件を、BooleanCriteria 値(CELL_EMPTYNUMBER_GREATER_THAN など)で定義されたブール条件に設定します。

FrequencyType

プロパティ

プロパティタイプ説明
FREQUENCY_TYPE_UNSUPPORTEDEnumフリークエンシータイプはサポートされていません。
DAILYEnum毎日更新してください。
WEEKLYEnum毎週特定の曜日に更新する。
MONTHLYEnum毎月、決まった日に更新します。

GradientCondition

Methods

メソッド戻り値の型概要
getMaxColorObject()Colorこのグラデーション条件の最大値に設定されているカラーセットを取得します。
getMaxType()InterpolationTypeこのグラデーション条件の最大値に対する補間タイプを取得します。
getMaxValue()Stringこのグラデーション条件の最大値を取得します。
getMidColorObject()Colorこのグラデーション条件の中間値の色セットを取得します。
getMidType()InterpolationTypeこのグラデーション条件の中間値の補間タイプを取得します。
getMidValue()Stringこのグラデーション条件の中間値を取得します。
getMinColorObject()Colorこのグラデーション条件の最小値に設定されたカラーセットを取得します。
getMinType()InterpolationTypeこの勾配条件の最小値に対する補間型を取得します。
getMinValue()Stringこのグラデーション条件の最小値を取得します。

Group

Methods

メソッド戻り値の型概要
collapse()Groupこのグループを折りたたみます。
expand()Groupこのグループを展開します。
getControlIndex()Integerこのグループのコントロール切り替えインデックスを返します。
getDepth()Integerこのグループの深度を返します。
getRange()Rangeこのグループが存在する範囲を返します。
isCollapsed()Booleanこのグループが折りたたまれている場合、true を返します。
remove()voidシートからこのグループを削除し、range のグループの深度を 1 つ下げます。

GroupControlTogglePosition

プロパティ

プロパティタイプ説明
BEFOREEnumグループの前のコントロール切り替え位置(低いインデックス)。
AFTEREnumグループの後にあるコントロールの切り替えの位置(高インデックス)。

InterpolationType

プロパティ

プロパティタイプ説明
NUMBEREnumこの数値をグラデーション条件の特定の補間点として使用します。
PERCENTEnum数値をグラデーション条件のパーセンテージ補間点として使用します。
PERCENTILEEnum数値をグラデーション条件のパーセンタイル補間ポイントとして使用します。
MINEnum最小数を勾配条件の特定の補間点として推測します。
MAXEnum勾配条件の特定の補間点として最大数を推測します。

NamedRange

Methods

メソッド戻り値の型概要
getName()Stringこの名前付き範囲の名前を取得します。
getRange()Rangeこの名前付き範囲によって参照される範囲を取得します。
remove()voidこの名前付き範囲を削除します。
setName(name)NamedRange名前付き範囲の名前を設定または更新します。
setRange(range)NamedRangeこの名前付き範囲の範囲を設定または更新します。

OverGridImage

Methods

メソッド戻り値の型概要
assignScript(functionName)OverGridImage指定された関数名を持つ関数をこの画像に割り当てます。
getAltTextDescription()Stringこの画像の代替テキストの説明を返します。
getAltTextTitle()Stringこの画像の代替テキストのタイトルを返します。
getAnchorCell()Range画像が固定されているセルを返します。
getAnchorCellXOffset()Integerアンカーセルからの水平ピクセル オフセットを返します。
getAnchorCellYOffset()Integerアンカーセルからの垂直ピクセル オフセットを返します。
getHeight()Integerこの画像の実際の高さをピクセル単位で返します。
getInherentHeight()Integerこの画像固有の高さをピクセル単位で返します。
getInherentWidth()Integerこの画像固有の高さをピクセル単位で返します。
getScript()Stringこの画像に割り当てられた関数の名前を返します。
getSheet()Sheetこの画像が表示されるシートを返します。
getUrl()String画像のソース URL を取得します。URL を使用できない場合は null を返します。
getWidth()Integerこの画像の実際の幅をピクセル単位で返します。
remove()voidスプレッドシートからこの画像を削除します。
replace(blob)OverGridImageこの画像を、指定された BlobSource で指定された画像に置き換えます。
replace(url)OverGridImageこの画像を、指定された URL の画像に置き換えます。
resetSize()OverGridImageこの画像を固有のサイズにリセットします。
setAltTextDescription(description)OverGridImageこの画像の代替テキストの説明を設定します。
setAltTextTitle(title)OverGridImageこの画像の代替テキストのタイトルを設定します。
setAnchorCell(cell)OverGridImage画像を固定するセルを設定します。
setAnchorCellXOffset(offset)OverGridImageアンカーセルからの水平ピクセル オフセットを設定します。
setAnchorCellYOffset(offset)OverGridImageアンカーセルからの垂直ピクセル オフセットを設定します。
setHeight(height)OverGridImageこの画像の実際の高さをピクセル単位で設定します。
setWidth(width)OverGridImageこの画像の実際の幅をピクセル単位で設定します。

