Googleは、黒人コミュニティの人種平等を推進することに取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

iOSでのクラウドアンカーのクイックスタート

ARCore SDKは、iOSアプリにクラウドアンカー機能を提供し、iOSデバイスとAndroidデバイスの両方のユーザーがARエクスペリエンスを共有できるようにします。

このガイドでは、次の方法について説明します。

  • CloudAnchorsと連携するように開発環境をセットアップします
  • サンプルアプリでアンカーのホスティングと解決を試してみてください

要件

クラウドアンカーを使用するには、次のものが必要です。

  • Xcodeバージョン10.1以降

  • Cocoapods1.4.0以降

  • iOS 11.0以降を実行しているARKit互換のAppleデバイス(iOS 10.0以降の展開ターゲットが必要)

クラウドアンカーの使用

次の手順では、Cloud Anchorsサンプルアプリを使用して、ARCore CloudAnchorsをサポートするアプリを構成および構築するための重要なタスクを示します。

CloudAnchorsサンプルアプリを入手する

  1. サンプルアプリコードを取得するには、 GitHubからiOS用ARCoreSDKを複製またはダウンロードします。

  2. ターミナルまたはFinderウィンドウを開き、SDKのクローンを作成またはダウンロードしたフォルダーに移動します。

  3. サンプルアプリコードは次の場所にあります。
    /arcore-ios-sdk-master/Examples/CloudAnchorExample

セッションの設定

サンプルアプリは、セッションの設定の一部として次の重要なタスクを実行します。

クラウドアンカーID共有を設定する

Cloud Anchorsサンプルアプリは、Firebaseを使用してデバイス間でCloud AnchorIDを共有します。独自のアプリで別のソリューションを使用できます。

サンプルアプリでFirebaseデータベースを設定するには:

  1. アプリにFirebaseを追加するには、Firebaseの手順に従ってください。
  2. アプリへのFirebaseの追加の一環として生成されたGoogleService-Info.plistファイルをダウンロードします。
  3. サンプルのFirebaseストレージを有効にします。
    • Firebaseコンソールに移動し、サンプルアプリ用に設定したプロジェクトを選択します。
    • [データベース]パネルを選択します
    • [リアルタイムデータベース]オプションで、[開始]をクリックします。
    • [リアルタイムデータベースセキュリティルール]メニューが開きます。
      • サンプルを実行するには、[テストモードで開始]を選択します
      • 公開する予定のアプリにFirebaseを使用している場合は、より制限の厳しいセキュリティルールを使用する必要があることに注意してください。
  4. Xcodeで、アプリのInfo.plist横にGoogleService-Info.plistファイルを追加しInfo.plist

APIキーを追加します

Cloud Anchorsを使用するには、アプリにAPIキーを追加する必要があります。

  1. APIキーを取得します。 APIキーの操作に慣れていない場合は、Google Cloud PlatformConsoleヘルプセンターの「 APIキーの設定」を参照してください。

  2. Google CloudPlatformプロジェクトでARCoreCloud AnchorsAPIを有効にします。

  3. Xcodeで、APIキーをアプリに追加します。これを行うには、 CloudAnchorManager.m次のコードにキーを追加します。

    self.gSession = [GARSession sessionWithAPIKey:@"Replace me with your API key."
                                 bundleIdentifier:nil
                                            error:nil];
    

ポッドアップデートを実行する

CloudAnchorExampleアプリの船Podfileあなたが必要とすることをArcoreのSDKとiOSのバージョンで事前に設定しました。これらの依存関係をインストールするには:

  1. ターミナルウィンドウを開き、Xcodeプロジェクトが存在するフォルダーからpod updateを実行します。
    これにより、 .xcworkspaceアプリをビルドして実行するために使用する.xcworkspaceファイルが生成されます。

独自のアプリでPodfileを構成するPodfile詳細については、「 Podfileアプリに追加する参照してください

  1. プロジェクトの.xcworkspaceファイルをXcodeで.xcworkspaceます。

    ビルドエラーを回避するために、必ずから構築されていることを確認し.xcworkspaceファイルではなく.xcodeprojファイル。

アプリバンドルIDを変更する

Xcodeで、アプリのバンドルIDを変更して、チームでアプリに署名できるようにします。

アプリをビルドして実行する

  1. デバイスを接続し、Xcodeでアプリを起動します。

  2. (オプション)サンプルアプリをビルドして実行している場合、アプリを使用してクラウドアンカーをホストおよび解決する方法の詳細については、次のセクションを参照してください。

サンプルアプリをお試しください

  1. .xcworkspaceファイルからサンプルアプリをビルドして実行し、デバイスで起動します。

  2. プロンプトが表示されたら、アプリにカメラの権限を付与します。その後、ARKitはカメラの前にある飛行機の検出を開始します。

  3. [ホスト]をタップして、ホスティングモードに入ります。ホストされたアンカーを共有するためのルームコードが生成され、画面に表示されます。

  4. 飛行機をタップして、そこでクラウドアンカーのホストを開始します。

    • アプリはAndyAndroidオブジェクトを平面に配置し、それにアンカーをアタッチします。
    • ホストリクエストがARCoreCloudAnchorサービスに送信されます。ホストリクエストには、アンカーの近くの視覚的特徴に対するアンカーの位置を表すデータが含まれています。
    • アンカーがホストされると、このスペースのクラウドアンカーを解決するために使用されるIDを取得します。
  5. タップRESOLVEとアクセスに部屋のコードを入力してくださいは、以前に同じまたは異なるデバイスを使用して、この部屋のためにクラウドアンカーを開催しました。

    • 解決リクエストがARCoreCloudAnchorサービスに送信されます。
    • 解決リクエストには、クラウドアンカーIDが含まれています。 IDがホストされたアンカーと一致し、ローカリゼーションが成功した場合、サーバーはローカル座標でアンカーの変換を返します。
    • サンプルアプリは、変換を使用してアンカーをシーンに追加し、それにアタッチされた仮想オブジェクトをレンダリングします。

ARCoreSDKをアプリに追加します

独自のアプリでは、ポッドPodfileを更新して、ARCoreSDKとサポートされているiOSバージョンを含める必要があります。これをする:

  1. 次のplatformpodをプロジェクトのpod Podfile追加します。

        platform :ios, '11.0'
        pod 'ARCore/CloudAnchors', '~> 1.12.0'
    
  1. ターミナルウィンドウを開き、Xcodeプロジェクトが存在するフォルダーからpod updateを実行します。
    これにより、アプリのビルドと実行に使用する.xcworkspaceファイルが生成されます。

次のステップ