以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Android API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Android API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

API キーの取得

Google Maps Android API を使用するには、Google API Consoleでアプリ プロジェクトを登録して、アプリに追加する Google API キーを取得する必要があります。

注: API キーにはさまざまなタイプの制限があります。Android アプリに対する制限が適用された API キーを使用する必要があります(ブラウザの制限が設定されたキーは使いません)。

キーを取得するためのクイックガイド

ステップ 1. Google API Console から API キーを取得する

下のボタンをクリックして指示に従って操作すると、Google Maps Android API が自動的にアクティベートされます。

キーを取得する

注:

  • Google Maps APIs Premium Plan ユーザーの場合: [Project] プルダウン メニューでは、Google Maps APIs Premium Plan を購入した際に作成されたプロジェクトを選択する必要があります。プロジェクト名の先頭は、Google Maps APIs for Business or Google Maps for Work or Google Maps です。
  • Premium Plan ライセンスを購入する場合は、営業にお問い合わせください。
  • テストのために、あらゆるプラットフォームで機能する汎用的で制限のない API キーを作成できます。本番環境に移行する前にキーを保護するには、以下で説明するようにキーを制限する必要があります。

ステップ 2. アプリに API キーを追加する

AndroidManifest.xml ファイルに含まれるアプリケーションのマニフェストに API キーを含めるには、次のステップに従います。

  1. AndroidManifest.xml に、次の要素を <application> 要素の子要素として追加します。終了タグ </application> の直前に挿入します。
        <meta-data
            android:name="com.google.android.geo.API_KEY"
            android:value="YOUR_API_KEY"/>
        

    value 属性の YOUR_API_KEY は、ユーザーの API キーに置き換えてください。この要素により、com.google.android.geo.API_KEY キーがユーザーの API キーの値に設定されます。

  2. AndroidManifest.xml を保存してアプリケーションを再度ビルドします。

注: 上記のように、com.google.android.geo.API_KEY は、API キーの推奨されるメタデータ名です。この名前のキーは、Android プラットフォームで複数の Google マップベースの API(Google Maps Android API など)を認証するのに使用できます。下位互換性のために、API は、com.google.android.maps.v2.API_KEY という名前もサポートしています。このレガシー名は、Android Maps API v2 の認証にのみ使用できます。アプリケーションが指定できる API キーのメタデータ名は 1 つのみです。両方を指定すると、API から例外がスローされます。

これだけです。上記のステップが正常に実行できたら、操作は完了です。問題が発生した場合は、標準 API および Premium Plan に関する以下の詳しい説明をご覧ください。

API キーを取得するための詳細なガイド

標準の Google Maps Android API ユーザー向けの詳細なガイド

ボタンをクリックしても必要な場所に移動できない場合は、次の代替ステップを実行して API キーを取得することができます。

  1. Google API Console に移動します。
  2. プロジェクトを作成または選択します。
  3. [Continue] をクリックして、Google Maps Android API を有効にします。
  4. [Credentials] ページで、API キーを取得します。
    注: Android 限定の API キーが既にある場合は、そのキーを使用できます。
  5. API キーが表示されているダイアログで、[Restrict key] を選択して、API キーを Android 限定にします。
  6. [Restrictions] セクションで、[Android apps] を選択してから、アプリの SHA-1 フィンガープリントとパッケージ名を入力します。次に例を示します。
    BB:0D:AC:74:D3:21:E1:43:67:71:9B:62:91:AF:A1:66:6E:44:5D:75
    com.example.android.mapexample
  7. API キーの制限に関する詳細については、以下で説明しています。
  8. [Save] をクリックします。

