リファレンスの概要

このセクションで説明するリファレンス ドキュメントでは、さまざまな Apps Script サービスとプロジェクト リソースについて説明しています。

Apps Script サービス

Apps Script サービスでは、スクリプトが Google や外部システムのデータに簡単にアクセスできます。これらのサービスは Apps Script 環境に組み込まれているため、インポートしたり、承認制御を自分で実装したりする必要はありません。サービスは、Math などの JavaScript オブジェクトと同様に、関連付けられたメソッドを含むグローバル オブジェクトとして表現されます。

Apps Script サービスには次が含まれます。

  • Google サービスは、 Google Workspaceアプリ(ドライブ、Gmail、スプレッドシートなど)のデータやその他の Google アプリ(マップ、翻訳など)のデータにアクセスできるサービスです。

  • ユーティリティ サービスは、特定の Google プロダクトに接続されていないサービスです。ログ情報の確認、HTML の作成、データの圧縮などを行うことができます。

高度なサービス

一部の Google サービスは高度なサービスとして提供されています。高度なサービスとは、Google のプロダクト API( Google Workspace サービス API など)にアクセスできる Apps Script サービスです。高度な Google サービスは、基本的に API のシンラッパーであり、API そのものではありません。詳しくは、Google の高度なサービスをご覧ください。

スクリプト プロジェクト リソース

スクリプト プロジェクトのリソースには、アプリのスクリプト プロジェクトに関する有用な情報が記載されています。プロジェクト リソースには、マニフェストの構成、自動化トリガー、割り当てに関する情報が含まれます。

アドオン リソース

アドオン リソースを参照する必要があるのは、アドオンをビルドする場合のみです。 アドオンのリファレンス ドキュメントでアドオン リソースを確認する。