PageProtection

PivotFilter

Methods

メソッド戻り値の型概要
getFilterCriteria()FilterCriteriaこのピボット フィルタのフィルタ条件を返します。
getPivotTable()PivotTableこのフィルタが属する PivotTable を返します。
getSourceDataColumn()Integerこのフィルタが適用されるソースデータ列の数を返します。
getSourceDataSourceColumn()DataSourceColumnフィルタが適用されるデータソース列を返します。
remove()voidピボット テーブルからこのピボット フィルタを削除します。
setFilterCriteria(filterCriteria)PivotFilterこのピボット フィルタのフィルタ条件を設定します。

PivotGroup

Methods

メソッド戻り値の型概要
addManualGroupingRule(groupName, groupMembers)PivotGroupこのピボット グループの手動グループ化ルールを追加します。
areLabelsRepeated()Booleanラベルが繰り返しとして表示されるかどうかを返します。
clearGroupingRule()PivotGroupこのピボット グループからグループ化ルールを削除します。
clearSort()PivotGroupこのグループに適用されている並べ替えを解除します。
getDateTimeGroupingRule()DateTimeGroupingRuleピボット グループに対する日時のグループ化ルールを返します。日時のグループ化ルールが設定されていない場合は null を返します。
getDimension()Dimension行グループと列グループのどちらであるかを返します。
getGroupLimit()PivotGroupLimitピボット グループに対するピボット グループの制限を返します。
getIndex()Integer現在のグループ順序でこのピボット グループのインデックスを返します。
getPivotTable()PivotTableこのグループが属する PivotTable を返します。
getSourceDataColumn()Integerこのグループで要約されたソースデータ列の数を返します。
getSourceDataSourceColumn()DataSourceColumnピボット グループを適用するデータソース列を返します。
hideRepeatedLabels()PivotGroupこのグループの繰り返しラベルを非表示にします。
isSortAscending()Boolean並べ替えが昇順の場合は true を返し、並べ替え順が降順の場合は false を返します。
moveToIndex(index)PivotGroup行または列グループの現在のリストの指定された位置にこのグループを移動します。
remove()void表からこのピボット グループを削除します。
removeManualGroupingRule(groupName)PivotGroup指定された groupName の手動グループ化ルールを削除します。
resetDisplayName()PivotGroupピボット テーブル内のこのグループの表示名をデフォルト値にリセットします。
setDateTimeGroupingRule(dateTimeGroupingRuleType)PivotGroupピボット グループに日時のグループ化ルールを設定します。
setDisplayName(name)PivotGroupピボット テーブル内のこのグループの表示名を設定します。
setGroupLimit(countLimit)PivotGroupピボット グループにピボット グループの制限を設定します。
setHistogramGroupingRule(minValue, maxValue, intervalSize)PivotGroupこのピボット グループのヒストグラムのグループ化ルールを設定します。
showRepeatedLabels()PivotGroup行または列のグループ化が複数ある場合、このメソッドは、後続のグループ化のエントリごとに、このグループのラベルを表示します。
showTotals(showTotals)PivotGroupこのピボット グループの合計値を表に表示するかどうかを設定します。
sortAscending()PivotGroup並べ替え順を昇順に設定します。
sortBy(value, oppositeGroupValues)PivotGroup指定された PivotValueoppositeGroupValues の値についてこのグループを並べ替えます。
sortDescending()PivotGroup並べ替え順を降順に設定します。
totalsAreShown()Booleanこのピボット グループの合計値が現在表示されているかどうかを返します。

