アドオンを使用して Google スライドを拡張する

Google スライドはリアルタイムのプレゼンテーション ソリューションと強力なツールを備えたクラウドベースのプレゼンテーション ソリューションで、カスタム スライド資料を簡単に作成できます。

アドオンを使用して Google スライドを拡張すると、ユーザーが新しいプレゼンテーションを作成したり、サードパーティ システムに接続したり、スライドのデータを他の Google Workspaceアプリケーション(Google スプレッドシートなど)と統合したりできるようになります。

他のユーザーが Google Workspace Marketplace で作成したスライド アドオンが表示されます。

可能な操作

Google スライドを拡張するアドオンを使用すると、次のようなことができます。

スライド アドオンは Apps Script を使用して作成します。Apps Script を使って Google スライドにアクセスして管理する方法について詳しくは、Google スライドを拡張するをご覧ください。

プレゼンテーションの構成

Google スライドのプレゼンテーションはページで構成されており、各ページにテキスト ボックスや画像などの要素が含まれています。

Apps Script スライドサービスには、スライドの組織構造を表すクラス(SlideShape など)が用意されています。これらのクラスを使用して、スライドのデータと動作の読み取りと変更を行うことができます。

Google スライドのプレゼンテーションの構成について詳しくは、プレゼンテーションの構成をご覧ください。

Triggers

Apps Script のトリガーを使用すると、特定の条件(プレゼンテーションを開いたときや、アドオンをインストールしたときなど)が満たされたときに、スクリプト プロジェクトで特定の関数を実行できます。

スライド アドオンで使用できるトリガーと、その使用に適用される制限について詳しくは、アドオン トリガーをご覧ください。

参考資料

次の Apps Script ガイドは、スライドのアドオンの開発に役立ちます。