概要

ローカル コンテキスト ライブラリの Maps JavaScript API は、柔軟性に優れたシンプルな UI ウィジェットで、指定した場所の近くにある注目スポットをユーザーに表示します。ローカル コンテキスト ライブラリは、インタラクティブな地図と、写真のギャラリー付きのスポット選択ツールを配置したサイドパネルで構成されています。お店やスポットのリストを種類に基づいて絞り込むこと、徒歩経路を提供すること、ウィジェットの表示形式をカスタマイズすることが可能です。

ローカル コンテキスト ライブラリが読み込まれると、地図に付近のスポットを示すマーカーが追加され、スポット選択ツールに個々のスポットの写真が表示されます。ユーザーがマーカーやスポットの写真をクリックすると、ローカル コンテキスト ライブラリで選択されたスポットに関する詳細情報が表示されます。

次の例は、カスタマイズなしの基本的なローカル コンテキスト ライブラリの地図です。