プロジェクトの API キーのリストに、新しい Android 限定の API キーが表示されます。API キーは次のような文字列です。

AIzaSyBdVl-cTICSwYKrZ95SuvNw7dbMuDt1KG0

Google Maps APIs Premium Plan ライセンスのユーザー向けの詳細なガイド

ボタンをクリックしても必要な場所に移動できない場合は、次の代替ステップを実行して API キーを取得することができます。

  1. Google API Console に移動します。
  2. [Project] ドロップダウン メニューから、Google Maps Premium プロジェクト*を選択します。
  3. [Continue] をクリックします。
  4. [Credentials] ページで、API キーを取得します。
  5. API キーが表示されているダイアログで、[Restrict key] を選択して、API キーを Android 限定にします。
  6. [Restrictions] セクションで、[Android apps] を選択してから、アプリの SHA-1 フィンガープリントとパッケージ名を入力します。次に例を示します。
    BB:0D:AC:74:D3:21:E1:43:67:71:9B:62:91:AF:A1:66:6E:44:5D:75
    com.example.android.mapexample
    API キーの制限に関する詳細については、以下で説明しています。
  7. [Save] をクリックします。

プロジェクトの API キーのリストに、新しい Android 限定の API キーが表示されます。API キーは次のような文字列です。

AIzaSyBdVl-cTICSwYKrZ95SuvNw7dbMuDt1KG0

Google API Console の詳細

Google API Console で、既存のキーを探すこともできます。

Google API Console の使用に関する詳細については、API Console のヘルプをご覧ください。

API キーの制限に関する詳細

Google Maps API は、Android または iOS アプリ、ウェブブラウザ、HTTP 経由のウェブサービスで使用できます。どのプラットフォームでも、API には汎用的な(制限されていない)API キーを使用できます。必要に応じて、制限を追加することができます。Android アプリの場合、キーをアプリの SHA-1 フィンガープリントとパッケージ名に制限します。制限されたキーは、そのタイプの制限をサポートするプラットフォーム上でのみ機能します。

アプリの SHA-1 フィンガープリントを取得する場所

Android API キーの制限は、SHA-1 フィンガープリントとも呼ばれる、アプリのデジタル証明書の簡略形をベースにしています。

Android Studio から証明書情報を取得する

Google Maps Android API のスタートガイドに従って操作を行うと、Android Studio でアプリの認証情報を利用して簡単な google_maps_api.xml ファイルが作成されます。

次のいずれかの方法を選択して、Android Studio で API キーを取得します。

  • 速くて簡単な方法: Android Studio によって作成された google_maps_api.xml ファイルに含まれるリンクを使用します。
    1. google_maps_api.xml ファイルにあるリンクをコピーして、ブラウザに貼り付けます。このリンクを使用すると、Google API Console が開き、URL パラメータによって必要な情報が Google API Console に入力されるため、ユーザーが手動で入力しなければならない項目が少なくなります。
    2. Google API Console で新しいプロジェクトを作成する手順に従うか、既存のプロジェクトを選択します。
    3. プロジェクト用に Android 限定の API キーを作成します。
    4. 生成された API キーをコピーし、Android Studio に戻って、その API キーを google_maps_api.xml ファイルの <string> 要素内に貼り付けます。
  • やや速い方法: Android Studio によって作成された google_maps_api.xml ファイルに含まれる認証情報を使用します。
    1. google_maps_api.xml ファイルにある認証情報をコピーします。
    2. ご使用のブラウザで、 Google API Consoleを開きます。
    3. コピーした認証情報を使用して、既存の API キーにアプリを追加するか、新しい API キーを作成します。

証明書情報を自分で取得する

アプリの作成時にスタートガイドに従わなかった場合は、証明書の SHA-1 フィンガープリントを自分で取得する必要があります。最初に、正しい証明書を使用していることを確認してください。次の 2 種類の証明書がある場合があります。

  • デバッグ用証明書:この証明書は、デバッグビルドを行う際に Android SDK ツールによって自動的に生成されます。この証明書は、テストしているアプリでのみ使用してください。デバッグ用証明書で署名されたアプリを公開しないでください。デバッグ用証明書の詳細については、Android デベロッパー ドキュメントのデバッグモードで署名するをご覧ください。
  • リリース用証明書:この証明書は、リリースビルドを行う際に Android SDK ツールによって生成されます。keytool プログラムを使用してこの証明書を生成することもできます。この証明書を使用するのは、アプリを世界にリリースできる準備が整ってからにしてください。

