Class JdbcPreparedStatement

JdbcPreparedStatement

JDBC PreparedStatement。このクラスのドキュメントについては、 java.sql.PreparedStatement をご覧ください。

Methods

方法戻り値の型概要
addBatch()voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#addBatch() をご覧ください。
addBatch(sql)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#addBatch(String) をご覧ください。
cancel()voidこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#cancel() をご覧ください。
clearBatch()voidこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#clearBatch() をご覧ください。
clearParameters()voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#clearParameters() をご覧ください。
clearWarnings()voidこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#clearWarnings() をご覧ください。
close()voidこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#close() をご覧ください。
execute()Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#execute() をご覧ください。
execute(sql)Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String) をご覧ください。
execute(sql, autoGeneratedKeys)Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String, int) をご覧ください。
execute(sql, columnIndexes)Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String, int[]) をご覧ください。
execute(sql, columnNames)Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String, String[]) をご覧ください。
executeBatch()Integer[]このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#executeBatch() をご覧ください。
executeQuery()JdbcResultSetこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#executeQuery() をご覧ください。
executeQuery(sql)JdbcResultSetこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeQuery(String) をご覧ください。
executeUpdate()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#executeUpdate() をご覧ください。
executeUpdate(sql)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String) をご覧ください。
executeUpdate(sql, autoGeneratedKeys)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String, int) をご覧ください。
executeUpdate(sql, columnIndexes)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String, int[]) をご覧ください。
executeUpdate(sql, columnNames)Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String, String[]) をご覧ください。
getConnection()JdbcConnectionこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getConnection() をご覧ください。
getFetchDirection()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getFetchDirection() をご覧ください。
getFetchSize()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getFetchSize() をご覧ください。
getGeneratedKeys()JdbcResultSetこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getGeneratedKeys() をご覧ください。
getMaxFieldSize()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getMaxFieldSize() をご覧ください。
getMaxRows()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getMaxRows() をご覧ください。
getMetaData()JdbcResultSetMetaDataこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#getMetaData() をご覧ください。
getMoreResults()Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getMoreResults() をご覧ください。
getMoreResults(current)Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getMoreResults(int) をご覧ください。
getParameterMetaData()JdbcParameterMetaDataこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#getParameterMetaData() をご覧ください。
getQueryTimeout()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getQueryTimeout() をご覧ください。
getResultSet()JdbcResultSetこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getResultSet() をご覧ください。
getResultSetConcurrency()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getResultSetConcurrency() をご覧ください。
getResultSetHoldability()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getResultSetHoldability() をご覧ください。
getResultSetType()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getResultSetType() をご覧ください。
getUpdateCount()Integerこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getUpdateCount() をご覧ください。
getWarnings()String[]このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getWarnings() をご覧ください。
isClosed()Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#isClosed() をご覧ください。
isPoolable()Booleanこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#isPoolable() をご覧ください。
setArray(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setArray(int, Array) をご覧ください。
setBigDecimal(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBigDecimal(int, BigDecimal) をご覧ください。
setBlob(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBlob(int, Clob) をご覧ください。
setBoolean(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBoolean(int, boolean) をご覧ください。
setByte(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setByte(int, byte) をご覧ください。
setBytes(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBytes(int, byte[]) をご覧ください。
setClob(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setClob(int, Clob) をご覧ください。
setCursorName(name)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setCursorName(String) をご覧ください。
setDate(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setDate(int, Date) をご覧ください。
setDate(parameterIndex, x, timeZone)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setDate(int, Date, Calendar) をご覧ください。
setDouble(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setDouble(int, double) をご覧ください。
setEscapeProcessing(enable)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setEscapeProcessing(boolean) をご覧ください。
setFetchDirection(direction)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setFetchDirection(int) をご覧ください。
setFetchSize(rows)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setFetchSize(int) をご覧ください。
setFloat(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setFloat(int, float) をご覧ください。
setInt(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setInt(int, int) をご覧ください。
setLong(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setLong(int, long) をご覧ください。
setMaxFieldSize(max)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setMaxFieldSize(int) をご覧ください。
setMaxRows(max)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#setMaxRows(int) をご覧ください。
setNClob(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNClob(int, NClob) をご覧ください。
setNString(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNString(int, String) をご覧ください。
setNull(parameterIndex, sqlType)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNull(int, int) をご覧ください。
setNull(parameterIndex, sqlType, typeName)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNull(int, int, String) をご覧ください。
setObject(index, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setObject(int, Object) をご覧ください。
setObject(parameterIndex, x, targetSqlType)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setObject(int, Object, int) をご覧ください。
setObject(parameterIndex, x, targetSqlType, scaleOrLength)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setObject(int, Object, int, int) をご覧ください。
setPoolable(poolable)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setPoolable(boolean) をご覧ください。
setQueryTimeout(seconds)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setQueryTimeout(int) をご覧ください。
setRef(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setRef(int, Ref) をご覧ください。
setRowId(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setRowId(int, RowId) をご覧ください。
setSQLXML(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setSQLXML(int, SQLXML) をご覧ください。
setShort(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setShort(int, short) をご覧ください。
setString(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setString(int, String) をご覧ください。
setTime(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTime(int, Time) をご覧ください。
setTime(parameterIndex, x, timeZone)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTime(int, Time, Calendar) をご覧ください。
setTimestamp(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTimestamp(int, Timestamp) をご覧ください。
setTimestamp(parameterIndex, x, timeZone)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTimestamp(int, Timestamp, Calendar) をご覧ください。
setURL(parameterIndex, x)voidこのメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setURL(int, URL) をご覧ください。

