Routes API は現在プレビュー版(一般提供前)です。一般提供前のプロダクトや機能では、サポートが制限されることがあります。また、一般提供前のプロダクトや機能の変更は、他の一般提供前のバージョンと互換性がない可能性があります。一般提供前のサービスには、Google Maps Platform サービス固有の規約が適用されます。詳細については、リリース ステージの説明をご覧ください。

Routes API

routes.googleapis.com API

サービス: routes.googleapis.com

このサービスを呼び出すには、Google が提供するクライアント ライブラリを使用することをおすすめします。アプリケーションで独自のライブラリを使用してこのサービスを呼び出す必要がある場合は、API リクエストを行うときに次の情報を使用してください。

ディスカバリ ドキュメント

ディスカバリ ドキュメントは、REST API を記述して使用するための機械可読仕様です。クライアント ライブラリ、IDE プラグイン、Google API と連携するその他のツールのビルドに使用されます。1 つのサービスで複数のディスカバリ ドキュメントを提供できます。このサービスには、次の検索ドキュメントが用意されています。

サービス エンドポイント

サービス エンドポイントは、API サービスのネットワーク アドレスを指定するベース URL です。1 つのサービスに複数のサービス エンドポイントが存在する場合があります。このサービスには次のサービス エンドポイントがあり、以下のすべての URI がこのサービス エンドポイントに関連しています。

  • https://routes.googleapis.com

REST リソース: v2

Methods
computeRouteMatrix POST /distanceMatrix/v2:computeRouteMatrix
出発地と目的地のリストを取得し、出発地と目的地の組み合わせごとにルート情報を含むストリームを返します。
computeRoutes POST /directions/v2:computeRoutes
終点と中間の地点を前提とした、メインルートと省略可能な代替ルートを返します。