Googleは、黒人コミュニティの人種平等を推進することに取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

AndroidエミュレーターでARアプリを実行する

Androidエミュレーターを使用して、物理デバイスなしでARシナリオをテストします。 Androidエミュレーターを使用すると、制御するエミュレートされたデバイスを使用して、仮想環境でARCoreアプリを実行できます。

開発環境をセットアップする

ソフトウェア要件:

ARCore用のAndroidStudioおよびSDKツールを入手する

  1. Android Studio3.1以降をインストールします。

  2. Android Studioで、 [設定]> [外観と動作]> [システム設定]> [AndroidSDK]に移動します

  3. [ SDKプラットフォーム]タブを選択し、[パッケージの詳細を表示]をオンにします。

    Android 8.1(Oreo)で、次を選択します。
    Google API Intel x86 AtomシステムイメージAPIレベル27、バージョン4以降。

  4. [ SDKツール]タブを選択し、 Android Emulator27.2.9以降を追加します。

  5. [ OK]をクリックして、選択したパッケージとツールをインストールします。

  6. もう一度[ OK]をクリックして、変更を確認します。

  7. コンポーネントインストーラーの使用許諾契約に同意します。

  8. [完了]をクリックします。

ARをサポートする仮想デバイスを作成する

詳細については、「仮想デバイス作成するためのAndroidStudioの手順」を参照してください。

新しいAndroid仮想デバイス(AVD)を作成する

  1. Android Studioで、[ツール] > [AVDマネージャー]をクリックして、 AVDマネージャーを開きます

  2. [ AVDマネージャー]ダイアログの下部にある[仮想デバイスの作成]をクリックします

  3. 目的の電話ハードウェアプロファイルを選択または作成し、[次へ]を選択します。

  4. APIレベル27以降を実行しているx86またはx86_64システムイメージを選択し、[次へ]を選択します。

    • 物理的なARCoreデバイスはAPIレベル24以降でサポートされていますが、AndroidエミュレーターのサポートにはAPIレベル27以降が必要です。

    • x86ベースのAndroidエミュレータアーキテクチャのみがサポートされています。 arm64-v8aarmeabi-v7などの他のアーキテクチャは現在サポートされていません。

    • 唯一ArcoreのSDK 1.16.0以降とMacOSの:のために既知の問題は、Androidのエミュレータx86_64システムイメージは、1.16.0以降ArcoreのSDKとMacOSでサポートされていません。回避策として、 x86システムイメージを使用します。

  5. 仮想デバイスが正しく構成されていることを確認します。

    • [詳細設定を表示]をクリックします。

    • カメラ戻るVirtualSceneに設定されていることを確認してください。

  6. [完了]をクリックしてAVDを作成します。

アプリを実行する

エミュレーターのAR対応仮想デバイスでARCoreアプリをテストします。これを行うには、Android Studioの手順に従って、Androidエミュレーターでアプリ実行ます

AR用のGooglePlay開発者サービスを更新する

エミュレータ上のAR用GooglePlay開発者サービスのバージョンが古くなっている可能性があります。次の手順に従って更新してください。

  1. GitHubリリースページから最新のGoogle_Play_Services_for_AR_1.23.0_x86_for_emulator.apkをダウンロードします。

  2. ダウンロードしたAPKを使用する各AVDにインストールします。

    目的のAVDを起動し、ダウンロードしたAPKを実行中のエミュレーターにドラッグするか、仮想デバイスの実行中にadbを使用してインストールします:

    adb install -r Google_Play_Services_for_AR_1.23.0_x86_for_emulator.apk

使用する追加のAVDについて、これらの手順を繰り返します。

仮想シーンを制御する

アプリがARCoreに接続すると、カメラの制御方法を説明するオーバーレイと、エミュレーターウィンドウの下のステータスバーが表示されます。

仮想カメラを動かす

Option (macOS)またはAlt (LinuxまたはWindows)を押したままにして、カメラの動きのコントロールにアクセスします。次のコントロールを使用して、カメラを移動します。

プラットホームアクション何をすべきか
マックOS左または右に移動オプションを押しながらAまたはDを押します
下または上に移動しますオプションを押しながらQまたはEを押します
前後に移動オプションを押しながらWまたはSを押します
デバイスの向きを変更するOptionキーを押しながらマウスを動かす
LinuxまたはWindows左または右に移動Altキーを押しながらAまたはDを押します
下または上に移動しますAltキーを押しながらQまたはEを押します
前後に移動Altキーを押しながらWまたはSを押します
デバイスの向きを変更するAltキーを押しながらマウスを動かす

OptionまたはAltを放して、エミュレータのインタラクティブモードに戻ります。

より正確なデバイスの位置決めに拡張コントロールの[仮想センサー]タブを使用します。

シーンに拡張画像を追加する

エミュレータのシミュレートされた環境に画像をロードして、拡張画像をテストします。

拡張コントロールの[カメラ]タブを使用して、シーン画像を追加または変更します。画像の場所は2つあり、1つは壁に、もう1つはテーブルにあります。

シーン内のこれらの画像の場所を表示するには、エミュレーターを起動してから、カメラの開始位置の後ろにあるドアからダイニングルームエリアにカメラを移動します。

トラブルシューティングのヒント

  • ARCoreアプリが起動し、「AR Coreはサポートされていません」というメッセージが表示された場合は、システムイメージのリビジョンを確認してください。 APIレベル27リビジョン4を使用していることを確認してください。

  • あなたのArcoreのアプリが起動時にカメラを開くに失敗した場合、で説明したようにカメラバックは、VirtualSceneに設定されていることを確認してください上記の設定手順