詳細なドキュメント

addBatch()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#addBatch() をご覧ください。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

addBatch(sql)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#addBatch(String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlStringこのステートメントに追加する SQL コマンド(通常は SQL INSERT または UPDATE)。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

cancel()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#cancel() をご覧ください。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

clearBatch()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#clearBatch() をご覧ください。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

clearParameters()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#clearParameters() をご覧ください。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

clearWarnings()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#clearWarnings() をご覧ください。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

close()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#close() をご覧ください。


execute()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#execute() をご覧ください。

戻る

Boolean - 最初の結果が結果セットである場合、true。最初の結果が更新数であるか、結果がない場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

execute(sql)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL ステートメント。

戻る

Boolean - 最初の結果が結果セットの場合は true、更新回数の場合、または結果がない場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

execute(sql, autoGeneratedKeys)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL ステートメント。
autoGeneratedKeysInteger自動生成された鍵を今後取得できるようにするかどうかを示すフラグ(Jdbc.Statement.RETURN_GENERATED_KEYS または Jdbc.Statement.NO_GENERATED_KEYS)。

戻る

Boolean - 最初の結果が結果セットの場合は true、更新回数の場合、または結果がない場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

execute(sql, columnIndexes)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String, int[]) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL ステートメント。
columnIndexesInteger[]自動生成されたキーがその後取得可能になる列のインデックス。

戻る

Boolean - 最初の結果が結果セットの場合は true、更新回数の場合、または結果がない場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

execute(sql, columnNames)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#execute(String, String[]) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL ステートメント。
columnNamesString[]自動生成され、将来の取得に使用できるキーを含む列の名前。

戻る

Boolean - 最初の結果が結果セットの場合は true、更新回数の場合、または結果がない場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeBatch()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#executeBatch() をご覧ください。

戻る

Integer[] - バッチ内の各コマンドの更新回数を、バッチにコマンドを追加したときと同じ順序で実行します。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeQuery()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#executeQuery() をご覧ください。

戻る

JdbcResultSet - クエリによって生成されたデータを含む結果セット。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeQuery(sql)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeQuery(String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL ステートメント。通常は静的な SELECT です。

戻る

JdbcResultSet - 実行結果を含む結果セット。これは null になることはありません。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeUpdate()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#executeUpdate() をご覧ください。

戻る

Integer - SQL データ操作言語ステートメントの行数、または何も返さない SQL ステートメントの場合は 0。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeUpdate(sql)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL データ操作言語ステートメント(INSERTUPDATEDELETE など)または何も返さないステートメント(DDL ステートメントなど)

戻る

Integer - データ操作言語ステートメントの場合は行数、何も返さないステートメントの場合は 0 になります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeUpdate(sql, autoGeneratedKeys)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL データ操作言語ステートメント(INSERTUPDATEDELETE など)または何も返さないステートメント(DDL ステートメントなど)
autoGeneratedKeysInteger自動生成された鍵を今後取得できるようにするかどうかを示すフラグ(Jdbc.Statement.RETURN_GENERATED_KEYS または Jdbc.Statement.NO_GENERATED_KEYS)。

戻る

Integer - データ操作言語ステートメントの場合は行数、何も返さないステートメントの場合は 0 になります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeUpdate(sql, columnIndexes)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String, int[]) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL データ操作言語ステートメント(INSERTUPDATEDELETE など)または何も返さないステートメント(DDL ステートメントなど)
columnIndexesInteger[]自動生成されたキーがその後取得可能になる列のインデックス。

戻る

Integer - データ操作言語ステートメントの場合は行数、何も返さないステートメントの場合は 0 になります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

executeUpdate(sql, columnNames)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#executeUpdate(String, String[]) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
sqlString実行する SQL データ操作言語ステートメント(INSERTUPDATEDELETE など)または何も返さないステートメント(DDL ステートメントなど)
columnNamesString[]自動生成され、将来の取得に使用できるキーを含む列の名前。