-v パラメータを指定した keytool プログラムを使用して、証明書の SHA-1 フィンガープリントを表示するには、次のステップに従います。Keytool の詳細については、Oracle のドキュメントをご覧ください。

デバッグ用証明書

デバッグ用証明書のフィンガープリントを表示する

  1. デバッグ用のキーストア ファイルを見つけます。ファイル名は debug.keystore で、プロジェクトを初めてビルドするときに作成されます。デフォルトでは、Android Virtual Device (AVD) ファイルと同じディレクトリに保存されます。

    • macOS と Linux: ~/.android/
    • Windows Vista および Windows 7: C:\Users\your_user_name\.android\
  2. SHA-1 フィンガープリントを一覧表示します。

    • Linux や macOS の場合は、ターミナル ウィンドウを開いて次のコマンドを入力します。

      keytool -list -v -keystore ~/.android/debug.keystore -alias androiddebugkey -storepass android -keypass android
    • Windows Vista と Windows 7 の場合は、次を実行します。

      keytool -list -v -keystore "%USERPROFILE%\.android\debug.keystore" -alias androiddebugkey -storepass android -keypass android

次のような出力が表示されます。

Alias name: androiddebugkey
Creation date: Jan 01, 2013
Entry type: PrivateKeyEntry
Certificate chain length: 1
Certificate[1]:
Owner: CN=Android Debug, O=Android, C=US
Issuer: CN=Android Debug, O=Android, C=US
Serial number: 4aa9b300
Valid from: Mon Jan 01 08:04:04 UTC 2013 until: Mon Jan 01 18:04:04 PST 2033
Certificate fingerprints:
     MD5:  AE:9F:95:D0:A6:86:89:BC:A8:70:BA:34:FF:6A:AC:F9
     SHA1: BB:0D:AC:74:D3:21:E1:43:07:71:9B:62:90:AF:A1:66:6E:44:5D:75
     Signature algorithm name: SHA1withRSA
     Version: 3
リリース用証明書

リリース用証明書のフィンガープリントを表示する

  1. リリース証明書用のキーストア ファイルを見つけます。リリース用キーストアには、デフォルトの保存場所や名前はありません。リリース用アプリのビルド時に指定しない場合は、.apk が未署名のままになり、公開前に署名が必要になります。リリース用証明書の場合、証明書のエイリアスと、キーストアと証明書のパスワードも必要です。次を入力すると、キーストア内のすべてのキーのエイリアスを一覧表示できます。

    keytool -list -keystore your_keystore_name

    your_keystore_name を、完全修飾パスとキーストアの名前(.keystore 拡張子を含む)に置き換えます。キーストアのパスワードが要求されます。次に、keytool によってキーストア内のすべてのエイリアスが表示されます。

  2. ターミナルやコマンド プロンプトで次を入力します。

    keytool -list -v -keystore your_keystore_name -alias your_alias_name

    your_keystore_name を、完全修飾パスとキーストアの名前(.keystore 拡張子を含む)に置き換えます。your_alias_name を、証明書の作成時に割り当てたエイリアスに置き換えます。

次のような出力が表示されます。

Alias name: <alias_name>
Creation date: Feb 02, 2013
Entry type: PrivateKeyEntry
Certificate chain length: 1
Certificate[1]:
Owner: CN=Android Debug, O=Android, C=US
Issuer: CN=Android Debug, O=Android, C=US
Serial number: 4cc9b300
Valid from: Mon Feb 02 08:01:04 UTC 2013 until: Mon Feb 02 18:05:04 PST 2033
Certificate fingerprints:
    MD5:  AE:9F:95:D0:A6:86:89:BC:A8:70:BA:34:FF:6B:AC:F9
    SHA1: BB:0D:AC:74:D3:21:E1:43:67:71:9B:62:90:AF:A1:66:6E:44:5D:75
    Signature algorithm name: SHA1withRSA
    Version: 3

SHA1 で始まる行に、証明書の SHA-1 フィンガープリントが含まれています。フィンガープリントは、コロンで区切られた 2 桁の 16 進数 20 個からなるシーケンスです。

デジタル証明書の詳細については、Android ガイドでアプリに署名する方法をご覧ください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。