PivotGroupLimit

Methods

メソッド戻り値の型概要
getCountLimit()Integerピボット グループ内の行または列の上限数を取得します。
getPivotGroup()PivotGroup制限が属するピボット グループを返します。
remove()voidピボット グループの制限を解除します。
setCountLimit(countLimit)PivotGroupLimitピボット グループ内の行または列の上限を設定します。

PivotTable

Methods

メソッド戻り値の型概要
addCalculatedPivotValue(name, formula)PivotValue指定された name を使用して、指定された formula から計算されたピボット テーブルに新しいピボット値を作成します。
addColumnGroup(sourceDataColumn)PivotGroupピボット テーブル内で新しいピボット列のグループを定義します。
addFilter(sourceDataColumn, filterCriteria)PivotFilterピボット テーブルの新しいピボット フィルタを作成します。
addPivotValue(sourceDataColumn, summarizeFunction)PivotValue指定された summarizeFunction でピボット テーブルの新しいピボット値を定義します。
addRowGroup(sourceDataColumn)PivotGroupピボット テーブル内で新しいピボット行のグループを定義します。
asDataSourcePivotTable()DataSourcePivotTableピボット テーブルが DataSource にリンクされている場合はそのピボット テーブルをデータソースのピボット テーブルとして返します。それ以外の場合は null を返します。
getAnchorCell()Rangeこのピボット テーブルが固定されているセルを表す Range を返します。
getColumnGroups()PivotGroup[]このピボット テーブルの列グループの順序付きリストを返します。
getFilters()PivotFilter[]このピボット テーブル内のフィルタの順序付きリストを返します。
getPivotValues()PivotValue[]このピボット テーブルのピボット値の順序付きリストを返します。
getRowGroups()PivotGroup[]このピボット テーブルの行グループの順序付きリストを返します。
getSourceDataRange()Rangeピボット テーブルを構成するソースデータの範囲を返します。
getValuesDisplayOrientation()Dimension値が行または列のどちらとして表示されるかを返します。
remove()voidこのピボット テーブルを削除します。
setValuesDisplayOrientation(dimension)PivotTable値を列または行として表示するように、このピボット テーブルのレイアウトを設定します。

PivotTableSummarizeFunction

プロパティ

プロパティタイプ説明
CUSTOMEnumカスタム関数です。この値は計算フィールドでのみ有効です。
SUMEnumSUM 関数
COUNTAEnumCOUNTA 関数
COUNTEnumCOUNT 関数
COUNTUNIQUEEnumCOUNTUNIQUE 関数
AVERAGEEnumAVERAGE 関数
MAXEnumMAX 関数
MINEnumMIN 関数
MEDIANEnumMEDIAN 関数
PRODUCTEnumPRODUCT 関数
STDEVEnumSTDEV 関数
STDEVPEnumSTDEVP 関数
VAREnumVAR 関数
VARPEnumVARP 関数

PivotValue

Methods

メソッド戻り値の型概要
getDisplayType()PivotValueDisplayTypeこのピボット値が表で現在どのように表示されているかを示す表示タイプを返します。
getFormula()Stringこの値の計算に使用された数式を返します。
getPivotTable()PivotTableこの値が属する PivotTable を返します。
getSourceDataColumn()Integerピボット値が集計するソースデータ列の数を返します。
getSourceDataSourceColumn()DataSourceColumnピボット値が集計したデータソース列を返します。
getSummarizedBy()PivotTableSummarizeFunctionこのグループの要約関数を返します。
remove()voidピボット テーブルからこの値を削除します。
setDisplayName(name)PivotValueピボット テーブル内に、この値の表示名を設定します。
setFormula(formula)PivotValueこの値の計算に使用する数式を設定します。
showAs(displayType)PivotValueこの値をピボット テーブルに別の値の関数として表示します。
summarizeBy(summarizeFunction)PivotValue要約関数を設定します。