戻る

Integer - データ操作言語ステートメントの場合は行数、何も返さないステートメントの場合は 0 になります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getConnection()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getConnection() をご覧ください。

戻る

JdbcConnection - このステートメントを生成した接続。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getFetchDirection()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getFetchDirection() をご覧ください。

戻る

Integer - このステートメントで生成される結果セットのデフォルトの方向(Jdbc.ResultSet.FETCH_FORWARD または Jdbc.ResultSet.FETCH_REVERSE)。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getFetchSize()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getFetchSize() をご覧ください。

戻る

Integer - このステートメントで生成された結果セットのデフォルトの行フェッチサイズ。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getGeneratedKeys()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getGeneratedKeys() をご覧ください。

戻る

JdbcResultSet - このステートメントの実行によって生成された自動生成キーを含む結果セット。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getMaxFieldSize()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getMaxFieldSize() をご覧ください。

戻る

Integer - 文字とバイナリ値を格納する列の現在の列サイズ上限。値が 0 の場合は、制限がないことを示します。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getMaxRows()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getMaxRows() をご覧ください。

戻る

Integer - このステートメントで生成される結果セットの現在の最大行数。値 0 は無制限であることを示します。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getMetaData()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#getMetaData() をご覧ください。

戻る

JdbcResultSetMetaData - 結果セットの列の説明。このメタデータが利用できない場合は NULL

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getMoreResults()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getMoreResults() をご覧ください。

戻る

Boolean - 次の結果が結果セットの場合は true、そうでない場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getMoreResults(current)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getMoreResults(int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
currentInteger取得された現在の結果セットに行われる処理を示すフラグ。この値は、Jdbc.Statement.CLOSE_CURRENT_RESULTJdbc.Statement.KEEP_CURRENT_RESULTJdbc.Statement.CLOSE_ALL_RESULTS のいずれかです。

戻る

Boolean - 次の結果が結果セットの場合は true、そうでない場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getParameterMetaData()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#getParameterMetaData() をご覧ください。

戻る

JdbcParameterMetaData - パラメータのメタデータ(各パラメータの数、種類、プロパティなど)。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getQueryTimeout()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getQueryTimeout() をご覧ください。

戻る

Integer - 現在のクエリ タイムアウト(秒単位)。値 0 はタイムアウトなしを示します。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getResultSet()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getResultSet() をご覧ください。

戻る

JdbcResultSet - 現在の結果セット。結果が更新数の場合、またはそれ以上の結果がない場合は null

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getResultSetConcurrency()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getResultSetConcurrency() をご覧ください。

戻る

Integer - このステートメントで生成された結果セットの結果セット(Jdbc.ResultSet.CONCUR_READ_ONLY または Jdbc.ResultSet.CONCUR_UPDATABLE)の同時実行。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getResultSetHoldability()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getResultSetHoldability() をご覧ください。

戻る

Integer - 結果セットの保持可能性(Jdbc.ResultSet.HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT または Jdbc.ResultSet.CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT のいずれか)。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getResultSetType()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getResultSetType() をご覧ください。

戻る

Integer - このステートメントで生成された結果セットの結果セットタイプ(Jdbc.ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYJdbc.ResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、または Jdbc.ResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE)。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getUpdateCount()

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#getUpdateCount() をご覧ください。

戻る

Integer - 現在の結果を更新数としてカウント。現在の結果が結果セットである場合、または - 結果がそれ以上ない場合は -1 になります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

getWarnings()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#getWarnings() をご覧ください。

戻る

String[] - 現在の警告のセット。警告がない場合は null になります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

isClosed()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#isClosed() をご覧ください。

戻る

Boolean - このステートメントが閉じている場合は true。それ以外の場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

isPoolable()

