Googleは、黒人コミュニティの人種的平等を推進することに取り組んでいます。 方法をご覧ください。

AndroidエミュレーターでARアプリを実行する

使用Androidのエミュレータを物理デバイスなしテストARシナリオに。 Androidエミュレーターを使用すると、制御するエミュレートされたデバイスを使用して、仮想環境でARCoreアプリを実行できます。

開発環境をセットアップする

ソフトウェア要件:

ARCore用のAndroidStudioおよびSDKツールを入手する

  1. インストールのAndroid Studioの3.1以降を。

  2. Androidのメーカーでは、環境設定>外観と動作]> [システム設定]> [AndroidのSDKにアクセスしてください。

  3. SDKプラットフォーム]タブを選択し、表示パッケージの詳細をご確認ください。

    適切なAndroidバージョンの下で次を選択します。
    Google APIのインテルのx86 AtomのシステムイメージAPIレベル27以降。

  4. SDKツール]タブを選択し、Androidのエミュレータ27.2.9以降を追加します。

  5. 選択したパッケージとツールをインストールするには、[OK]をクリックします。

  6. 確認変化にもう一度[OK]をクリックします。

  7. コンポーネントインストーラーの使用許諾契約に同意します。

  8. [完了]クリックします。

ARをサポートする仮想デバイスを作成する

詳細については、するには、Android Studioの指示を参照して仮想デバイスを作成します

新しいAndroid仮想デバイス(AVD)を作成する

  1. アンドロイドStudioでクリックツール> AVD ManagerAVD Managerを開きます。

  2. AVD Managerダイアログの下部に、仮想デバイスの作成]クリックします。

  3. 選択するか、ご希望の電話ハードウェアプロファイルを作成し、[次へ]選択します。

  4. 選択x86またはx86_64 APIレベル27以降を実行しているシステムイメージをし、[次へ]選択します。

    • 物理的なARCoreデバイスはAPIレベル24以降でサポートされていますが、AndroidエミュレーターのサポートにはAPIレベル27以降が必要です。

    • x86ベースのAndroidエミュレータアーキテクチャのみがサポートされています。以下のような他のアーキテクチャarm64-v8aarmeabi-v7 、現在サポートされていません。

  5. 仮想デバイスが正しく構成されていることを確認します。

    • [詳細設定の表示]をクリックします。

    • カメラ戻るVirtualSceneに設定されていることを確認してください。

  6. あなたのAVDを作成するには、[完了]クリックします。

アプリを実行する

エミュレーターのAR対応仮想デバイスでARCoreアプリをテストします。これを行うには、Androidのためにメーカーの指示に従うことができるのAndroidエミュレータでアプリを実行します

AR用のGooglePlay開発者サービスを更新する

エミュレータ上のAR用GooglePlay開発者サービスのバージョンが古くなっている可能性があります。次の手順に従って更新してください。

  1. GitHubから最新のGoogle_Play_Services_for_AR_1.27.0_x86_for_emulator.apkをダウンロード解放するページ。

  2. ダウンロードしたAPKを使用する各AVDにインストールします。

    希望AVDを起動し、実行中のエミュレータにAPKをダウンロード、または使用してそれをインストールドラッグadb仮想デバイスが動作している間:

    adb install -r Google_Play_Services_for_AR_1.27.0_x86_for_emulator.apk

使用する追加のAVDについて、これらの手順のプロセスを繰り返します。

仮想シーンを制御する

アプリがARCoreに接続すると、カメラの制御方法を説明するオーバーレイと、エミュレーターウィンドウの下のステータスバーが表示されます。

仮想カメラを動かす

長押しオプション(MacOSの)またはAltキー(LinuxまたはWindowsの)アクセスカメラの動きを制御します。次のコントロールを使用して、カメラを移動します。

プラットホームアクション何をすべきか
マックOS左または右に移動HOLDオプション+プレスAまたはD
下または上に移動しますHOLDオプション+プレスQまたはE
前後に移動HOLDオプション+プレスWまたはS
デバイスの向きを変更するHOLDオプション+移動マウス
LinuxまたはWindowsの左または右に移動Altキー+プレスAまたはDを保持します
下または上に移動しますAltキー+プレスQまたはEを保持します
前後に移動Altキー+プレスWまたはSを保持します
デバイスの向きを変更するホールドAltキー+マウスを動かします

エミュレータで対話モードに戻るには、オプションまたはAltキーを離します。

仮想センサータブを使用して、拡張コントロールより正確なデバイス位置決めのために。

シーンに拡張画像を追加する

テストへのエミュレータのシミュレートされた環境への負荷の画像を拡大次元画像

シーンの画像を追加または変更する拡張コントロールでカメラ]タブを使用します。画像の場所は2つあり、1つは壁に、もう1つはテーブルにあります。

シーン内のこれらの画像の場所を表示するには、エミュレーターを起動してから、カメラの開始位置の後ろにあるドアからダイニングルームエリアにカメラを移動します。

トラブルシューティングのヒント

  • ARCoreアプリが起動し、「このデバイスはARをサポートしていません」というメッセージが表示された場合は、システムイメージのリビジョンを確認してください。あなたはAPIレベル27リビジョン4以降を使用していることを確認してください。

  • あなたのArcoreのアプリが起動時にカメラを開くに失敗した場合、で説明したようにカメラバックは、VirtualSceneに設定されていることを確認してください上記の設定手順

  • 「ARセッションの作成に失敗しました」というエラーメッセージが表示されてARCoreアプリを開くことができない場合は、アプリのログを確認してください。あなたが見つけた場合java.lang.UnsatisfiedLinkError含むメッセージを/lib/arm/libarcore_c.so" is for EM_ARM (40) instead of EM_386 (3) 、あなたは、ARのためのGoogle Playのサービスの間違ったバージョンをインストールしていることapk。新しい仮想デバイスを作成し、x86バージョンをインストールします。