Class JdbcBlob

JdbcBlob

JDBC Blob。このクラスのドキュメントについては、java.sql.Blob をご覧ください。

Methods

方法戻り値の型概要
free()voidこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Blob#free() をご覧ください。
getAppsScriptBlob()Blobこの JdbcBlob の内容を Apps Script blob として取得します。
getAs(contentType)Blobこのオブジェクト内のデータを、指定されたコンテンツ タイプに変換した blob として返します。
getBytes(position, length)Byte[]このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#getBytes(long, int) をご覧ください。
length()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Blob#length() をご覧ください。
position(pattern, start)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#position(byte[], long) をご覧ください。
position(pattern, start)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#position(blob, long) をご覧ください。
setBytes(position, blobSource)Integerこの blob に JdbcBlob を書き込む便利なメソッド。
setBytes(position, blobSource, offset, length)Integerこの blob に JdbcBlob を書き込む便利なメソッド。
setBytes(position, bytes)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#setBytes(long, byte[]) をご覧ください。
setBytes(position, bytes, offset, length)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#setBytes(long, byte[], int, int) をご覧ください。
truncate(length)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Blob#truncate(long) をご覧ください。

詳細なドキュメント

free()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Blob#free() をご覧ください。


getAppsScriptBlob()

この JdbcBlob の内容を Apps Script blob として取得します。

戻る

Blob - 他の Apps Script API で直接使用できる Blob


getAs(contentType)

このオブジェクト内のデータを、指定されたコンテンツ タイプに変換した blob として返します。このメソッドは、ファイル名に適切な拡張子を追加します(例: &filet;myfile.pdf")。ただし、最後のピリオド(ある場合)に続くファイル名の部分は既存の拡張機能であり、置き換える必要があります。したがって、「ShoppingList.12.25.2014」は「ShoppingList.12.25.pdf&quot」になります。

1 日あたりのコンバージョンの割り当てを確認するには、Google サービスの割り当てをご覧ください。新しく作成された Google Workspace ドメインは、より厳密な割り当ての適用を一時的に受けることがあります。

パラメータ

名前説明
contentTypeString変換先の MIME タイプ。ほとんどの blob では、'application/pdf' が唯一の有効なオプションです。BMP、GIF、JPEG、PNG 形式の画像の場合、'image/bmp''image/gif''image/jpeg''image/png' のいずれかも有効です。

戻る

Blob - blob としてのデータ。


getBytes(position, length)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#getBytes(long, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
positionInteger抽出される blob 値の最初のバイトの序数位置。最初のバイトは位置 1 にあります。
lengthIntegerコピーする連続バイト数。長さの値は 0 以上である必要があります。

戻る

Byte[] - blob 値から指定されたバイト数分のバイト配列を含むバイト配列。


length()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Blob#length() をご覧ください。

戻る

Integer - この blob のバイト数。


position(pattern, start)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#position(byte[], long) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
patternByte[]検索するバイト配列。
startInteger検索対象となる blob 値の位置で、最初の位置は 1 です。

戻る

Integer - 指定したパターンの開始位置。パターンが見つからない場合は -1。


position(pattern, start)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#position(blob, long) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
patternJdbcBlob検索する値を示す JdbcBlob
startInteger検索対象となる blob 値の位置で、最初の位置は 1 です。

戻る

Integer - 指定したパターンの開始位置。パターンが見つからない場合は -1。


setBytes(position, blobSource)

この blob に JdbcBlob を書き込む便利なメソッド。

パラメータ

名前説明
positionIntegerblob 内の書き込みを開始する位置。最初の位置は 1 です。
blobSourceBlobSourceこの blob に書き込むデータのソース。

戻る

Integer - 書き込まれたバイト数。


setBytes(position, blobSource, offset, length)

この blob に JdbcBlob を書き込む便利なメソッド。

パラメータ

名前説明
positionIntegerblob 内の書き込みを開始する位置。最初の位置は 1 です。
blobSourceBlobSourceこの blob に書き込むデータのソース。
offsetInteger設定するバイトの読み取りを開始するバイトバイトのオフセット。
lengthIntegerblob に書き込むバイト数。

戻る

Integer - 書き込まれたバイト数。


setBytes(position, bytes)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#setBytes(long, byte[]) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
positionIntegerblob 内の書き込みを開始する位置。最初の位置は 1 です。
bytesByte[]この blob に書き込むバイトの配列。

戻る

Integer - 書き込まれたバイト数。


setBytes(position, bytes, offset, length)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Blob#setBytes(long, byte[], int, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
positionIntegerblob 内の書き込みを開始する位置。最初の位置は 1 です。
bytesByte[]この blob に書き込むバイトの配列。
offsetInteger設定するバイトの読み取りを開始するバイトバイトのオフセット。
lengthIntegerblob に書き込むバイト数。

戻る

Integer - 書き込まれたバイト数。


truncate(length)

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Blob#truncate(long) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
lengthInteger切り捨て後のこの blob のサイズ(バイト単位)。