PivotValueDisplayType

プロパティ

プロパティタイプ説明
DEFAULTEnumデフォルトです。
PERCENT_OF_ROW_TOTALEnumピボット値をその行の合計に対する割合として表示します。
PERCENT_OF_COLUMN_TOTALEnumピボット値を、その列の合計に対する割合として表示します。
PERCENT_OF_GRAND_TOTALEnumピボット値を総計に対する割合で表示します。

Protection

Methods

メソッド戻り値の型概要
addEditor(emailAddress)Protection保護されているシートまたは範囲の編集者のリストに、指定したユーザーを追加します。
addEditor(user)Protection保護されているシートまたは範囲の編集者のリストに、指定したユーザーを追加します。
addEditors(emailAddresses)Protection指定されたユーザー配列を、保護されているシートまたは範囲の編集者リストに追加します。
addTargetAudience(audienceId)Protection指定した対象グループを保護されている範囲の編集者として追加します。
canDomainEdit()Booleanスプレッドシートを所有するドメイン内のすべてのユーザーに、保護された範囲またはシートの編集権限があるかどうかを指定します。
canEdit()Booleanユーザーに、保護されている範囲やシートの編集権限があるかどうかを指定します。
getDescription()String保護されている範囲またはシートの説明を取得します。
getEditors()User[]保護されている範囲またはシートの編集者のリストを取得します。
getProtectionType()ProtectionType保護地域のタイプ(RANGE または SHEET)を取得します。
getRange()Range保護されている範囲を取得します。
getRangeName()String名前付き範囲に関連付けられている場合、保護されている範囲の名前を取得します。
getTargetAudiences()TargetAudience[]保護されている範囲を編集できる対象グループの ID を返します。
getUnprotectedRanges()Range[]保護されたシート内の保護されていない範囲の配列を取得します。
isWarningOnly()Boolean保護地域が「警告ベース」の保護を使用しているかどうかを判定します。
remove()void範囲またはシートの保護を解除します。
removeEditor(emailAddress)Protection保護されているシートまたは範囲の編集者のリストから、指定したユーザーを削除します。
removeEditor(user)Protection保護されているシートまたは範囲の編集者のリストから、指定したユーザーを削除します。
removeEditors(emailAddresses)Protection保護されているシートまたは範囲の編集者のリストから、指定されたユーザー配列を削除します。
removeTargetAudience(audienceId)Protection保護されている範囲の編集者として、指定した対象グループを削除します。
setDescription(description)Protection保護されている範囲またはシートの説明を設定します。
setDomainEdit(editable)Protectionスプレッドシートを所有するドメイン内のすべてのユーザーに、保護された範囲またはシートを編集する権限を与えるかどうかを設定します。
setNamedRange(namedRange)Protection保護されている範囲を既存の名前付き範囲に関連付けます。
setRange(range)Protection保護する範囲を調整します。
setRangeName(rangeName)Protection保護されている範囲を既存の名前付き範囲に関連付けます。
setUnprotectedRanges(ranges)Protection保護されたシート内の指定された範囲の配列の保護を解除します。
setWarningOnly(warningOnly)Protectionこの保護されている範囲で「警告ベース」の保護を使用するかどうかを設定します。

ProtectionType

プロパティ

プロパティタイプ説明
RANGEEnum範囲の保護。
SHEETEnumシートの保護です。

Range

Methods

メソッド戻り値の型概要
activate()Range指定された範囲を active range として設定し、範囲内の左上のセルを current cell として設定します。
activateAsCurrentCell()Range指定されたセルを current cell として設定します。
addDeveloperMetadata(key)Range指定されたキーを持つデベロッパー メタデータを範囲に追加します。
addDeveloperMetadata(key, visibility)Range指定されたキーと公開設定のデベロッパー メタデータを範囲に追加します。
addDeveloperMetadata(key, value)Range指定されたキーと値を含むデベロッパー メタデータを範囲に追加します。
addDeveloperMetadata(key, value, visibility)Range指定されたキー、値、可視性を含むデベロッパー メタデータを範囲に追加します。
applyColumnBanding()Banding範囲にデフォルトの列縞模様テーマを適用します。
applyColumnBanding(bandingTheme)Banding指定した列のバンディングのテーマを範囲に適用します。