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#isPoolable() をご覧ください。

戻る

Boolean - このステートメントがプール可能な場合、true。それ以外の場合は false

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setArray(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setArray(int, Array) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcArray設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setBigDecimal(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBigDecimal(int, BigDecimal) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xBigNumber設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setBlob(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBlob(int, Clob) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcBlob設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setBoolean(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBoolean(int, boolean) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xBoolean設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setByte(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setByte(int, byte) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xByte設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setBytes(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setBytes(int, byte[]) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xByte[]設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setClob(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setClob(int, Clob) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcClob設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setCursorName(name)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setCursorName(String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
nameString新しいカーソル名。接続内で一意である必要があります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setDate(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setDate(int, Date) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcDate設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setDate(parameterIndex, x, timeZone)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setDate(int, Date, Calendar) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcDate設定するパラメータ値。
timeZoneStringjava.lang.Calendar インスタンスの構築に使用されるタイムゾーン文字列。日付の作成に使用されます。タイムゾーン文字列には、短い ID(PSTESTGMT など)、長い ID(US/PacificAmerica/Los_Angeles など)、オフセット(GMT+6:30 など)といったいくつかの形式が認識されています。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setDouble(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setDouble(int, double) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xNumber設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setEscapeProcessing(enable)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setEscapeProcessing(boolean) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
enableBooleantrue の場合、エスケープ処理が有効になります。それ以外の場合は無効になります。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setFetchDirection(direction)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setFetchDirection(int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
directionInteger指定する方向(Jdbc.ResultSet.FETCH_FORWARD または Jdbc.ResultSet.FETCH_REVERSE)。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setFetchSize(rows)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setFetchSize(int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
rowsInteger取得する行数。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setFloat(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setFloat(int, float) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xNumber設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setInt(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setInt(int, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xInteger設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setLong(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setLong(int, long) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xInteger設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setMaxFieldSize(max)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setMaxFieldSize(int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
maxInteger新しい列のバイトサイズ上限。値が 0 の場合は上限がないことを示します。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setMaxRows(max)

このメソッドに関するドキュメントについては、 java.sql.Statement#setMaxRows(int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
maxIntegerこのステートメントで生成される結果セットに含めることができる最大行数。値 0 は無制限であることを示します。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setNClob(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNClob(int, NClob) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcClob設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setNString(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNString(int, String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xString設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setNull(parameterIndex, sqlType)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNull(int, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
sqlTypeInteger指定されたパラメータの SQL 型

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setNull(parameterIndex, sqlType, typeName)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setNull(int, int, String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
sqlTypeInteger指定されたパラメータの SQL 型
typeNameStringSQL ユーザー定義型の完全修飾名。パラメータがユーザー定義型または REF でない場合は無視されます。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setObject(index, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setObject(int, Object) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
indexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xObjectパラメータを設定する値を含むオブジェクト。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setObject(parameterIndex, x, targetSqlType)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setObject(int, Object, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xObjectパラメータを設定する値を含むオブジェクト。
targetSqlTypeIntegerデータベースに送信する SQL 型

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setObject(parameterIndex, x, targetSqlType, scaleOrLength)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setObject(int, Object, int, int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xObjectパラメータを設定する値を含むオブジェクト。
targetSqlTypeIntegerデータベースに送信する SQL 型。scale 引数は、この型をさらに修飾できます。
scaleOrLengthIntegerDECIMAL 型または NUMERIC 型の小数点以下の桁数。InputStream または Reader 型のデータ長。他のすべてのタイプでは無視されます。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setPoolable(poolable)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setPoolable(boolean) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
poolableBooleantrue の場合、このステートメントをプールするようリクエストします。それ以外の場合は、プールせずにリクエストします。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setQueryTimeout(seconds)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.Statement#setQueryTimeout(int) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
secondsInteger新しいクエリのタイムアウト(秒単位)。値 0 はタイムアウトを示します。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setRef(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setRef(int, Ref) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcRef設定する SQL REF 値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setRowId(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setRowId(int, RowId) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcRowId設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setSQLXML(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setSQLXML(int, SQLXML) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcSQLXML設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setShort(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setShort(int, short) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xInteger設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setString(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setString(int, String) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xString設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setTime(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTime(int, Time) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcTime設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setTime(parameterIndex, x, timeZone)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTime(int, Time, Calendar) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcTime設定するパラメータ値。
timeZoneStringjava.lang.Calendar インスタンスの構築に使用されるタイムゾーン文字列。日付の作成に使用されます。タイムゾーン文字列には、短い ID(PSTESTGMT など)、長い ID(US/PacificAmerica/Los_Angeles など)、オフセット(GMT+6:30 など)といったいくつかの形式が認識されています。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setTimestamp(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTimestamp(int, Timestamp) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcTimestamp設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setTimestamp(parameterIndex, x, timeZone)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setTimestamp(int, Timestamp, Calendar) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xJdbcTimestamp設定するパラメータ値。
timeZoneStringjava.lang.Calendar インスタンスの構築に使用されるタイムゾーン文字列。日付の作成に使用されます。タイムゾーン文字列には、短い ID(PSTESTGMT など)、長い ID(US/PacificAmerica/Los_Angeles など)、オフセット(GMT+6:30 など)といったいくつかの形式が認識されています。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request

setURL(parameterIndex, x)

このメソッドに関するドキュメントについては、java.sql.PreparedStatement#setURL(int, URL) をご覧ください。

パラメータ

名前説明
parameterIndexInteger設定するパラメータのインデックス(最初のパラメータは 1、2 番目のパラメータは 2 など)。
xString設定するパラメータ値。

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/script.external_request